FC2ブログ

廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【産業遺産】若松鉱山

認められた産業遺産も朽ち果てていく

若松鉱山
wakamatu001_R.jpg
 夕暮れ迫る鳥取の山の中。重厚な建造物が不自然に表れた。それは一目見て鉱山施設とわかるものであり、本日最後の廃墟探索に相応しい廃墟との出会いに興奮したものだ。
 今回の廃墟は正真正銘、公的機関の認めた近代産業遺産である。戦前からこの鉱山ではクロムを採掘していた。これは金属のメッキに使われるものであるが、この鉱山での採掘量は日本で最大だったらしい。それが認められ輝かしい遺産として登録されたのだが、ご覧の通りの有様である。この建物は荒れるに任せ、朽ち果てるのを待っている。


wakamatu002_R.jpg
 遺産を後世に残すという考えがこの建造物からは感じられない。しかしながら朽ちるに任せて放置するという、見守り保存のような考え方もある。なによりこの廃墟に手を加えて保存をしようものなら、莫大な必要経費が掛かるだろう。そのような財政の余裕が捻出出来ないなら、このようになるのも致し方のないことなのかもしれない。


wakamatu007_R.jpg
 だがしかし、この産業遺産がこの山奥に存在していることを知っている人がどれだけいるだろうか?要は後世にこの遺産の記憶を伝える努力こそするべきであり、それが出来ていない時点で産業遺産として登録されていても、何の意味もない廃墟ではないか。
 日本各地にある全ての産業遺産に言えることである。


wakamatu009_R.jpg
 ということで、この産業遺産を余すところなく紹介していこう。


wakamatu010_R.jpg
 ここから侵入してみる。


wakamatu011_R.jpg
 機械選鉱所とある。


wakamatu014_R.jpg
 内部は複雑な機械が錆びついて鎮座している。人の気配は一つもしない。静寂の世界である。


wakamatu015_R.jpg
 入ってすぐの場所。屋根の落ちた雨ざらしの空間。


wakamatu017_R.jpg
 整理整頓の看板の下には、何かの工具や部品が散乱している。


wakamatu021_R.jpg
 茶色の目立つ視界に白い氷の粒が彩を添える。季節は冬の折。寒々しい光景である。


wakamatu022_R.jpg
 もやは使われることのない部品たちが沈黙して、長い時を過ごす。


wakamatu025_R.jpg
 降り注いだ雨水は凍り付いて動きを止めている。


wakamatu026_R.jpg
 


wakamatu019_R.jpg



wakamatu028_R.jpg
 鉱山の労働者が守るべき事項が書かれている。


wakamatu029_R.jpg
 


wakamatu030_R.jpg
 こういう配線をみるとかなりわくわくする。実は筆者は二種電工を持っている。


wakamatu031_R.jpg
 きっと最期の時に働いていた方々の名前だろう。この札を動かすことはもう無い。


wakamatu037_R.jpg



wakamatu038_R.jpg
写真では確認しずらいが、かなり暗い。夜の足音がすぐそこまで近づいているのだ。


wakamatu039_R.jpg
 床も崩れやすくなっていて危険である。廃墟では常に先を読み、危機を察知する能力が求められるものである。


wakamatu041_R.jpg
 外はまだ明るい。内と外でまるで違う。異空間にいることを実感できる。


wakamatu042_R.jpg
 


wakamatu044_R.jpg



wakamatu045_R.jpg
 選鉱で出た大量の土砂を運ぶためのベルトコンベアーだろうか。


wakamatu046_R.jpg



wakamatu049_R.jpg



wakamatu052_R.jpg
 機械油とグリスがしっかりと塗布してある。この選鉱場が最期まで使い込まれ、そしてメンテナンスをされていたいたことがわかる。


wakamatu055_R.jpg
 機械の前には人一人が歩けるほどの狭い通路がある。


wakamatu059_R.jpg
 なかなか趣のある階段の作りだ。


wakamatu060_R.jpg



wakamatu062_R.jpg



wakamatu064_R.jpg
 わずかな光の中で日本の産業を支えた機械たちが輝いている。


wakamatu067_R.jpg
 


wakamatu069_R.jpg
 危険すぎて立ち入りは無理そうだ。


wakamatu077_R.jpg
 狭く細い階段を登って上に行く。


wakamatu081_R.jpg
 天井のわずかな隙間から光が差し込む。


wakamatu084_R.jpg
 天井に細い通路が張り巡らされている。


wakamatu086_R.jpg
 


wakamatu089_R.jpg
 さらにさらに上へ。


wakamatu090_R.jpg
 墜落注意。落ちたら大けがするだろう。


wakamatu091_R.jpg
 いたるところに工具がある。壁のこんなところにもスパナがぶら下がっている。


wakamatu092_R.jpg
 いくらか明るい場所に来た。上層部へいたる道のようだ。


wakamatu094_R.jpg
 


wakamatu097_R.jpg



wakamatu102_R.jpg
 当時の生活の跡が散乱している。


wakamatu105_R.jpg



wakamatu107_R.jpg



wakamatu109_R.jpg
 最上部から下へ、ベルトコンベアーが続いている。


wakamatu110_R.jpg
 下の選鉱所と違って狭く密集した空間だ。


wakamatu112_R.jpg
 外に出てみると、そこには四角い建造物。


wakamatu113_R.jpg
 扉は開いていたが入ることはなかった。


wakamatu114_R.jpg
 最上部にある建造物だ。さっそく入ってみよう。


wakamatu118_R.jpg
 上部にあるためか空が近い。


wakamatu122_R.jpg
 ベルトコンベアーが先ほどまでの下の建造物へと伸びている。


wakamatu124_R.jpg
 


wakamatu126_R.jpg
 これが再上層部である。


wakamatu129_R.jpg
 もうだいぶ暗い。山はあと少しで真っ暗になるだろう。


wakamatu136_R.jpg
 上層部から見える景色は、山奥の中にこの廃墟が浮いているような感覚になる。


wakamatu138_R.jpg
 日本の近代産業を支え、その功績を認められて近代産業遺産に登録された立派な遺産は、現在山奥でひっそりと朽ち果てようとしている。


wakamatu152_R.jpg
 このまま廃墟として無に帰るのか。それとも再評価されてたくさんの人の目に触れられるのか。どちらにせよ、それを選択するのは我々、今を生きる者である。
 そして、どちらにせよこの廃墟はこの場所にあり続けるのだ。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!あと、自分のうちは幽霊が出る等でも構いません。

また、廃墟や心霊スポットに行きたいけど行けない!そんな方もご連絡ください。もしよろしければ、ご一緒しませんか?要望に応えられる範囲で、日本全国どこにでも行きますよ。


@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/28(土) 22:21:20|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【不思議系廃墟】『華麗なる一族』への追憶

その廃墟は伝説で、幻で、記憶の中に存在する。

『華麗なる一族』への追憶
karei106_R.jpg
 『華麗なる一族』がどうやら解体され、更地になったらしい。そのような情報が先日入った。情報は本当だった。この強烈な印象を与えてくれた廃墟は、私の追憶の中に今も存在している。

 その廃墟が一部の人間の間で爆発的な勢いで噂になり、そして廃墟界最大のミステリーとして語られるようになったのは、もう5年以上も前のことになるだろう。それは一つの廃墟サイトから始まった。謎めいた洋館が森の中にある。どうやらその廃墟に住んでいた住人は、とてつもなく位の高い、皇室にも繋がるのではないかというほどの人物らしいという情報。そして、この廃墟に当時皆が魅せられた最大の理由、場所が全く解らなかったのだ。

 いつしかこの廃墟に魅せられた人たちは、この廃墟をこう呼ぶようになった。

 『華麗なる一族』と。
 当時この廃墟に関する情報はほとんど無かった。森の中、別荘地、関東の何処か・・・。このような断片的な情報を頼りに関東中の別荘地を周り、週末になると軽井沢、箱根、伊豆、手当たり次第に探し回ったものだ。しかし、一年探しても見つからなかった。
 だが、事はある日突然回り始める。なんとこの廃墟を偶然見つけたという情報が入ってきたのだ。その場所は、箱根。過去何度となく通り探索した場所。見つかってしまえばあっけないものだ。すぐにその場所へ向かった。


 そして狭い道の先、森の小道の奥に、その廃墟を見つけたのだ。


karei027_R.jpg
 鬱蒼と茂る木々が外界とこの場所を遮断する。ジメッとした森の中に木漏れ日が差し込んでいた。
 あぁ、紛れもないこれはあの廃墟だ。と感動したものである。



karei003_R.jpg
 それは一見場違いな雰囲気の瀟洒な洋館である。


karei004_R.jpg
 建造されたのは以前の【赤別荘】ほどではないが、だいぶ昔のように思えた。


karei006_R.jpg
 

karei007_R.jpg
 しかも、なんちゃって洋館ではなく、しっかりと造りこまれた家に思えた。



karei011_R.jpg
 

karei010_R.jpg



karei012_R.jpg
 実を言うとこの写真は最初に行ったときに撮った写真ではない。それから数年経って再訪した時の写真なのだ。なので再び訪れた際は驚いた。かなり崩壊が進行していたのだ。



karei013_R.jpg
 これは先ほどの反対側。壁が二階まで崩落し、内部の物が散乱している。



karei014_R.jpg



karei018_R.jpg
 先は長くないな。その時はこんな感想を抱いたが、それは自然崩壊を考えてのものだった。人為的に更地へ戻されることなど、この時はまだ欠片も考えてはいなかったのだ。


karei019_R.jpg



karei020_R.jpg



karei023_R.jpg
 一度こうなると崩壊は早い。完全崩壊も時間の問題だったことだろう。


karei026_R.jpg
 入り口の三角屋根がムーミンハウスのようで素敵だ。


karei025_R.jpg



karei028_R.jpg
 入り口はこじんまりとしているが、しっかりとした石造りだ。


karei029_R.jpg
 そして、簡易なチェアーが2つ。


karei033_R.jpg
 柔らかな木漏れ日の下で本を読む。そんな当時の映像が脳裏をよぎる。


karei030_R.jpg
 内部への扉は開いたままになっていた。


karei035_R.jpg
 いったんその反対の外側から見ていく。


karei036_R.jpg
 いい味を出しているテラスが現れる。


karei037_R.jpg
 これまた今風でない窓と扉。


karei039_R.jpg



karei041_R.jpg
 開け放たれた窓から内部を見る。床が落ち、めちゃくちゃになっているが、どうやら洋室のようだ。


karei042_R.jpg
 暖炉がついてる家なんてそうそうないだろう。


karei043_R.jpg
 真っ赤なソファーは変色し、黒くなっていた。


karei046_R.jpg
 天井もイカそーめんのようになってしまっている。


karei047_R.jpg
 再び玄関。読みかけのような本が哀愁を誘う。


karei048_R.jpg
 では、内部へ。


karei050_R.jpg
 当然だが、光があまり入ってこないので薄暗い。


karei051_R.jpg
  正直崩落が激しすぎて探索出来る部屋は限られている。


karei052_R.jpg
 一階はほとんど見られるものは無い。二階へ。


karei054_R.jpg
 百人一首の札。住人の生活レベルが伺える。


karei056_R.jpg
 上から見ると、各部屋は床が抜けていて、入れる状況でないのがよくわかる。


karei058_R.jpg
 二階へ到着した。


karei059_R.jpg
 外から見えた窓だ。


karei062_R.jpg
 今朝明けましたよ。そう言われているような気がする。


karei063_R.jpg
 さて、なぜこの廃墟が華麗なる一族といわれるようになったのか。それはこの部屋が原因なのだ。この部屋にあったあるものに、なんと皇室の御紋章である菊花紋章が着けれれており、内部からも繋がりを思わせるような品や情報が発見されたからなのだ。
 だが、本気になって調べた方々によれば、皇室との繋がりはないと結論が出されている。しかし、ここに住んでいた人達が、それなりの経済力を持っていたらしいということも判明している。
 ここでは詳しくは書かないが、気になる方は調べてみるといいだろう。


karei064_R.jpg
 大きな窓があるが、部屋は一層薄暗い。不気味な雰囲気を出している。


karei065_R.jpg
 物が散乱する部屋。最初に来た時よりも散らかっている。


karei066_R.jpg



karei068_R.jpg
 窓にはどうゆう関係なのか不明な外国人の写真。


karei069_R.jpg
 そして、肖像画。


karei070_R.jpg
 この人物が誰なのかなど、この廃墟をミステリアスにしていった理由がお分かりになってきただろうか?


karei071_R.jpg
 仏壇がある。


karei072_R.jpg
 仏壇にはポッポちゃんの遺影が一つだけ残されていた。


karei073_R.jpg
 この部屋からすべては始まり、そして終わろうとしていた。


karei082_R.jpg
 別の部屋へ。


karei083_R.jpg
 これは危険過ぎる。床も壁も無いも同然だ。


karei084_R.jpg
 外から見えた角ばった場所だ。なんの部屋だったんだろうか。


karei088_R.jpg
 二階から降りるとき、またあの窓が気になった。


karei096_R.jpg
 開け放たれた窓。


karei090_R.jpg
 この窓も永遠に開いたままではいられなかった。


karei100_R.jpg
 この風景は、もう世界の何処にも存在しない。


karei101_R.jpg
 かつて一台旋風を巻き起こし、多くの人の記憶に鮮明に刻まれた廃墟は、もう何処を探しても見つからない。


karei103_R.jpg
 伝説と言われた華麗なる一族も、追憶の彼方へ行ってしまった。


karei105_R.jpg
 その廃墟は今も、鬱蒼とした森の、木漏れ日の下で、皆の追憶の中に、存在している。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!あと、自分のうちは幽霊が出る等でも構いません。

また、廃墟や心霊スポットに行きたいけど行けない!そんな方もご連絡ください。もしよろしければ、ご一緒しませんか?要望に応えられる範囲で、日本全国どこにでも行きますよ。


@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2017/10/14(土) 18:19:16|
  2. 不思議系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【廃病院】生き残りの医院

こんな廃病院は日本にいくつもあるんだろうな

生き残りの医院
Siin164_R.jpg
さて、日本にこのような廃病院はいくつ残されているだろうか?いかにも戦前からあるような木造の診療所。中身は見ないでもわかるような、待合室や古めかしい薬瓶置き場、素晴らしい手術室など、廃墟探索者を飽きさせない内容だろう。
しかしながら、昨今の廃墟に対する風当たりは非常に厳しい。戦前から今まで取り壊しの対象になっていなかったのに、今になって更地へと変わってしまう、そのような廃墟が多い。それも、最高級と思えるような廃墟ばかりだ。かつて最高と言われた廃墟、【小曲園】や【蛤診療所】も今は伝説となり、また、現在進行形で伝説になろうとしている廃墟が多いのだ。
こと廃病院は取り壊しの対象になりやすい。たいして歴史的な建造物でもないし、今まで取り壊しの対象になっていなかったのが不思議なくらいだ。だが、廃墟探索者としては、寂しい限りなのだ。

この廃墟もそんな廃病院の一つだ。



Siin166_R.jpg
今や絶滅危惧種に指定されたこの種の廃墟は、実は建造物的に見てもかなり重要なもののように思える。今まで見てきた廃墟と今ある歴史的価値のある保存建造物の差は、そんなに無い。あるとすれば、その場所が歴史を左右したかどうかだろう。
著名人が住んでいたわけでもなく、重要な会談があったわでもない廃墟など、多くの人の目からはボロボロの心霊スポットくらいにしか映らないのだろう。



Siin005_R.jpg
だが、歴史はどんな建物にも存在する。この廃墟にだって様々なドラマがあったはずだ。
今となってはわからないが。


Siin006_R.jpg
早速中に入ってみよう。


Siin008_R.jpg
控室と書かれた部屋


Siin009_R.jpg



Siin012_R.jpg



Siin017_R.jpg



Siin016_R.jpg
診療券。これを手に診察を待つ誰かがいたのだろう。


Siin013_R.jpg
この廃墟で一番の美しい部屋へ。


Siin018_R.jpg
さぁ、廃の美術館へご招待します。


Siin019_R.jpg



Siin020_R.jpg



Siin022_R.jpg



Siin023_R.jpg



Siin024_R.jpg



Siin028_R.jpg



Siin031_R.jpg
この椅子が先生の椅子だったのだろうということは容易に想像できる。しかし、その先生が現在どうなってしまったのか、どうしてこの診療所を残していなくなってしまったのかは、想像してもわからないことだ。


Siin033_R.jpg
透明な瓶には当時の蒸留水が残る。いつまでもここにあり続けてほしい。


Siin035_R.jpg



Siin037_R.jpg
奥の部屋に魅惑の空間がある。


Siin043_R.jpg
心霊を信じる人にとっては恐怖の現場だろう。これほど人の生き死にに関わる部屋もない。


Siin041_R.jpg
だがこれほど神秘的かつ科学的な空間もない。人がこの空間を見るときに感じる感情は、まさに千差万別だ。


Siin050_R.jpg



Siin053_R.jpg
奥に続く廊下。


Siin054_R.jpg
煙草盆がある。


Siin056_R.jpg
闇と光の空間。


Siin059_R.jpg
自然光とはかくも明るく周りを照らすものなのだ。


Siin060_R.jpg



Siin064_R.jpg



Siin067_R.jpg



Siin069_R.jpg
物が乱雑にまき散らされている部屋


Siin070_R.jpg



Siin072_R.jpg
古いカレンダーだが、これがあるおかげで、この廃墟がいつまで現役だったかを知ることが出来るのだ。


Siin073_R.jpg
薬を受け渡すための小窓。趣がある。


Siin075_R.jpg



Siin078_R.jpg



Siin081_R.jpg
薬棚。


Siin086_R.jpg



Siin088_R.jpg



Siin098_R.jpg



Siin102_R.jpg
何も映さない四角いボックス。


Siin105_R.jpg



Siin109_R.jpg
古い診療所ではこの手の光景をよく見る。いい感じだ。


Siin111_R.jpg



Siin114_R.jpg
時計の針が無い。この世界が、実はすべて幻想と我々の想像でしかないことを教えてくれているのだろうか?


Siin117_R.jpg



Siin120_R.jpg



Siin129_R.jpg



Siin133_R.jpg



Siin135_R.jpg
ガラスの割れたその先に。


Siin136_R.jpg
また割れたガラスがあるよ。その先は。


Siin137_R.jpg
記憶を残す機械も、いつかは記憶になっていく。


Siin146_R.jpg



Siin149_R.jpg
診療券の裏側は遠い昔の言葉で溢れている。


Siin153_R.jpg



Siin144_R.jpg
必要なものがこの世に残り続けることは必然。なら必然的に不必要なものは消えていくことになる。廃墟は一見すると不必要なものだ。


Siin145_R.jpg
奇跡的に現在まで残る各地の廃墟は、過酷な現実を乗り越えた『生き残り』たちだ。


Siin163_R.jpg
生き残っている者たちがいつまでもそこにいると思ってはいけない。次の瞬間にはいなくなっていても不思議ではないのだ。
いなくなってしまってからでは全てが遅すぎる。それは、人も廃墟も同じことだ。

この目で見て、この身で感じて、彼らの最後を記憶に焼き付ける旅を続けていこう。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!あと、自分のうちは幽霊が出る等でも構いません。

また、廃墟や心霊スポットに行きたいけど行けない!そんな方もご連絡ください。もしよろしければ、ご一緒しませんか?要望に応えられる範囲で、日本全国どこにでも行きますよ。


@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2017/05/05(金) 22:32:21|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【産業遺産】旧八里郵便局

山里の小さな郵便局

旧八里郵便局
yasato031_R.jpg
山間の小さな集落に小さな郵便局があった。一見して公民館のようでもあるが、ここは【旧八里郵便局】というようだ。


yasato032_R.jpg
小さい建物だが特徴的で凝った作りがそこかしこにある。集落の中でも目立った場所だったことだろう。


yasato030_R.jpg
入り口は固く閉ざされている。
今回探索するにあたり、隣の現役八里郵便局の許可を得ることが出来た。


yasato001_R.jpg
ビクビクしないで裏口から入ろう。


yasato002_R.jpg
小さな建物だけあって内部もこじんまりとしている。


yasato003_R.jpg
小さな郵便局でも機能は同じ。ここはオフィスだ。


yasato004_R.jpg
こんな静かな集落だ。決して忙しくはなかっただろうが、郵便業務に携わる職員の声が聞こえてきそうだ。


yasato006_R.jpg
やり残しの仕事だろうか?


yasato008_R.jpg
奥の部屋を見てみよう。


yasato009_R.jpg
色あせたカーテンが陽光を遮る。


yasato010_R.jpg
こちらはオフィスの反対側。郵便物は持ってないので用もない。


yasato020_R.jpg
ひときわ凝った部屋がある。


yasato015_R.jpg
この部屋はまるで所長室のようだ。職員の執務室だったのかもしれない。


yasato017_R.jpg
別の部屋の一角は植物園になっていた。


yasato018_R.jpg
人が使わなくなった建物はすぐに腐食する。やがて廃墟になり、消えていく。


yasato019_R.jpg
自然の力の前に人の力はあまりにも無力だ。


yasato028_R.jpg
このままだとこの郵便局も無に帰すことになるだろう。


yasato026_R.jpg
歴史と思い出をその内部に抱き、今日も誰かが来るのを待っている。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!あと、自分のうちは幽霊が出る等でも構いません。

また、廃墟や心霊スポットに行きたいけど行けない!そんな方もご連絡ください。もしよろしければ、ご一緒しませんか?要望に応えられる範囲で、日本全国どこにでも行きますよ。


@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2017/02/26(日) 11:47:21|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【娯楽系廃墟】ファミリースクールふれあい

子供たちの元気な声は、もう聞こえない

ファミリースクールふれあい
hureai67.jpg
北海道夕張市。財政破綻したこの街には活気がない。街中には廃墟が点在している。 かつて炭鉱で栄えた街は、今経済復興のただ中にある。

街の外れに炭鉱テーマパークがある。そのテーマパークの真ん前に、この廃墟が存在している。


hureai1.jpg
この廃墟はかつて小学校だった。その小学校が閉校になり、宿泊施設になったようだ。


hureai2.jpg
その宿泊施設も廃墟になった。


hureai3.jpg
内部には剥製やピアノなど当時を思わせるものが多数残っているが、それが物悲しい雰囲気を一層高めている。


hureai4.jpg
そして荒廃も激しい。


hureai6.jpg
壁は剥がれ、物が散乱する。


hureai7.jpg
厳しい自然と、人為的な人の破壊の跡がそこかしこに見て取れる。


hureai9.jpg
廃墟としては、その破壊の跡が逆に美しい情景を作り出す。


hureai10.jpg
だが、現在の夕張の状況を考えると、廃墟があること自体複雑な気持ちになる。


hureai11.jpg
二階の廊下。


hureai12.jpg
教室なような広い部屋だが、畳がひいてある。


hureai013.jpg
学校の面影を色濃く残す。


hureai14.jpg
めちゃくちゃになった洗面台。


hureai15.jpg
モザイクアートのように壁の破片が散らばる。


hureai16.jpg
破壊の跡はいつ見ても不思議な感情を起こさせてくれる。


hureai17.jpg
通常の日常にいるだけなら絶対に目にすることもなりこのような光景は、この場所が異常な場所なのだと教えてくれるのだ。


hureai20.jpg
広いフロア


hureai22.jpg
展示ケースもこの有様。


hureai23.jpg
椅子が散乱する奥の廊下。


hureai24.jpg
5月の温かい陽光が降り注ぐ部屋。


hureai26.jpg
残された椅子


hureai27.jpg
時間の流れなど気にすることなく、陽光は降り注ぎ続ける。


hureai28.jpg
別の部屋へ。


hureai30.jpg
すると、まるでさっきまで人が座っていたかのような空間が現れた。


hureai31.jpg
何処にも繋がらない電話が何かを伝えようとしている。


hureai32.jpg
この薄暗い部屋で誰かが来るのを待っている。空間と時間がそこにある。


hureai33.jpg
いい廃墟だ。


hureai34.jpg
出た。侵入者を驚かすしかけ。こんなものいきなり現れたら心臓が止まってしまう。


hureai38.jpg
さらに探索する。


hureai39.jpg
苔むしたボロボロの部屋。


hureai40.jpg
この部屋での演奏会もあったのだろうか。今は静寂を奏でるばかりである。


hureai41.jpg
柔らかな日の光。


hureai42.jpg
畳は苔むしている。


hureai44.jpg
黒板には、様々な文字に交じって当時の記憶が書かれている。


hureai45.jpg
廃墟の顔は天候によって大きく変わる。この日は晴れていてよかった。


hureai46.jpg
長く続く施設の最奥の廊下。


hureai47.jpg
施設の状況は完全に非常時だ。


hureai48.jpg
この扉の向う。


hureai49.jpg
階段を上った先へ。


hureai51.jpg
隠されるように存在する広い空間。


hureai52.jpg
ようこそ夕張へ。


hureai53.jpg
巨大な体育館だ。


hureai54.jpg
夕張市がまだ潤っていたころ、建設されたものなのだろう。


hureai55.jpg
この横断幕は現在の街の状況を考えるとき、その現状を表しているかのようだ。


hureai56.jpg
体育館のど真ん中で会議だろうか。


hureai57.jpg
窓枠に消火器がかけられている。シュールな光景だ。


hureai59.jpg
この空間は学校そのもののようだ。


hureai61.jpg
こんなところにオルガン。


hureai62.jpg
鍵盤は今も何かを弾いているいるように止まっている。


hureai63.jpg
この巨大空間は北の大地に今もある。


hureai65.jpg
「黄昏の街」の活気が戻り、自身が取り壊されるその日を、待っているのかもしれない。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!あと、自分のうちは幽霊が出る等でも構いません。

また、廃墟や心霊スポットに行きたいけど行けない!そんな方もご連絡ください。もしよろしければ、ご一緒しませんか?要望に応えられる範囲で、日本全国どこにでも行きますよ。


@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2016/09/19(月) 00:33:44|
  2. 娯楽系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (26)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。