廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【産業遺産】旧豊後森機関庫

白銀のターンテーブル

旧豊後森機関庫
bunngo001.jpg
 昨夜から降り続いていた雪は早朝にはやんでいた。車中泊をしていたので、駐車場で目を覚ますとあたりはすっかり白銀の世界に変わっていたのだ。
そして、昔から一度は訪れたいと思っていた廃墟、「旧豊後森機関庫」も朝の冷気に包まれていた。


bunngo003.jpg
ここは九州の大分県である。
ちょうど朝もやの中を引き裂くように朝日が差し込み始めたこの場所は、日本でも屈指の有名廃墟であり、産業遺産のある場所だ。


bunngo005.jpg
遠くの山々は雪を被り、幻想的な情景を作り出す。


bunngo006.jpg
今回の廃墟を紹介したい。
この廃墟を見ても一見では何なのかわからない人もいるかもしれない。これは、鉄道遺産だ。


bunngo007.jpg
昔の鉄道といえば蒸気機関車が主流であった。この蒸気機関車というのは現在の電気機関車と違い明確に前後の区分がある。車両を格納庫へ格納しようとしたとき、前を向いて入れると、当然出すときはバックで出なくてはならなくなる。しかし、それを毎回全車やっていたのでは面倒だし、どこかで前に向けなくてはならないので効率が悪い。さらに、車両を並列に横に並べるような格納庫を作ると場所や分岐等の装置をたくさん作らないとならない。

そこで・・・


bunngo009.jpg
この装置である。これは「転車台」あるいはターンテーブルというものだ。
円形の装置はこれ自体360度回転する。つまり、この上に車両を載せて回してしまえば、戦車で言うところの超信地旋回をしているのと同じことになる。そして、線路と連接させておけばどこにでも車両を向けることが出来るようになるのだ。
さらに後方に見える格納庫にもひと工夫がある。このような格納庫は「扇形庫」という。転車台と組み合わせると場所をとらないで車両を効率よく格納できる。
このような転車台と扇形庫は国鉄時代に蒸気機関車が活躍していた時には多くの機関区で見ることが出来た。しかし、蒸気機関車が次第に電気機関車に代わって行くにつれて、転車台も扇形庫も姿を消していった。


bunngo010.jpg
現在九州にある転車台と扇形庫の組み合わせはこの豊後森機関庫だけになった。


bunngo013.jpg
第二次大戦中もこの機関庫は重要な交通の要点だった。


bunngo014.jpg
なので米軍機の空襲にあい、機銃掃射で三名の職員殉職者を出している。今もどこかに機銃掃射の跡があるようだが、自分は確認出来なかった。


bunngo015.jpg
現在この廃墟は近代産業遺産のみならず、国指定の登録有形文化財にも指定されており、その保存活動が進められている。


bunngo016.jpg
線路は撤去されてしまったが、この転車台だけでも残ってよかった。


bunngo017.jpg
降り積もった雪が特徴的な転車台の形状を際立たせている。


bunngo019.jpg
こちらは扇形庫。ライトアップされるようだ。


bunngo021.jpg
このような転車台は現存数は少ないが、中には実際に車両を載せて稼働する場所もあるので、興味があれば稼働しているものを見るのもよいだろう。


bunngo022.jpg
こちらは横壁。戦前の建物らしく窓枠が特徴的だ。


bunngo025.jpg
円形の柱が立ち並ぶ。


bunngo026.jpg
新雪を朝日が照らす。


bunngo027.jpg
錆びついたボックス。


bunngo028.jpg
廃墟というより神殿のような雰囲気だ。


bunngo029.jpg
天井は真っ黒だ。排煙のためだろうか。そして排煙のための装置がぶら下がる。


bunngo030.jpg
さぁ、本格的に日の光が差し込んできたぞ。


bunngo032.jpg
冬は太陽の光は弱くなるが、それでも力強い光の柱が出来る。何か光っているな。


bunngo033.jpg
この窓は言い表せないような風景を作ってくれる。


bunngo034.jpg
町は急速に目覚めの時を迎える。


bunngo035.jpg
良い廃墟には良い窓がある。


bunngo036.jpg
全国廃墟窓遺産でも作ろうか。


bunngo038.jpg
倉庫。


bunngo039.jpg
仕切りの向うに行ってみよう。


bunngo040.jpg
そこはさらに広い空間だ。


bunngo041.jpg
窓もずらりと円形に並んでいる。


bunngo042.jpg
ガラスがない場所には植物が巻き付いている。


bunngo044.jpg
白と黒の世界。


bunngo045.jpg
放射状に延びる光の柱。


bunngo046.jpg
朝のほんの少しの時間しか出会うことのできない瞬間。


bunngo047.jpg
まさに奇跡の瞬間に出会いた。


bunngo048.jpg
かつてはこの場所にたくさんの蒸気機関車が格納されていた。


bunngo049.jpg
現在はわずかな名残りしか残っていない。


bunngo051.jpg
だが、全てが無くなったわけではない。


bunngo052.jpg
こうして機関庫が残っていることが奇跡なのだ。


bunngo054.jpg
この風景を後世に残していく。


bunngo055.jpg
それは素晴らしいことだ。


bunngo056.jpg
熱を帯びた光で雪は少しづつ溶けてきたようだ。


bunngo059.jpg
シンメトリーで美しい光景。


bunngo060.jpg
明るさが増す。


bunngo062.jpg
強さを増す光の柱。


bunngo063.jpg
『旧和賀川水力発電所』でも感じた窓枠のマジックがここでも見られそうだ。


bunngo064.jpg
明け放たれたドア。


bunngo065.jpg
一部窓枠が外れている。


bunngo066.jpg
柱には様々な機器が残されている。


bunngo068.jpg
かつての働きが感じられる。


bunngo069.jpg
鉄道遺産らしいものも転がっている。


bunngo070.jpg
少しあったかくなってきたかな。


bunngo071.jpg
この場所にいればいるほど姿を変えていく風景。


bunngo072.jpg
一部では明暗が色濃くなる。


bunngo073.jpg
車輪。


bunngo074.jpg
眩しい。


bunngo075.jpg
この時間を大切にしたい。


bunngo076.jpg
シャッターを切り続けよう。


bunngo078.jpg
円形が広角レンズのような光景を作り出す。


bunngo082.jpg
奥に転車台が見える。


bunngo084.jpg
窓枠を余すところなく見てみよう。


bunngo085.jpg
産業は安全第一。


bunngo086.jpg
『新梨子油力発電所』で同じような光景を見たな。


bunngo087.jpg
無機質な廃墟に光が降り注ぐ。


bunngo088.jpg
床。どうやら木材ブロックのようだ。


bunngo089.jpg
自分を大切に。


bunngo090.jpg
あ、なんて神々しいのだろう・・・


bunngo093.jpg
九州にいるのに、もうすでに次の旅に意識が向いていく。旅愁は尽きることがない。


bunngo094.jpg
今はあまり見ることが出来ないモダンなライトカバー。


bunngo096.jpg
田野も山岳も町も雪化粧している。


bunngo097.jpg
ずいぶんと明るくなってきた。


bunngo099.jpg
別の倉庫があった。ここは鉄道関係の物が散乱している。


bunngo100.jpg
ここも近代遺産としての整備が進めば消えていくのだろうか。


bunngo101.jpg
少し悲しい気持ちになる。


bunngo102.jpg
光の世界へ。


bunngo103.jpg
強い光の柱が伸びている。


bunngo104.jpg
窓の外もさらに白くなっている。


bunngo105.jpg
梯子があるので上に登ってみよう。


bunngo106.jpg
わずかな足場にも雪が積もっている。


bunngo108.jpg
上からは全体が見渡せる。太い鉄骨が伸びている。


bunngo109.jpg
ここからは雪も放射状に吹き込んでいる様子がよくわかる。


bunngo110.jpg
均整のとれたものは美しい。


bunngo111.jpg
それがこの廃墟ではよくわかる。


bunngo112.jpg
そして、その人口の美しさに自然が一味を加える。


bunngo113.jpg
まさに奇跡的な巡り合わせがこの光景を作っている。


bunngo114.jpg
ひとまず下に降りよう。ゆっくりと・・・


bunngo115.jpg
この場所に登る人もそう多くはないだろう。


bunngo116.jpg
しかし、この場所に登らないとみられない光景もある。


bunngo118.jpg
空が青くなってきた。


bunngo120.jpg
すっかり朝に変わっている。


bunngo121.jpg
錆びついた転車台も眩しく照らされようとしている。


bunngo122.jpg
白と黒の世界も少しづつ顔色を変えていく。


bunngo123.jpg
一日が始まろうとしている。


bunngo124.jpg
また何気ない一日が始まる。


bunngo125.jpg
転車台を見ていこう。


bunngo126.jpg
ここで転車台を制御するみたいだ。


bunngo127.jpg
細長く赤さびた制御室。


bunngo128.jpg
白く塗装された鉄骨が奥へと伸びている。


bunngo131.jpg
この転車台がふたたび動き出すこともあるのだろうか。


bunngo132.jpg
辺り一面は白銀の世界である。


bunngo136.jpg
その色が少しづつ濃くなる。ある冬の一日。


bunngo138.jpg
転車台の説明版があった。


bunngo140.jpg
機関庫の裏側に回り込んでみた。


bunngo141.jpg
ここからでも丸みを帯びているのがよくわかる。


bunngo142.jpg
窓ガラスはところどころ割れてしまっているが、廃墟的にはそのほうが良い。


bunngo143.jpg
このごろ産業遺産たる廃墟が次々にこの世から消えてなくなっている。


bunngo144.jpg
 この世の流れ、世間の潮流がそのように廃墟をこの世から消していくのなら、それも自然の流れだ。絶対にあらがうことは出来ないだろう。しかし・・・


bunngo145.jpg
 そのように全てが消えてなくなってしまうことは寂しい限りだ。ことに、このような産業遺産まで、日本の現在の礎を築いてきた遺産まで無くなっていくことは耐え難いものがある。


bunngo146.jpg
 でもこのように後世に残る廃墟もある。そして一握りのこのような廃墟は人々の記憶にとどまり続ける。


bunngo148.jpg
 朝日に照らされた機関庫は、かつての栄光を人々に伝え続けることだろう。

 白銀の世界で産業遺産はより一層輝いているように思えたのだ。


おまけ

旧豊後森機関庫のある大分県玖珠町の観光協会のサイトに詳しい紹介がされています。そちらもご覧ください。
【http://kusumachi.jp/index.html】

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2016/09/10(土) 15:58:34|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【心霊スポット】お化けペンション

暑い夏には涼しくなるようなお話はいかが?

お化けペンション
obake1.jpg
 暑い暑いと嘆いていても何も始まりはしない。夏が暑いのは至極当たり前のことではないか!そんな暑さを少しでも紛らわすよい方法がある。それは、怖い話だ!


obake2.jpg
 今回紹介するのは日本国内ではかなりの有名心霊スポットだ。その名も「お化けペンション」。一説によればもともとここは外国人が建造し、それを日本人が買ってペンションとして経営していたらしい。
 

obake3.jpg
 噂では、経営者の男性がこの建物で首つり自殺し、それを見た奥さんが発狂し、自分の子供を殺害し、自分も自殺したという。さらに、二階で殺人があったり、死体遺棄があったりとかなりやばいようだ。

ふーん、そう。


obake4.jpg
 ま、そんなことはどうでもいいよね!早速内部に入ってみよう。


obake5.jpg
 一見してもわかる通りにもうかなり劣化が激しい。外壁と幾本かの鉄骨で立っているようなものだ。
 かつて玄関だったものから中へ。


obake6.jpg
 すると、なんとも開放感のある場所に出た。中央には雰囲気のある暖炉がある。


obake7.jpg
 この廃墟にはもうほとんど何もない。一階もご覧の有様だ。


obake8.jpg
 だがむしろこれくらいのほうが好きだ。中途半端に物があったり新しかったりすると、廃墟としてはちょっと見劣りするような気がするのだ。


obake9.jpg
 地面を見ればすでに自然の再生活動が活発に行われていた。


obake10.jpg
 不安な階段を上って二階へ。


obake11.jpg
 さらに不安で開放的で素敵な二階の風景。


obake12.jpg
 かろうじて残ったドアの向うには静かな夏の風が吹き抜ける。


obake13.jpg
 とてもいい感じだ。破壊と再生の光景だ。


obake14.jpg
 それにしても、この廃墟は中央のレンガと暖炉以外はほんとに張りぼてだ。見せかけとも言おうか。


obake15.jpg
 屋根。もう片方がなくなっている。


obake16.jpg
 小さな白い部屋。洗面所だろうか。


obake17.jpg
 かつての清潔感はないが、その代わり小さな廃墟美がある。


obake18.jpg
 人がいなくなると、自然がそれにとって代わっていく。


obake19.jpg
 移ろいゆく世界はいずれ終着地へと到着する。


obake20.jpg
 そこにはかつて人類が築いた膨大な遺産たる廃墟が広がっていることだろう。


obake21.jpg
 そして、静かに、少しづつ消えていく。元の原始地球へすべては帰っていく。


obake22.jpg
 ふと考えてしまう。そのとき幽霊はどうするのだろうか?


obake23.jpg
 果てしなく広大で無限とも思われる悠久の黄昏の時代、すなわち人類滅亡後も幽霊はその辺に表れ続けるのだろうか。だとすれば哀れで悲しいではないか。誰からも存在を認めてもらえずに彷徨う。
 だとすれば現代はまだ幽霊にとってましな時代か。少なくとも驚いてくれる人類は、まだ存在している。


obake24.jpg
 自分もいつかは死ぬのだろうが、その時は幽霊になりたい。
 そうすれば、人類滅亡後に広大な廃墟探訪をすることが出来るだろ?それってとっても楽しいんじゃないか?

 そうか、死ぬこともまんざら悲しいだけじゃないかもしれないな・・・。
  1. 2016/08/29(月) 01:28:02|
  2. 心霊スポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【廃線】タウシュベツ川橋梁

その橋は「幻の橋」と呼ばれている。

タウシュベツ川橋梁
tausyubetu2.jpg
 五月の北海道はようやく春の訪れを迎えたようである。雪はほとんど溶けて、暖かな陽気があたりを覆う。
 雄大な自然の中に一本の道があった。

 目的の場所はこの先から一望できよう。


tausyubetu3.jpg
 少し道を進むと木々がどこまでも開けた場所に出る。この光景を見ればかつてここに鉄道線が通っていたと気づく人もいるだろう。

 そう、ここには旧国鉄士幌線という鉄道があった。その鉄道は1987年に全面廃止され、その名残りはところどころに残された遺構に見ることができる。この路線が出来たのは1955年のこと。発電所用の人造湖である糖平ダムの建造にあたり、それまで使っていた路線がダム湖に沈むことになったために、そのダムを避けるように建造され、切り替えられたのである。

 ということは、旧線はダム湖の底に沈んだということだ。今回の物件が「幻の橋」と言われる所以はそこにある。


tausyubetu4.jpg
 この展望台の先からそれは見えた。


tausyubetu6.jpg
 荒涼とした風景の先に特徴的な橋が見える。それが「タウシュベツ川橋梁」との出会いだった。


tausyubetu8.jpg
 川が見える。しかし、そこは本来湖のはずだ。それには理由がある。糖平湖はダム湖のため、発電の所要や季節によって湖の水位は激変するらしい。そのため、タウシュベツ川橋梁は完全に沈んだり、現れたりを繰り返すようだ。ゆえに、幻想のように消えては現れるその橋が、「幻の橋」と言われているのだろう。


tausyubetu9.jpg
 とにもかくにも、ここまではるか関東から来たわけだ。近くに行ってみなけければ話にならない。車で行けるものかと林道を走っていくと、なにやらゲートがあった。これ以上先には車で行けないようだ。
 
 ならば歩いていけばいい。


tausyubetu10.jpg
 ゲートには看板があった。そこには徒歩で行く場合の距離が書かれていた。

 約4キロ。

 4キロだと!? 往復約8キロだと!?
 オイオイオイ、死ぬわ俺・・・
 

 ・・・だからどうした!行くんだよ!そこに廃墟がある限り!

 go ahead!


tausyubetu11.jpg
 時間はかかったが、BGMにロシア軍ハリロフ中将指揮の対独戦勝記念パレードの音楽メドレーを聞きながら行進してここまでたどり着いた。

 途中シカに出会い、彼としばらく見つめあう。「シカでした」って言っておこうか。北海道らしく。


tausyubetu12.jpg
 湖の底だった場所らしく、見渡す景色は砂漠のこうな荒涼さだ。横たわった木々は白骨のように白い。


tausyubetu13.jpg
 日本とは思えないような風景。


tausyubetu14.jpg
 遠くの山々にはまだ雪が多く残っているようだ。


tausyubetu15.jpg
 遠くの風景からふっと目を前に移した。そこには「幻の橋」が静かに鎮座していた。
 タウシュベツ川橋梁である。


tausyubetu16.jpg
 殺風景で荒涼とした色のない光景。そこに現れた幻想の橋。
 近くに人が何人かいる。座っている人が旅人のようないい味を出してくれている。


tausyubetu17.jpg
 このためにはるばる来たのだ。否応なしに気分が高揚する。
 近くに寄ってみる。


tausyubetu20.jpg
 コンクリート製のようだがだいぶ痛みが激しい。


tausyubetu22.jpg
 コンクリート製のようだがだいぶ痛みが激しい。 コンクリートの組成は荒いようだ。戦中の建造ではないが、あまり頑丈そうには見えない。


tausyubetu23.jpg
 一応鉄筋が入っているようだ。もしこれが入っていなければ確実に崩れ去っていただろう。


tausyubetu24.jpg
 鉄筋は錆びてはいるが、なおも力強くそこにあるように感じられる。


tausyubetu26.jpg
 コンクリートの裏側には大きい石や砂利がゴロゴロとしている。これはこの橋梁の工法に理由がある。鉄筋コンクリートの枠を初めに造り、その内部に石や砂利を詰めることによって比較的簡単に、かつ安く早く建造できる方法を採用したのだ。その技術は現在でも用いられている優れた工法のようだが、いかんせん長い年月で外枠のコンクリートが壊れ、内部の石や砂利が外に漏れ出てしまっている。


tausyubetu28.jpg
 普段は湖の底に沈んでいることを考えると、非常に頑丈に建造されたようであるが、現状を考えると崩落は時間の問題だろう。


tausyubetu29.jpg
 普段湖底となっている場所。


tausyubetu30.jpg
 こんな光景が見られるのは一年でそうそうない。良い時に来られてよかった。


tausyubetu31.jpg
 見事なアーチの間から雪山がのぞく。


tausyubetu33.jpg
 湖底に降りてみる。橋梁は均整のとれた直線とアーチによって人工的な美しさを自然の中に作り出している。


tausyubetu34.jpg
 中間あたりのコンクリートは壊れて崩落している。その間から砂利と石の内容物が見える。


tausyubetu35.jpg
 内容物は下に落ちて堆積していた。


tausyubetu36.jpg
 美しい橋だ。


tausyubetu37.jpg
 もはや自然の一部と化している。


tausyubetu39.jpg
 ところどころに切り株が残っている。


tausyubetu40.jpg
 これは建造当時に必要になった木材をここからとった時の切り株だそうだ。化石と化して現在まで残り、異様な風景をさらしているのだ。


tausyubetu41.jpg
 遠目から見るタウシュベツ川橋梁全景。


tausyubetu42.jpg
 この橋は遠からず完全に崩落するだろう。なんせ何も保存に向けた対策が無いからだ。しかし、地元の方たちが無関心であるわけではない。いろいろな考え方がある中、何もせず見守ろうという意見があるそうだ。


tausyubetu46.jpg
 遺跡として、自然のなすがままに任せる。見守り保存というこの考え方は、廃墟にとっては良い考え方だと思う。
 無理に保存のために補強するのではない。長い時間に運命を任せるのだ。それが一番自然だと考える。

 軍艦島もそうであったら良かったのに・・・


tausyubetu48.jpg
 これが元のタウシュベツ川だろうか。大地から流れ出た雫が集まって川を形成する。その川は透き通る美しい川だった。


tausyubetu50.jpg
 崩落個所に近づいてみる。あぁ、この美しい光景も無へと帰していくのか。


tausyubetu55.jpg
 周囲を見渡すとあたりには誰もいなくなっていた。この大自然に、歩いて4キロもかかる場所に自分一人だけとなっていた。

 この橋は崩落が激しいために渡ることはことは出来ない。だが、このまま崩落を待てば、この橋はもう誰も渡すことが出来なくなってしまう。それは橋としての本来の姿を考えたとき、あまりにも不憫に思えた。

 それなら、危険を承知で渡ってみようか。


tausyubetu56.jpg
 すっと上に登ってみる。そして、トコトコと向こう岸に歩き出した。


tausyubetu57.jpg
 さきほど下から見た崩落個所だ。気合で乗り切る。


tausyubetu62.jpg
 見える景色は人工物など一つもない本当の大自然だ。


tausyubetu64.jpg
 渡り切った先。もしかしたらこの橋を渡る最後の人になるかもと思うと感慨深いものがある。


tausyubetu67.jpg
 「幻の橋」は近い将来本当に幻になるだろう。すべてのものがそうであるように、始まりがあれば終わりが来る。この世はすべからく幻のような存在なのだ。

幻から現実へ帰ろう。4キロの道のりを乗り越えて・・・


おまけ
tausyubetu73.jpg
 実は士幌線の遺構はタウシュベツ川橋梁だけではない。国道からはいろいろな廃橋梁が見て取れる。


tausyubetu74.jpg
 タウシュベツ川橋梁に似たアーチ橋だ。真ん中から崩壊している。


tausyubetu78.jpg
 こちらの橋は橋梁上に大きい木が生えてしまっている。


tausyubetu80.jpg
 この遺構も自然に飲み込まれようとしていた。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

映画ガルパンを見た人ならわかると思いますが、タウシュベツ川橋梁出てましたね!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2016/06/12(日) 21:14:58|
  2. 廃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【廃病院】石川医院 (I病院)

追憶の彼方の奥のほう

石川医院 (I病院)
iwai1_R.jpg
 冬の短い太陽が傾きだした。もうすぐ日が沈む。
 斜陽が辺りを照らし出す中、白い壁の建物が目に入った。


iwai2_R.jpg
 それは一見して洋風の建物であり、ここが日本の片田舎であることを忘れさせる。


iwai3_R.jpg
 隣にはこれまた特徴的な建物が一棟ある。
 どうやらここが『石川医院』で間違いないようだ。


iwai4_R.jpg
 木造づくりの玄関が出迎えてくれる。


iwai5_R.jpg
 古い戦前や戦中の小さな診療所にはこのような趣の玄関があることが多い。モダンな造りは今の建物にはない良さがある。


iwai6_R.jpg
 扉の前にはベンチがある。もう誰も座ることのないベンチだ。


iwai7_R.jpg
 建物裏に回ってみると崩落が激しいようだ。


iwai8_R.jpg
 注射針がたくさん落ちている。ころんでこの中に手をついてしまったらと思うと・・・


iwai9_R.jpg
 崩落した場所から内部に入れそうだ。


iwai10_R.jpg
 薬品も戸棚の中にしまってある。


iwai11_R.jpg
 行けるかな。


iwai12_R.jpg
 しかし、思ったより崩落は激しいようだ。これより先に行けそうにない。


iwai13_R.jpg
 折り重なるガラス戸が不思議な情景を作り出す。


iwai14_R.jpg
 椅子と猫。持ち主はどこだろう。


iwai16_R.jpg
 カーテンはもう揺れない。


iwai18_R.jpg
 本も誰にも読まれない。


iwai19_R.jpg
 この空間はもう誰にも入ることは出来ない。


iwai20_R.jpg
 医療器具がそこら中に落ちている。


iwai21_R.jpg
 木造の階段がある。二階に行ってみよう。


iwai22_R.jpg
 だが二階の崩落はさらにひどい。これ以上はいけない。


iwai23_R.jpg
 向う側に何かある。


iwai24_R.jpg
 斜陽に照らされたそれは何かの台のようだ。


iwai26_R.jpg
 割れた試験管のような物。


iwai27_R.jpg
 倒されたベットが見えた。


iwai28_R.jpg
 一度外に出た。


iwai29_R.jpg
 一番目に見えた白い建物に入ってみよう。


iwai31_R.jpg
 日の光を浴びて白い漆喰が鮮やかに色ずいている。


iwai32_R.jpg
 もうすぐ完全に暗くなる室内。


iwai33_R.jpg
 残光は崩壊寸前の壁を妖しく映し出す。


iwai34_R.jpg
 ガラスの向うにはあの玄関。


iwai35_R.jpg
 子供が書いたのだろう。患者の病状を気づかった無邪気な文字だ。


iwai36_R.jpg
 二階の廊下。


iwai37_R.jpg
 なんとも言えない良い雰囲気の扉。


iwai38_R.jpg
 室内は天井が落ちてしまっていた。


iwai39_R.jpg
 清潔感を漂わせるカーテン。


iwai40_R.jpg
 窓から入る斜陽が長い光の帯を引いている。


iwai41_R.jpg
 廊下の先は無くなっていた。


iwai42_R.jpg
 二階から全体像を見る。このような造りは【茨城の旧病棟】でもみたな。


iwai43_R.jpg
 完全に暗くなる前に。


iwai44_R.jpg
 先ほどの崩落した先に行ってみたくなった。


iwai45_R.jpg
 なんとか苦労して無理やり先に進むことに成功。


iwai46_R.jpg
 すると、緑の絨毯の部屋があった。


iwai47_R.jpg
 一見すると診察室のようである。


iwai48_R.jpg
 現代風のちょっと安っぽい椅子。


iwai49_R.jpg
 いたるところに医療品が置かれている。


iwai50_R.jpg
 これは、なんのために使うのだろう?


iwai51_R.jpg
 生活感が少し感じられる光景。それも崩壊はまじかだ。


iwai52_R.jpg
 待合室だろう。当時の温もりは今はない。


iwai53_R.jpg
 あの玄関の隙間からは光が差し込んでいる。まるでこちらに入りたいかのように。


iwai54_R.jpg
 上から見たひっくり返されたベットだ。


iwai55_R.jpg
 傍らには階段。天井が無く青空が見える。


iwai56_R.jpg
 腐食が激しい。危険すぎる。


iwai57_R.jpg
 薬瓶が転がっている。


iwai59_R.jpg
 廃墟探索はいつだって命がけだ。


iwai60_R.jpg
 グシャーっと崩れ落ちたような感じだ。


iwai61_R.jpg
 こっちの廊下はまだ崩壊の危険はなさそうだ。


iwai62_R.jpg
 長い間誰も足を踏み入れなかったことだろう。


iwai63_R.jpg
 先ほど見えた台の部屋だ。美しい部屋だ。
 この空間が崩落もせず残っていることが奇跡だろう。

 しかし・・・


iwai64_R.jpg
 この部屋はもうこの世には存在しない。いや、この廃墟じたいもう存在しない。


iwai65_R.jpg
 この廃墟は先日解体された。廃墟が待つ運命の日が、訪れたようだ。
 もう誰もこの廃墟に入ることは出来ない。
 すべては追憶の彼方の奥のほうに過ぎ去ってしまった。


iwai66_R.jpg
 このブログの記事は墓標である。


iwai67_R.jpg
 忘れ去られるものが、忘れ去られないための。


iwai68_R.jpg
 消えゆくものが、永遠に死んでしまわないように。


iwai69_R.jpg
 あの美しい部屋や、椅子の上の猫も、本も、空間も、時間も・・・
 
 今も誰かの思い出の中にその廃墟は存在している。
 
【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2016/05/02(月) 00:58:36|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【産業遺産】三井美唄炭鉱変電所

月に照らしだされた北の古城

三井美唄変電所
kamui1_R.jpg
 人なんているわけがない。こんな山の中に。
 そこにあったのは中世の古城を思わせる廃墟だけであった。


kamui2_R.jpg
 見るからに壁と窓枠しか無い見事な廃れっぷりだ。この廃墟は近くにある三井炭鉱のための変電所跡だったらしい。それを思わせる遺構は今は殆ど見当たらない。


kamui3_R.jpg
 近くに寄ってみる。


kamui4_R.jpg
 半分埋まったようになっている入り口から内部に入ることにする。


kamui5_R.jpg
 空爆でもされたのか。破壊の美学を思わせる。


kamui6_R.jpg
 内部にも特に何もないが、わずかに木製の手すりの階段が残っている。


kamui7_R.jpg
 やはりこう見ると落城した城のようでもある。


kamui8_R.jpg
 廃墟趣味とは、もともと19世紀頃にギリシャ等の廃墟遺跡を巡ったことが起源であるというし、このように古城を巡ることは、廃墟趣味の基本と言えるのではないだろうか。


kamui9_R.jpg
 こんなこぢんまりとした廃墟でも、とても良い落ち着いた廃墟美を持っている。


kamui10_R.jpg
 窓枠一つとってもここにしかない。この廃墟の持つ美の形である。


kamui11_R.jpg
 この角度からの階段が好き。


kamui12_R.jpg
 もともと夕方で薄暗かったが、いよいよ暗くなってきた。


kamui13_R.jpg
 光が少なくなってくると、廃墟は別の顔を見せるようになってくる。


kamui14_R.jpg
 僅かに残る変電所の遺物。


kamui15_R.jpg
 空はまだ青い。


kamui16_R.jpg
 だが夜は確実に近づいてくる。


kamui17_R.jpg
 廃墟を照らしだすように月が顔を出す。


kamui18_R.jpg
 月は人類が生まれた時からそこにあり、おそらく人類の最後も見届けるだろう。


kamui19_R.jpg
 全ての栄枯盛衰を見ることが出来る月に少し嫉妬し、暗い山道を降りるのだった。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2016/03/21(月) 01:34:13|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (23)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (7)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村