廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【一軒家系廃墟】ステンドグラスと木漏れ日と

こんな廃墟が身近にあるんだね

ステンドグラスと木漏れ日と
haiya1.jpg
どんな小さな廃墟にもそれぞれの記憶を持っている。廃墟に入ってみて初めて、それが持つ魅力というものに気づくことができるのだ。
今回紹介するのは、そんな小さな名もなき廃墟の記憶である。


haiya2.jpg
ある国道沿いにある廃墟。見た目は一軒家のように見えるのだが。


haiya3.jpg
入ってみるとやっぱり一軒家だった。


haiya4.jpg
入ってすぐに高い天井。シャンデリアのような照明がある。


haiya5.jpg
特に何かがあるわけだは無いようだ。


haiya6.jpg
洋風なつくりのようで、ところどころの作りにそれが表れている。


haiya8.jpg
一階には何もないので二階に上がる。


haiya10.jpg
すると二階はすぐに用途不明の開けた空間になっている。


haiya12.jpg
丸窓。


haiya14.jpg
絵になる照明と窓ガラス。


haiya15.jpg
隣の部屋に入ってみた。


haiya16.jpg
実はこの廃墟。最初モデルルームかと思っていたのだが、生活感がしっかりあるので、どうやら人が住んでいたらしい。


haiay17.jpg
もうだいぶ昔に誰もいなくなったのだろう。


haiya18.jpg
部屋から出るときに前を見ると、ステンドグラスのようなものがあることに気付いた。


haiya19.jpg
洋風の廃墟らしいものだが、物珍しいステンドグラスが独特の雰囲気を醸し出している。


haiya20.jpg
奥の部屋に行ってみる。


haiya22.jpg
すると、大きく開いた窓から外が見えた。


haiya23.jpg
窓ガラスなどがなく開放的な部屋。ベットの骨組みが転がっていた。


haiya24.jpg
一見すると非常に美しい光景だ。


haiya25.jpg
さらに階段があり、ロフトになっていた。


haiya26.jpg
一見何もないように見えても、記憶はちゃんと存在している。


haiya27.jpg
淡い木洩れ日が差し込む廃墟は今も、誰かの帰りを待つようにそこにあり続けている。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/07(日) 16:56:32|
  2. 一軒家系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【一軒家系廃墟】赤別荘

たくさんの記憶を残したまま朽ちていく者

赤別荘

aka1.jpg
車で走っているだけでは到底見つけることはできないだろう。この廃墟をまるで隠すかのように周囲は木々で囲まれている。なんどかここを見つけるために探索をしたのだが、そのどれもが失敗に終わっており、今回は信頼できる情報を入手して再度チャレンジしたのだ。
この竹林の向こうにそれはあるのだ。


aka2.jpg
これは想像していた以上に良い物件であると確信した。この廃墟こそ通称【赤別荘】だ。
赤別荘とはただの通称であり、建物の屋根が赤いだけでこの通称になったのだろう。ちなみに、別荘ではないようであった。
竹林を抜けるとそこにある幻想。まるで別の世界に来てしまったようであった。


aka3.jpg
さっそく建物正面にやってきた。正面は門などはなく、開けていた。


aka4.jpg
すぐに現れる朽ちた建物。


aka5.jpg
どうらや納屋のようだった。


aka6.jpg
竹取物語の世界にでも来てしまったのだろうか。竹林というのは幻想を見せてくれる。


aka7.jpg
いくつか納屋がある。いい味を出している。


aka69.jpg
和風の建築と洋風の建築が同じ敷地内に混在する。当時はモダンなものだったのだろう。実際この建物はある雑誌に取り上げられたこともあるようだ。


aka70.jpg
そして、メインの入り口が見えた。

aka8.jpg
和と洋。歪な関係が廃墟としての格を上げる要素になっている。


aka9.jpg
これと同じような廃墟を前に見たことがある。「華麗なる一族」というその廃墟も、和と洋が歪な関係性を持って存在していた。


aka10.jpg
激しく破壊されている。それが自然によるものか、それとも人為的なものなのかはわからない。


aka11.jpg
吹き抜けの天井。空が見える。


aka12.jpg
朽ち果てる寸前の廃墟美。この一瞬の風景の先には完全な崩壊が待っている。一期一会の風景。


aka13.jpg
この建物の中では新しめの空間。しかし、当時を偲ぶことはできない。


aka14.jpg
毎日誰かがこのドアノブに手をかけてドアを開き、動いていたのだろう。あるとき、ドアノブを掴む手が消えた。そして長い時間が過ぎた。


aka15.jpg
どの廃墟にも思い出が存在する。


aka17.jpg
そんな思い出を色濃く残す部屋があった。


aka18.jpg
家族がこのテレビを見て一喜一憂したのだろう。


aka19.jpg
どこかで手に入れて団らんの場所に飾ったのだろう。


aka20.jpg
長い長い歴史の中の声を聴いてきたのだろう。


aka21.jpg
春夏秋冬の四季おりおりの景色を、この庭が見せてくれていたのだろう。

そんな思い出だけが、記憶だけが、この場所に今も滞留している。


aka22.jpg
写真というのはとてもとても生々しいものだ。この場所で実際に生きていた人たちがいた証明なのだから。
この人たちが今も存命なのか、それとも、この世にはいないのか、それもわからない。ただ、この場所に廃墟がある。それは現実だ。


aka23.jpg
今までもいろいろな廃墟に行った。だが、こんな生々しい記憶がある廃墟はそうなかった。


aka24.jpg
家族の暮らしがそこにあったのだ。
そして、今は誰もいない。時間という無情な現実は等しく世界を覆う。この廃墟が見せる風景はすべての人と世界に訪れる未来の運命だ。


aka25.jpg
古い文字の文書があった。どうやら金の借用書のようだ。


aka26.jpg
当時はこの風景を住人が見ていた。淡い木漏れ日の庭が想像できる。
今は自分が見ている。朽果てた廃墟の荒涼とした庭だ。


aka27.jpg
周囲には音も聞こえない。

aka28.jpg
ぐちゃぐちゃに物が散乱している部屋。


aka29.jpg
ハンガーには何も掛かっていない。


aka30.jpg
この廃墟にはやけに大正の新聞紙が落ちている。大正十三年は西暦1924年だ。第一次世界大戦が終わって間もない。次の大戦までの間の期間だ。


aka31.jpg
当時を伝える記事。陸軍という文字が時代を感じさせる。


aka32.jpg
ものすごく重厚そうな金庫。扉は開いており、中身はなかった。


aka33.jpg
開ききった扉。その先は、


aka34.jpg
二階に続く階段だった。


aka35.jpg
この風景がまた異様だった。


aka36.jpg
まだ、そこに誰かいるかのような空間だった。


aka37.jpg
暖かい木漏れ日の中に白い椅子とテーブル。


aka38.jpg
さっきまで誰かが座っていた。といったら信じるだろうか。


aka39.jpg
テラスの先に二階の空間。


aka40.jpg
美しい窓枠は戦前のものだとすぐにわかる。


aka41.jpg
二階には学術本や薬ビンが散乱していた。何かの研究でもしていたのだろうか。


aka42.jpg
そして、貴重なこの赤別荘建設当時の写真が出てきた。


aka43.jpg
建設当時の大工たち。和洋折衷な建築は最初からだったようだ。


aka44.jpg
少し建築が進んでいる。それにしても、ここの住人はお金持ちで写真が好きだったのだろう。学術文化レベルが非常に高かったものと推測できる。


aka45.jpg
隣に無線機のようなもの。


aka46.jpg
さらに奥の部屋へ。



aka47.jpg
怪しい薬ビンが並んでいる。


aka48.jpg
静かな部屋だ。


aka49.jpg
滞留する時間だけが感じられる。


aka50.jpg
どんな人がどんなことをしていたのだろう。


aka51.jpg
一升瓶の中には蛇が漬けられている。


aka52.jpg
骨組みだけのベッド。寒々しい感じだ。


aka53.jpg
机の上には斜陽に照らされいろいろなものがある。


aka54.jpg
窓の外には朽果てようとしている屋根が見える。


aka55.jpg
どうやら例にもれずこの廃墟にも戦争は押し寄せたようだ。これは昭和19年の頃の雑誌だ。中身は空襲の際の防火について書かれていたが、B29による大規模焼夷弾攻撃にはなすすべもなく、全国の都市が焼き払われていった。


aka56.jpg
奥の奥に洗面所があった。


aka57.jpg
使わなくなって久しい。


aka58.jpg
この場所は今も主の帰りを待っているのだろう。朽果てるその日まで。


aka59.jpg
再び先ほどの部屋に戻る。


aka60.jpg
さっきの無線機のような機械がまたあった。白熱電球がそのままついている。これはなんだろうか。


aka61.jpg
病院でもやっていたのか。それとも大学の教授かなにかだったのだろうか。


aka62.jpg
部屋を見渡す。均整のとれた間どり。物が散乱する部屋。


aka63.jpg
移る景色はそこまで変わらなくても、それを見ていた人は今はなく、移りゆく時間はすべてを変えた。


aka64.jpg
この廃墟が自然崩落するとき、この場所の記憶もまた消えるのだろう。


aka65.jpg
永遠というものは存在しない。


aka66.jpg
記憶も思い出も永遠ではない。


aka67.jpg
だが、諸行無常こそこの世の心理。廃墟美とは滅びの寸前の輝きだ。


aka68.jpg
ここに廃墟美が存在する。そして、滅びゆく記憶と思い出が存在する。
赤別荘は、幻想の時の中に溶け込むように存在している。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

【ライン始めました】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

ラインID:haikyotabi.snnm
  1. 2014/03/02(日) 15:21:37|
  2. 一軒家系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。