廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【廃病院】石川医院 (I病院)

追憶の彼方の奥のほう

石川医院 (I病院)
iwai1_R.jpg
 冬の短い太陽が傾きだした。もうすぐ日が沈む。
 斜陽が辺りを照らし出す中、白い壁の建物が目に入った。


iwai2_R.jpg
 それは一見して洋風の建物であり、ここが日本の片田舎であることを忘れさせる。


iwai3_R.jpg
 隣にはこれまた特徴的な建物が一棟ある。
 どうやらここが『石川医院』で間違いないようだ。


iwai4_R.jpg
 木造づくりの玄関が出迎えてくれる。


iwai5_R.jpg
 古い戦前や戦中の小さな診療所にはこのような趣の玄関があることが多い。モダンな造りは今の建物にはない良さがある。


iwai6_R.jpg
 扉の前にはベンチがある。もう誰も座ることのないベンチだ。


iwai7_R.jpg
 建物裏に回ってみると崩落が激しいようだ。


iwai8_R.jpg
 注射針がたくさん落ちている。ころんでこの中に手をついてしまったらと思うと・・・


iwai9_R.jpg
 崩落した場所から内部に入れそうだ。


iwai10_R.jpg
 薬品も戸棚の中にしまってある。


iwai11_R.jpg
 行けるかな。


iwai12_R.jpg
 しかし、思ったより崩落は激しいようだ。これより先に行けそうにない。


iwai13_R.jpg
 折り重なるガラス戸が不思議な情景を作り出す。


iwai14_R.jpg
 椅子と猫。持ち主はどこだろう。


iwai16_R.jpg
 カーテンはもう揺れない。


iwai18_R.jpg
 本も誰にも読まれない。


iwai19_R.jpg
 この空間はもう誰にも入ることは出来ない。


iwai20_R.jpg
 医療器具がそこら中に落ちている。


iwai21_R.jpg
 木造の階段がある。二階に行ってみよう。


iwai22_R.jpg
 だが二階の崩落はさらにひどい。これ以上はいけない。


iwai23_R.jpg
 向う側に何かある。


iwai24_R.jpg
 斜陽に照らされたそれは何かの台のようだ。


iwai26_R.jpg
 割れた試験管のような物。


iwai27_R.jpg
 倒されたベットが見えた。


iwai28_R.jpg
 一度外に出た。


iwai29_R.jpg
 一番目に見えた白い建物に入ってみよう。


iwai31_R.jpg
 日の光を浴びて白い漆喰が鮮やかに色ずいている。


iwai32_R.jpg
 もうすぐ完全に暗くなる室内。


iwai33_R.jpg
 残光は崩壊寸前の壁を妖しく映し出す。


iwai34_R.jpg
 ガラスの向うにはあの玄関。


iwai35_R.jpg
 子供が書いたのだろう。患者の病状を気づかった無邪気な文字だ。


iwai36_R.jpg
 二階の廊下。


iwai37_R.jpg
 なんとも言えない良い雰囲気の扉。


iwai38_R.jpg
 室内は天井が落ちてしまっていた。


iwai39_R.jpg
 清潔感を漂わせるカーテン。


iwai40_R.jpg
 窓から入る斜陽が長い光の帯を引いている。


iwai41_R.jpg
 廊下の先は無くなっていた。


iwai42_R.jpg
 二階から全体像を見る。このような造りは【茨城の旧病棟】でもみたな。


iwai43_R.jpg
 完全に暗くなる前に。


iwai44_R.jpg
 先ほどの崩落した先に行ってみたくなった。


iwai45_R.jpg
 なんとか苦労して無理やり先に進むことに成功。


iwai46_R.jpg
 すると、緑の絨毯の部屋があった。


iwai47_R.jpg
 一見すると診察室のようである。


iwai48_R.jpg
 現代風のちょっと安っぽい椅子。


iwai49_R.jpg
 いたるところに医療品が置かれている。


iwai50_R.jpg
 これは、なんのために使うのだろう?


iwai51_R.jpg
 生活感が少し感じられる光景。それも崩壊はまじかだ。


iwai52_R.jpg
 待合室だろう。当時の温もりは今はない。


iwai53_R.jpg
 あの玄関の隙間からは光が差し込んでいる。まるでこちらに入りたいかのように。


iwai54_R.jpg
 上から見たひっくり返されたベットだ。


iwai55_R.jpg
 傍らには階段。天井が無く青空が見える。


iwai56_R.jpg
 腐食が激しい。危険すぎる。


iwai57_R.jpg
 薬瓶が転がっている。


iwai59_R.jpg
 廃墟探索はいつだって命がけだ。


iwai60_R.jpg
 グシャーっと崩れ落ちたような感じだ。


iwai61_R.jpg
 こっちの廊下はまだ崩壊の危険はなさそうだ。


iwai62_R.jpg
 長い間誰も足を踏み入れなかったことだろう。


iwai63_R.jpg
 先ほど見えた台の部屋だ。美しい部屋だ。
 この空間が崩落もせず残っていることが奇跡だろう。

 しかし・・・


iwai64_R.jpg
 この部屋はもうこの世には存在しない。いや、この廃墟じたいもう存在しない。


iwai65_R.jpg
 この廃墟は先日解体された。廃墟が待つ運命の日が、訪れたようだ。
 もう誰もこの廃墟に入ることは出来ない。
 すべては追憶の彼方の奥のほうに過ぎ去ってしまった。


iwai66_R.jpg
 このブログの記事は墓標である。


iwai67_R.jpg
 忘れ去られるものが、忘れ去られないための。


iwai68_R.jpg
 消えゆくものが、永遠に死んでしまわないように。


iwai69_R.jpg
 あの美しい部屋や、椅子の上の猫も、本も、空間も、時間も・・・
 
 今も誰かの思い出の中にその廃墟は存在している。
 
【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2016/05/02(月) 00:58:36|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【廃病院】羽幌炭鉱廃墟群・築別炭鉱病院

この世の最期の風景を見たような気がする

羽幌炭鉱廃墟群・築別炭鉱病院
tikubetubyouin001.jpg
  築別炭坑住宅に別れを告げた後、すぐ近くの白い壁の廃墟に立ち寄った。
 これはかつて病院だった。この場所でたくさんの生死のドラマがあったことだろう。しかし今は朽ち果てるのを待つばかりの小さな廃墟となっている。この築別炭坑病院は特に劣化スピードが速いように感じられる。この廃墟を写真で見たときはちゃんと天井もあったし、ここまで荒廃してはいなかった。
 崩壊が迫っていると感じた。


tikubetubyouin002.jpg
 小さな廃業院はかろうじて立っているように思えた。


tikubetubyouin003.jpg
 北海道の厳しい自然は廃墟にとっては恐ろしい敵でしかない。


tikubetubyouin004.jpg
 人がいなくなればあっという間に崩壊していく。


tikubetubyouin006.jpg
 内部もだいぶ劣化している。


tikubetubyouin007.jpg
 木材の床は苔むしてボロボロだ。


tikubetubyouin008.jpg
 廃墟ブームといわれていたかなり昔からこの廃墟の存在は有名であったが、今現在完全なる無への回帰へ向けて突き進んでいるようだ。


tikubetubyouin009.jpg
 医療器具のような残留物は存在しない。


tikubetubyouin010.jpg
 あるのは静寂の空間のみ。


tikubetubyouin011.jpg
 ただただ静寂のみ。


tikubetubyouin013.jpg
 清潔感の漂う白い壁だけが当時の記憶を伝えていた。


tikubetubyouin014.jpg
 木造の天井も完全に落ちていた。


tikubetubyouin015.jpg
 病室であったろうこの部屋も、今は小さな水たまりへと変化している。


tikubetubyouin016.jpg
 内線の後の破壊された建物のようでもある。


tikubetubyouin017.jpg
 危険な階段を上って上階に行こう。


tikubetubyouin018.jpg
 青い空が見える。


tikubetubyouin019.jpg
 上階に天井などという煩わしいものはもはや存在していない。


tikubetubyouin020.jpg
 朽ち果てたかつての壁はただの木片になっている。
 

tikubetubyouin021.jpg
 そこにかつての病院の記憶はない。


tikubetubyouin022.jpg
 北の大地に降り注ぐ満天の星たちの輝き受け止めるために、天井は邪魔だったのだろうか。


tikubetubyouin023.jpg
 そろそろ次の廃墟に向かうことにする。


tikubetubyouin024.jpg
 ふと見ると、近くの築別炭坑住宅の廃墟が少しだけ見て取れた。


tikubetubyouin025.jpg
 この劣化スピードでは近い将来に完全に崩落して無に変えるだろう。
 遠い未来、人類の英知が築き上げた文明世界も終わりを迎え、たくさんの廃墟群はやがて緩やかに崩壊に向かっていく。


tikubetubyouin026.jpg
 一つの世界が終焉を迎えるとき、そこには膨大な廃墟が作り出す壮大な光景が作られるだろう。
 その時の光景の一部分を、この廃墟に見たような気がした。

 小さな廃墟は今、たくさんの記憶とともに消えようとしていた。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。

ガルパン映画最高!ミリタリー・戦車ファンなら絶対に見るべし!
  1. 2015/11/07(土) 17:22:21|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【廃病院】K整形外科

残された医療器具が静かに語りかけてくる

K整形外科
Kseikei42.jpg
 北海道は広大である。
 北海道を旅行しようとしたならば、一日や二日で回ることが絶対に不可能ということを理解しなければならない。あの広大な大地を巡ろうと思うなら、それなりの覚悟も必要だ。自分は一応北海道を一周し、各地の廃墟を見て回ったが、ある場所からある場所に行くのに300キロ離れているなどということは、北海道なら当たり前だった。しかし、北海道だからこそ見られる風景というものもある。北の大地は様々な表情を旅人に見せてくれることだろう。
 今回紹介するのは、そんな広大な大地の一角に存在する、ある廃病院の記録である。この廃墟があるのは、メロンと炭鉱が有名で、残念なことに財政破綻をしてしまったある市である。あまり人気のない場所に、隠れるように建っていた。

 では、見ていこう。


Kseikei1.jpg
実はこの廃墟を発見したのはだいぶ昔の事になる。始めて北海道に上陸したのはもう5年以上前のことだ。
この廃墟は当初なんの用途の建物なのかわからなかった。


Kseikei2.jpg
入ってすぐに受付と待合室のようになっているホールになっている。


Kseikei3.jpg
整形外科と言われているが、街のお医者さんといった感じが漂っている。


Kseikei5.jpg
さらに奥に入っていく。


Kseikei6.jpg
全体的に劣化が激しく、床も天井もボロボロとなっている。


Kseikei7.jpg
診察室といった場所だろうか。


Kseikei8.jpg
どこか懐かしいような感じがする。


Kseikei9.jpg
こんな雰囲気の診療所に行った思い出がある。
遠い日の記憶だ。


Kseikei11.jpg
隣の部屋に朽ちたレントゲン機器が放置されていた。


Kseikei13.jpg
精密機器であるレントゲン機器だが、この場所に当時の清潔感は無い。


Kseikei14.jpg
敗戦当時のベルリン市内のような階段を登って二回へ。


Kseikei15.jpg
フラッシュを焚いて地下に通じている階段を見る。この奥には行きたくない。確実に虫がいる。それだけはかんべんだ。


Kseikei16.jpg
これまたいい感じに朽ちている二階に到着した。


Kseikei17.jpg
しかし、開きっぱなしのドアの向こうに、異空間のような清潔感の漂う部屋があることに気づく。


Kseikei18.jpg
なるほど、ここは手術室のようだ。


Kseikei19.jpg
タイルの床と壁に囲まれたその空間は、当時の姿をそのまま今に伝えているようだった。


Kseikei21.jpg
古めかしい医療器具、手術台、電灯。どれも趣のあるものばかりだ。


Kseikei24.jpg
ガラスケースには主の帰りを待ち望む手術道具達が光り輝いている。


Kseikei25.jpg
いつ終わるとも分からない長い時間を過ごしている。


Kseikei27.jpg
ものすごい感じの廊下を進み別の部屋へ。


Kseikei28.jpg
ここは病室だろうか。


Kseikei30.jpg
この部屋に入ってみよう。


Kseikei31.jpg
この部屋は執務室のように見える。


Kseikei32.jpg
院長先生のお部屋という感じだ。


Kseikei33.jpg
ここは雨漏りにかなりやられている。


Kseikei35.jpg
さらに奥の部屋。


Kseikei36.jpg
リハビリ室のようだ。整形外科というものを調べてみると、運動器官の病気や骨折などを治療し治す医療なのだとわかった。リハビリ室があるのは当然だ。


Kseikei37.jpg
それにしてもこの場所の朽ち方は凄く良い。


Kseikei38.jpg
この場所のように、廃墟美というものは思いもかけないタイミングで目の前に現れる。その気まぐれに出会えるかどうかは運次第だ。


Kseikei39.jpg
北海道廃墟旅はまだ始まったばかりだ。そろそろ次に行く時間だ。


Kseikei40.jpg
この廃墟を取り巻く環境は大きく変わった。時代が代わり、行政が破算し、人が居なくなった。
だが廃墟に流れる時間はその内部に取り残されている。
廃墟に行けばその時間が静かに語りかけてくる。当時の記憶を見せてくれるのだ。


Kseikei41.jpg
忘れないでくれと言われているような気がする。

そんな廃墟の声を聴くために、今日もまた廃墟を旅する。


【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2015/09/22(火) 13:00:22|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【廃病院】東洋診療所

久しぶりの廃病院へレッツゴウ!

東洋診療所
touyou1.jpg
廃!病!院!
久しぶりのこの感覚は何だろう。やはり廃病院というのはテンションが上がるものなのだ。何しろ、内容が面白いに決まっているからだろう。残留物や特有の部屋などもさることながら、幽霊が出るという噂が後を絶たないことからもわかるように、強い残留思念が建物全体から発せられているからだと思う。
今回紹介するのは「東洋診療所」である。廃墟界や心霊スポット界ではわりと有名な物件だ。


touyou2.jpg
人通りの多い正面玄関を避け側面から侵入


touyou3.jpg
この廃墟は町中にある。ただでさえ若者の破壊を受けやすい廃墟がそんな場所にあったらどうなるかは安易に想像できるだろう。内部はかつての厚木恵心病院のようだ。


touyou4.jpg
2階に向かう。


touyou5.jpg
2階も戦闘後の有様である。


touyou6.jpg
しかし、ちゃんと残留物は残っている。


touyou7.jpg
白いカーテンが風にはためく。


touyou8.jpg
破壊された廊下と椅子。


touyou9.jpg
あかねが好きらしい。


touyou10.jpg
207号室。


touyou11.jpg
清潔感すら感じられる窓の木洩れ日。


touyou12.jpg
しかし、当時の清潔さは完全に失われている。


touyou13.jpg
どうやったらこんなにめちゃくちゃにできるのだろう。そして、なぜそこまでしなければならなかったのか。


touyou14.jpg
ストレス溜まっていたのかな。


touyou15.jpg
ベットがベットに寝ている。


touyou16.jpg
ここは娯楽室のような場所だろうか。


touyou17.jpg
最期にこの椅子に座った人は誰なんだろう。


touyou18.jpg
窓ガラスは軒並み割られている。


touyou19.jpg
1階へ。

touyou20.jpg
ここは「あの世」。あの世とはこんなにも身近にあったのか。


touyou21.jpg
診察を受ける場所だろうか。


touyou22.jpg
律儀に棚の中をすべて確認した誰かがいたようだ。


touyou23.jpg
略奪でも受けてのか。


touyou25.jpg
ここの窓は割られていない。


touyou26.jpg
廃病院ではよく見る薬品の瓶。


touyou27.jpg
カルテやら資料やらが散乱している。これを持ちらえると携帯に見知らぬ番号から電話が掛かってきて、女の声で今すぐ返しに来いと言われるのだろう。知ってる。

touyou28.jpg
廃病院。この異質の空間はただ静かに待ち続けている。好奇心を持って近づこうとする誰かを。


touyou29.jpg
そして見せつけられる。この世には人知では説明できない世界があるということを。

ただひたすら、今日も待ち続けている。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2015/03/11(水) 19:08:01|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【廃病院】稲取廃隔離病棟

日常と隔離された空間

稲取廃隔離病棟

IMG_1122_R.jpg
現在でも不治の病と言われ治療が非常に困難な難病はいくらでも存在する。それが当時の医療と知識となれば、現在では不治の病ではなくなり、その病気に対する正確な知識から隔離する必要が無い病気でも、感染や病気への恐怖心から隔離されてしまうような病気はたくさんあったのだろう。
この施設では主に、結核患者をあつかっていたようだ。結核は、今でこそ治る病気だが、当時は不治の病であり、結核の隔離病棟というジャンルの施設は、日本各地に存在する。
この隔離施設がある場所は、街から離れた幹線道路の脇で、探さないと見つからないような、本当に隔離された立地条件にある。
施設が使われなくなってだいぶ経つようだが、まるで現在の時間と空間からも隔離されているかのようだ。


IMG_1123_R.jpg
 隠されているかのような細い道を下りていくと、うす暗い場所にボロボロの建物が見えてくる。どうやらこれが「稲取廃隔離病棟」のようだ。


IMG_1124_R.jpg
内部もご覧の有様である。建物が崩壊していないのが不思議なくらいだ。


IMG_1127_R.jpg
洗面台。蛇口は見るからに古そうな作りだ。


IMG_1128_R.jpg
入口か。ドアも何も無い。


IMG_1126_R.jpg
通路、と呼べるのかどうかもわからない場所を奥に進んでいく。


IMG_1129_R.jpg
どうやら病室のようだ。


IMG_1131_R.jpg
壊れた窓から淡い光が差し込む部屋。椅子が二脚だけ残っていた。


IMG_1132_R.jpg
さらに奥に進むと一段と崩壊の激しい場所に出た。


IMG_1133_R.jpg
階段が現れた。この施設は二階建と言うわけではなく、段差がきついのでこのように階段があるようだ。


IMG_1135_R.jpg
さすがにおんぼろ過ぎる階段を上る勇気は無く、一度外に出て上に上がることにした。


IMG_1136_R.jpg
上層に位置する施設の入り口。無論扉など無い。


IMG_1148_R.jpg
レンガでできたかまどがあった。どうやら飯はこれで焚いていたようだ。


IMG_1138_R.jpg
通路。画像でおわかりになると思うが、竹が下からのびてきて天井やら壁やらを突き刺している。どうりで謎の穴が多いわけだ。


IMG_1140_R.jpg
「病室」と古めかしいフォントで描かれた部屋。


IMG_1142_R.jpg
かつての隔離病室は静まり返っていた。


IMG_1143_R.jpg
ここにも椅子がある。誰かが腰かけているような気がする。


IMG_1146_R.jpg
別の部屋。赤さびたベットが二つ。


IMG_1147_R.jpg
藁が引きつめられている。当時の布団には藁が使われているものが多く、時々このような状態の朽ちた布団を目にする。


IMG_1149_R.jpg
朽ち果てた廊下に廃墟美が漂う。


IMG_1152_R.jpg
トイレも自然と一体化すつつある。


IMG_1153_R.jpg
ここは先ほどの施設より少し上にある別の棟である。さきほどよりさらにうす暗い。


IMG_1156_R.jpg
奥まで来てふと思う。この施設は当時不治の病をあつかっていた施設であること。であるならば、この場所で多くの命が亡くなったであろうこと。


IMG_1158_R.jpg
そんなことが頭の中をよぎった瞬間、辺りが重苦しい空気と言い知れぬ不気味さによって覆われて行った。こうなると怖い。一人は怖い。周りからたくさんの視線を感じてくる。


IMG_1139_R.jpg
はい寄ってくる恐怖の空気から逃げるように外に出た。


IMG_1161_R.jpg
重苦しい空気の正体は何であろうか。それはこの廃墟が有する負の残留思念なのだろうか。もしそのような思念がこの場所に留まり、この廃墟の雰囲気を作っているというのなら、それもこの廃墟が有する廃墟美の一つである。


IMG_1164_R.jpg
他の廃墟では容易には作りだすことのできない、一瞬にして全身を鳥肌が覆うようなそんな本物の恐怖を作りだす。一部の廃墟だけが持つ特権。


IMG_1165_R.jpg
隔離された時間と空間が織りなす廃墟美。今も当時の記憶がそこにあった。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

お久しぶりです。
  1. 2012/05/05(土) 01:49:19|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村