廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【廃校】小倉沢小中学校

あぁ、なんて素敵な廃空間

小倉沢小中学校

IMG_5089_R.jpg
人里離れた山の奥に、日窒鉱山集落というものがあった。そこでは鉱山夫やその家族が暮し、山の繁栄の中で生活していた。共同風呂や一軒しかない商店、人々は強いつながりの中で暮していたのだろう。そんな共同体には子供たちのための学校も存在した。それが、『小倉沢小中学校』である。


IMG_5090_R.jpg
古びた橋を渡ると校庭に出た。そして、学校の校舎が目に入った。


IMG_5093_R.jpg
山を背にしたその学校は不思議と、哀愁と懐かしさをまとっているように思えた。

IMG_5095_R.jpg
朽ちた遊具が、過ぎ去った時間の長さを感じさせる。


IMG_5104_R.jpg
近くの校舎に入り階段を昇ってみる。


IMG_5097_R.jpg
二階は体育館になっていた。物が乱雑に散らばる。


IMG_5101_R.jpg
ベランダに出てみる。


IMG_5102_R.jpg
渡り廊下があり、隣の校舎とつながっているようだ。


IMG_5108_R.jpg
自分は一度一階に下りて、隣の校舎には一階から入るようにしている。自分の中でそれが正規ルートなのだ。


IMG_5109_R.jpg
校舎の中。薄暗い廊下が続く。


IMG_5112_R.jpg
階段を上って二階へ。なんだか学校の怪談に出てきそうな感じだ。


IMG_5113_R.jpg
先ほど渡らなかった渡り廊下はここに繋がっていた。


IMG_5115_R.jpg
懐かしい。ものすごく懐かしい。


IMG_5114_R.jpg
二階の廊下。案外しっかりしている。


IMG_5116_R.jpg
教室。ガランとしている。


IMG_5118_R.jpg
右側通行。


IMG_5119_R.jpg
ポツンとオルガンがある。


IMG_5120_R.jpg
窓から見える風景。あれは教員用の宿舎だと思われる。


IMG_5122_R.jpg
小1・2年生の看板。生徒数は少なかったみたいだ。


IMG_5123_R.jpg
実は隣にも古い校舎がある。ここは中央階段とでも言おうか。


IMG_5124_R.jpg
この部屋は音楽室だろうか?


IMG_5128_R.jpg
当時の物が残っている。


IMG_5130_R.jpg
小倉沢小学校七不思議の一つ、来るたびに場所が変わっている絵。


IMG_5131_R.jpg
家庭科室。


IMG_5134_R.jpg
二階の廊下を奥まで進んでいくと、隣の校舎への段差がある。


IMG_5138_R.jpg
段差の通路の左からいったん校舎の外にでる。


IMG_5139_R.jpg
水道。卒業生が作った壁画がある。


IMG_5144_R.jpg
何から何まで木造だ。


IMG_5141_R.jpg
また中に戻ってきた。


IMG_5148_R.jpg
自分が勝手に「旧校舎」と言っている場所に来た。


IMG_5149_R.jpg
旧校舎の教室。小倉沢で最高と感じている空間である。朽ちた教室に自然が侵入している光景。だが近年痛みが急速になっている。


IMG_5154_R.jpg
もうひとつの好きな場所。かつての子供たちの活気はなく、あるのは流れない時間だけだった。


IMG_5136_R.jpg
段差の通路に戻ってきた。下駄箱。出入り口の一つ。


IMG_5137_R.jpg
天井の高い廊下。


IMG_5158_R.jpg
異常なし


IMG_5159_R.jpg
やわらかな光が差し込む部屋に椅子が一人。


IMG_5162_R.jpg
色を無くしたはずの廃墟に鮮やかな色彩があった。


IMG_5165_R.jpg
再び一階の廊下。


IMG_5166_R.jpg
それでは、そろそろ小倉沢小中学校ともお別れの時間のようだ。


IMG_5168_R.jpg
よく、廃墟には廃墟の神がいると思うときがある。


IMG_5169_R.jpg
深い感動やノスタルジーを感じた廃墟には、それを感じさせるだけの何かが存在しているのだ。それを、自分は「廃墟の神がいる」と言っている。


IMG_5170_R.jpg
この小倉沢小中学校には確かに、廃墟の神がいるのだろう。強くそれを感じられた廃墟だった。


おまけ
IMG_5173_R.jpg
索道の朽ちた鉄柱っていいよね・・・

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
廃墟の神に出会えるといいね
  1. 2011/05/30(月) 22:57:52|
  2. 廃校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【廃村】日窒鉱山廃墟群 下

山の中にある

日窒鉱山廃墟群 下

前回の【日窒鉱山廃墟群 中】の続きです。

IMG_5035_R.jpg
一軒家の廃墟エリアを下に降りてきた。


IMG_5040_R.jpg
消防団の建物を横目に見ながらさらに下に。


IMG_5042_R.jpg
するとひときわ大きな建物が現れた。ここが公民館だ。


IMG_5047_R.jpg
中に入ってみよう。


IMG_5048_R.jpg
中は広い体育館のようになっていた。なぜか卓球台が置いてある。以前よりかなり傷んでいた。


IMG_5051_R.jpg
二階の手すりも木造。今ではあまりお目にかかれない。


IMG_5053_R.jpg
なんだか懐かしい感じがしてくる。そういえば小学校の体育館がこんな感じだったような。


IMG_5058_R.jpg
では、密集地帯もここまで。これからさらに集落の下に降りていく。


IMG_5063_R.jpg
そしてここである。【日窒鉱山廃墟群 上】の一番最初の写真に写っている手前の建物がこれだ。


IMG_5064_R.jpg
中は物が散乱する。どうやら商店だったようだ。集落に一軒しかない商店。賑わっていたのだろう。


IMG_5068_R.jpg
掛け時計も幻想の時の中に。


IMG_5069_R.jpg
ここから出る。


IMG_5070_R.jpg
商店の隣にある木造住宅。まず日窒鉱山廃墟群に来たら目にする廃墟だろう。雰囲気はいいのだが、あまりに痛みが激しく侵入は不可能。


IMG_5078_R.jpg
そのさらに下にある廃墟。


IMG_5080_R.jpg
ここは共同浴場なのだ。


IMG_5082_R.jpg
暖かい風呂に漬かって、風呂上がりに一杯。と思いながら朽ちた風呂を見る。


IMG_5085_R.jpg
今は誰一人住人はいない。


IMG_5086_R.jpg
さびしげに電灯もうなだれる。


IMG_5087_R.jpg
時は進んでも、この場所はいつまでも幻想の中だ。
 
集落編 終

おまけIMG_5175_R.jpg
帰り際に謎の穴発見!これは入るしかない!


IMG_5176_R.jpg
穴はすぐにふさがっていた。と思いきや!


IMG_5177_R.jpg
上に空間が!昇る!


IMG_5178_R.jpg
!!!?トロッコだーーー!どうやらここは廃坑道のようだ。


IMG_5194_R.jpg
そして巨大空間、洞窟大探検・・・


IMG_5196_R.jpg
は、時間がないのでまた今度。


IMG_5197_R.jpg
これはいいもの見つけた!ただし、ここまで来るのに死にかけた。本当に死ぬ、と思った。


次回予告IMG_5154_R.jpg
次回は【小倉沢小中学校】を紹介します。木造校舎が織りなす廃墟美ワールド。おたのしみに!

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
初夏の期待
  1. 2011/05/26(木) 04:16:14|
  2. 廃村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【廃村】日窒鉱山廃墟群 中

廃墟に春が訪れる

日窒鉱山廃墟群 中 

前回の
【日窒鉱山廃墟群 上】の続きです。

IMG_5023_R.jpg
孤立したアパートから見えた下の廃墟まで下りてきた。ここは日窒鉱山廃墟群の中でも比較的新しい建物が多く、ごく最近まで誰かが暮していたような部屋もある。


IMG_4957_R.jpg
では、一番は端の大きな建物から見ていこう。


IMG_4959_R.jpg
比較的新しいといってもやはりかなり傷んでいる。


IMG_4960_R.jpg
廃墟ではよく見かける麻雀牌。昔は娯楽がそれほど細分化されていなかったし、このような山奥では、娯楽などそもそもなかったのだろう。


IMG_4969_R.jpg
二階に昇ってきた。


IMG_4979_R.jpg
一階は大きな宴会場のようになっていたが、二階は居住区のようだ。


IMG_4973_R.jpg
今ではほとんど見かけない足踏み式ミシンが平然と置いてある。廃墟ではよくあることなのである。


IMG_4978_R.jpg
来た方とは反対側の階段。階段は非常に丁寧な作りだ。


IMG_4970_R.jpg
もと来た方向の階段。よく見ると引き戸がある。


IMG_4968_R.jpg
引き戸の向こうは隣の建物へ渡る木造の廊下になっていた。この雰囲気、なんだかトトロを思い出す。


IMG_4984_R.jpg
渡り廊下を渡った先から振り向いて、もと来た方向を向く。


IMG_4988_R.jpg
この辺りは建物が複雑に建っている。


IMG_4991_R.jpg
木を見ると、遅ればせながら春が到来したことを告げていた。


IMG_4994_R.jpg
ふと気付くと、何者かの骨が縁側に乗っていた。廃墟に春は訪れたが、この春を見ずして何物かは死んで骨になった。だが、何物かは土に還り、春という自然そのものになったのだろう。自然とはそういうものだ。


IMG_4996_R.jpg
廃墟と言えば古い空き瓶、というくらい古いビンが落ちている。このスプライトもいつのものやら。


IMG_4997_R.jpg
ということで先ほどの渡り廊下の先にある建物に入った。


IMG_5001_R.jpg
やはりだいぶ崩壊が進んでいる。自分が最初に来た時より明らかに荒れているのだ。


IMG_5002_R.jpg
二階に行く。


IMG_5004_R.jpg
一階同様に二階も部屋がある。どうやら居住棟のようだ。


IMG_5009_R.jpg
多少ぶっ飛ぶが別の建物。まだ住めそうな感じ。


IMG_5011_R.jpg
二階へあがる。


IMG_5012_R.jpg
共用の電話。前にも書いたが、自分の実家では当たり前のように黒電話が現役に働いている。何の不自由もない。


IMG_5017_R.jpg
不意に現れたのは、この日窒鉱山廃墟群最大のオカルトである通称「オタク部屋」。足の踏み場もないほどエロゲーの雑誌やら本やらが散乱している。何故片づけていかなかったのか?持っていかなかったのか?
ちなみに本は古めのものが多い。後で片付けたい。


IMG_5018_R.jpg
この部屋も不気味さを感じる。誰が寝かしたのかベットに人形が寝ている。なにやらわからない薬が散乱していたりする。ちなみにオタク部屋の隣である。


IMG_5019_R.jpg
二階の窓から見える景色。ここから見える建物はすべて廃墟である。

IMG_5022_R.jpg
下まで降りてきた。今度は一軒家の廃墟が立ち並ぶエリアを抜けて、さらに下に降りていくことにする。


IMG_5033_R.jpg
戦後下町の風景のようだ。この日窒鉱山廃墟群は実に多彩な顔を持った廃墟なのだ。

今回はここまで。次回は廃公民館へと降りていく。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
縁側でお茶を飲む。
  1. 2011/05/18(水) 23:19:06|
  2. 廃村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【廃村】日窒鉱山廃墟群 上

ここに移動してくる山奥の隠れ里

日窒鉱山廃墟群 上

IMG_5076_R.jpg
埼玉は奥秩父の山の中。ここに鉱山集落廃墟群が存在する。鉱山の名称は日窒鉱山。この廃墟群はかつて鉱山夫やその家族たちが暮していた、社員のための居住区だ。
日窒鉱山は現在でも稼働中である。石灰石を採掘し、それを加工して運搬している。だが、日本の他の鉱山と同様斜陽であり、この廃墟群を見てもわかる通りである。
自分にとってこの廃墟は思いで深いものである。それは、高校生になり免許をとって、どこかの廃墟に一人でいきたいな、と思ったある日、出かけて行ったのがこの日窒廃墟群であったからだ。それは実質、「廃墟」との最初の出会いであった。それからは幾度となく足を運んだ。昼夜問わずである。なので、何がどこにあるのかはだいたい分かっている。ただ、診療所だけは行ったことがない。
この日窒鉱山廃墟群は広大であり、そのため写真の量も多くなった。なので、これから三回に分けて紹介していきたいと思う。
それでは、ご覧ください。


IMG_4852_R.jpg
最初に足を運んだのは、一番集落の端にある作業場からであった。


IMG_4853_R.jpg
中へ入ってみよう。


IMG_4854_R.jpg
以外に何もない。ここは何をする場所だったのか、今ではよくわからない。


IMG_4857_R.jpg
今にも倒壊しそうな感じだ。


IMG_4858_R.jpg
思えばこの廃墟は最初発見できなかった。いつかは覚えていないが、何回目かの探訪の際に偶然発見したのだ。


IMG_4863_R.jpg
一度訪れた廃墟でも、次に来てみると新たな発見がある。だから、また来たくなる。


IMG_4866_R.jpg
廃墟の時間は動かない。だからゆっくりあたりを見渡してみよう。必ず新たな発見が出来るはずだ。


IMG_4874_R.jpg
先ほどの廃墟を後にして、川の対岸にある孤立したアパートへ行ってみることにした。川を渡河しているときに、建物が集まっている場所を上から見ることができた。


IMG_4875_R.jpg
ひっそりと佇むアパートが見えてきた。


IMG_4876_R.jpg
季節はもう春を少し過ぎた初夏といった感じであった。しかし、なんだか冬のようにさびしい風景である。


IMG_4883_R.jpg
用途不明の滑車とワイヤー。こういった構造物は非常に好きである。


IMG_4892_R.jpg
先ほどのアパートはさしてみるものは無かった。なので、今度は先ほどのアパートの向かいにあるアパートへ行ってみる。


IMG_4896_R.jpg
アパートは二階建てとなっている。長い年月放置されているためかなり傷んでいる。


IMG_4900_R.jpg
誰もいないドアがひとりでに開いた。風のせいであろう。


IMG_4903_R.jpg
中には数少ない生活の跡。酒の瓶が多い。


IMG_4908_R.jpg
二階に移動した。木造の廊下が何ともいい感じだ。


IMG_4914_R.jpg
反対側の階段は通行不能であった。


IMG_4916_R.jpg
廊下に並べられていたカップとクリーム。実は並べたのは自分だ。だが、並べたのはだいぶ昔のことである。その間このカップとクリームは誰の手にも触れられないでここにあり続けたようだ。
そしてこれからもそう在り続けるだろう。この廃墟が崩壊するまで。


IMG_4917_R.jpg
もと来た階段を下りて移動する。


IMG_4922_R.jpg
当時の鉱山で使われたものだろうか。今は役目を終えて長い休憩に入っている。


IMG_4925_R.jpg
本日三棟目のアパート。突き出したコンクリートは階段を止めるためのものだ。


IMG_4926_R.jpg
下に見えるのは二棟目のアパート。


IMG_4938_R.jpg
裏側の作りはこんな風になっている。裏から侵入する。


IMG_4939_R.jpg
お邪魔します。

IMG_4943_R.jpg
入ったところは階段ホールだった。


IMG_4946_R.jpg
手抜きの感じがしない木造の手すり。コンクリートの壁とうまくマッチしている。


IMG_4949_R.jpg
二階は部屋同士がつながっている。しかし、廊下が抜けそうなので探索できず。一回に戻る。


IMG_4927_R.jpg
一階の別の階段ホール。階段は完全に腐っている。


IMG_4935_R.jpg
というわけで、このアパートの探索も終了。お邪魔しました。


IMG_4952_R.jpg
孤立したアパート群とさよならをし、今度は下の密集した廃墟群へ行ってみよう。

今回はここまで。次回は密集した廃墟群を紹介したい。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
幻想を旅する
  1. 2011/05/16(月) 08:08:43|
  2. 廃村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【廃線】日本セメント東松山専用線

関越自動車道にかかる不思議な橋 廃線奇行

日本セメント東松山専用線

haisen.jpg
埼玉の東松山あたりの関越自動車道を通っているときにふと気付いた。鉄道に見られる架線のための支柱がある橋があることに。ということは、そこに電車が走っているのか?だとしたら東上線か?否、それは廃線だった。

もう数十年前に廃線となってしまった、知る人ぞ知る鉄道があった。その名も「日本セメント東松山専用線」。
この鉄道は近くにある採掘場から石灰石を運ぶための専用鉄道であり、現在は一部の架橋と線路があった土手しか残っていない。


IMG_5245_R.jpg
関越のすぐ脇の林道を抜ける。


IMG_5247_R.jpg
そこに廃線となった橋がかかっていた。


IMG_5248_R.jpg
線路跡に昇ってみた。


IMG_5252_R.jpg
これは感動した。誰にも知られることもなく、関越を通っている人には見慣れた橋が、実は廃線跡だったのだ。


IMG_5253_R.jpg
橋には「葛袋3号橋」のプレートがはめられていた。


IMG_5250_R.jpg
何かの制御盤だろうか。数少ない遺構の一つ。


IMG_5256_R.jpg
下は確かに関越。不思議な橋の謎は解けた。


IMG_5257_R.jpg
傍らにあった境界石。この奥扇にSのマークは日本セメント東松山専用線を示すものだそうだ。つまり、この遺構が、ここが日本セメント東松山専用線だと確証づけるものなのだ。


IMG_5258_R.jpg
少し離れたところに鉄橋を発見した。これは心が躍る!


IMG_5259_R.jpg
脇から元線路へ昇ってみる。だがそこには線路は無かった。すべて撤去されてしまったようだ。念入りに架線のための支柱まで一本もない。散歩道のようになっている。


IMG_5260_R.jpg
鉄橋はリベット打ちであった。ここにも線路はない。


IMG_5264_R.jpg
線路跡。


IMG_5265_R.jpg
鉄橋から少し離れたところにコンクリート製の橋があった。


IMG_5266_R.jpg
残っている遺構はこれだけだった。


IMG_5269_R.jpg
今回の探索でも改めて気付かされた。日常のすぐ隣には、廃が何時でも顔をのぞかせているということを。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^u^)

廃線探索超楽しい!
  1. 2011/05/11(水) 03:45:49|
  2. 廃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【廃アル風景】名もなき廃 ~2~

日常の裏にある廃

名もなき廃 ~2~

中村_3608_R
荒涼とした廃スキー場。
スキー場でよく目にするこのリフトのことを索道という。索道と言うとロープウェイを思い浮かべるかと思うが、実は日本の索道のほとんどはスキー場のリフトなのだ。


中村_3607_R
そして自分はこの索道が大好きなのだ。


中村_3609_R
朽ちた索道を見てるとなんだか落ち着く。


中村_6809_R
これは戦争遺跡である。
というと信じてしまいそうだが、これは遊園地の遺構だ。


中村_6813_R
アトラクションのほとんどは撤去され、残っているのはわずかな痕跡だけだった。


中村_6820_R
風呂場だったのだろうか・・・


中村_2503_R
最新型のロボットである。


中村_2508_R
これが何なのかよくわからない。雰囲気だけしか理解できない。


中村_2523_R
とあるバイク用のドライブイン廃墟。


中村_2875_R
廃墟の廊下が永遠に続く。


中村_7144_R
言ってしまうと、江の島の要塞地下壕入口に落ちていた。


中村_7194_R
市街戦後ではない。どうやら工場廃墟のようだ。


中村_7205_R
夏への扉が開いていた。


中村_7208_R
何も残ってはいなかった。


中村_8444_R
とあるラブホテルの一室。これじゃラブラブできない。


中村_3589_R
まぁ、一杯飲んでください・・・


中村_8947_R
なんだか不思議な感じがする風景。


中村_2537_R
鹿<いかがだったろうか?今回もなんだか記事にするには少数すぎる廃なものの特集であった。
  次回当たりこのブログ初の廃線を見ていこうと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
本当の廃を見つける旅
  1. 2011/05/03(火) 22:42:04|
  2. 廃アル風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村