廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【廃線】東京都港湾局専用線 晴海線

再開発されない停まった時間 廃線奇行

東京都港湾局専用線 晴海線

IMG_6182_R.jpg
豊洲とは東京都の埋め立て地、瀟洒なマンションが連立する再開発地区であり、一見すると廃線などあるようには思えない。しかし、そこだけ時が止まったかのようにその廃線は存在する。それはまるで、かつて港湾鉄道として栄華を誇った鉄道の、墓標のようでもあった。
今回紹介するのは東京都港湾局の貨物専用線であり、主に、多くの遺構が残っている晴海線である。この東京都港湾局専用線は戦後間もなく開業した。その後貨物や石炭輸送のために晴海線や他の線路も開通した。この鉄道が運んだ大量の物資は、東京と日本の経済成長を支え、現在までの基礎を作ることに大いに尽力した。しかし、いづれの鉱山や廃線がそうであったように、この鉄道にも斜陽の時が訪れる。1970年代に入ると鉄道輸送に変わってトラック輸送の利用が多くなり、また、エネルギーの転換に伴ってそもそもの港湾機能が衰退し始める。そして、一つまた一つと路線が廃止されていき、平成元年2月9日、最後まで残っていた晴海線も廃止になり、その歴史に幕を下ろした。
その後は現在まで放置されていたが、この地の再開発に伴って次第に遺構は姿を消している。だが、完全に無くなった訳ではないのだ。ひっそりと都市の片隅で存在し続けている。

では、まずはこの廃線の始まり、かつての留置線跡から見て行こう。


IMG_6207_R.jpg
この境界石は旧国鉄のマークが入っている。ということは廃線はこの近くにあるということだ。


IMG_6209_R.jpg
そして、自分の眼前に、瀟洒な街並みとは異質な廃の空間が現れた。


IMG_6210_R.jpg
紛れもなく廃線である。奇跡的な出会いに感動する。


IMG_6214_R.jpg
20年以上もの間、よく外されずに残っていたものだ。


IMG_6215_R.jpg
ちゃんと枕木もレールも敷き石もある。完全に周りと違う時間が流れていた。


IMG_6213_R.jpg
こんなところに廃線があるなんて思いもしなかった。


IMG_6218_R.jpg
線路以外にはほとんど何もない。だが少しは当時の遺物と思われるものが存在する。
用途不明の錆びた車輪。


IMG_6222_R.jpg
壁面に残る記号。


IMG_6227_R.jpg
たった数十メートルではあるが、東京都の豊洲にこんなものが存在していることは異質という言葉以外に無い。自分から見ると最高に感動的である。


IMG_6228_R.jpg
かつてこの上を列車が走っていた。そう考えただけでもロマンがある。


IMG_6231_R.jpg
この線路の先が現在でも現役の路線とつながっていた。今は民家に直撃している。


IMG_6234_R.jpg
夏の暑い陽射しの中、鉄路は熱くなっていた。


IMG_6226_R.jpg
自分はこの場所から、ところどころに残る東京都港湾局専用線の墓標を訪ねる旅に出ることにした。


IMG_6200_R.jpg
この空地はかつて線路が通っていた場所。緩やかなカーブを描いているのがその証拠である。


IMG_6195_R.jpg
空地の先に進むと川がある。この場所にはかつて鉄橋があったが今は無い。だが、金網に囲まれた一角になぜか撤去されないで残っている遺構がある。


IMG_6194_R.jpg
信号などの制御盤だろうか?


IMG_6197_R.jpg
そして、数メートルだけ残されている線路。何故ここだけ残されたのか全くの謎である。奇跡的な空間だ。


IMG_6184_R.jpg
先ほどの一部の線路から少し歩いた。場所は、一番最初の写真のマンション群の後ろの水路である。そこにも遺構があった。


IMG_6241_R.jpg
かつては鉄橋があったのだろう。コンクリート製の橋げただけが今でも残っている。


IMG_6243_R.jpg
当時はこの場所を列車が渡っていたのだ。


IMG_6244_R.jpg
鉄橋の先に続く通路。ここも当時は線路だったのだろうか?


IMG_6247_R.jpg
町のあちこちに鉄道が走っていたことを伝えるアートのようなものがある。これもその一つ。


IMG_6261_R.jpg
海に続く道のわきにもレール。しっかりと歴史を伝えている。


IMG_6259_R.jpg
ふと案内板を見ると「鉄道橋」と書かれていた。実はこれは廃鉄橋なのだ。廃線の事がこのように案内板に書かれていることは非常に珍しいことだ。この地域ではこの鉄橋はよく知られた存在らしい。
この鉄橋は晴海線の鉄橋で、晴海橋梁という。この廃線一番のメインであり、その情景の良さから、しばしばこの橋だけを廃墟本などで目にすることもある。


IMG_6281_R.jpg
そしてこれが実際の晴海橋梁。特徴的な鉄製のアーチがあり、遠くからでもすぐにわかる。


IMG_6284_R.jpg
近づいてみるとかなり大きな構造物であることが理解できる。


IMG_6285_R.jpg
ここまで暑い中歩いてきたかいがあった。この感動的な橋梁を見て、暑さなど等に忘れていた。


IMG_6289_R.jpg
立派な橋梁と線路を見ていると、つい時間を忘れてしまう。


IMG_6292_R.jpg
となりの橋からアート部分を見る。その構造美に圧倒される。


IMG_6298_R.jpg
鉄橋の付け根部分。


IMG_6297_R.jpg
鉄橋の中央にある台。なんのためのものなのかは不明。


IMG_6303_R.jpg
廃線とは悲しいものである。かつてはみんなに必要とされ、輝いていた時期が必ずあるのだ。だがその時期が終わり斜陽の果てに待っているのは廃線という眠りの時期である。だがそれは決して死ではない。かつての栄華を今に伝える残照であり、その残照を認める誰かもまた必ず存在するのだ。この晴海橋梁を見ているとそう思えてならない。


toyosu.jpg
今回探索したのは晴海線だけなのでそこだけ地図に書き込んだ。


おまけ
豊洲で見つけた変なもの
IMG_6250_R.jpg
キノコが生えた車輪


IMG_6255_R.jpg
これは「トヨスノコシカケ」というものだ。かつて造船所で使われていた車輪を再利用してアートにしたものらしい。これもかつては廃だったのか。


IMG_6262_R.jpg
転がった車輪


IMG_6265_R.jpg
放置された巨大な鎖


IMG_6268_R.jpg
地面にめり込んだ車輪。そばにはレールも見られる。この辺はお洒落な感じになっている。


IMG_6272_R.jpg
近未来的な形をした船。これは東京都観光汽船の「ヒミコ」。かの松本零士氏がプロデュースしたものだ。どうりでこの形か。


さらにおまけ
今回の動物
IMG_6202_R.jpg
今回は川で見つけたクラゲ。意外とどこにでもいる。死んでいるのか生きているのかわからない。


IMG_6203_R.jpg
泳いで何処かへ行ってしまうクラゲ。生きていたのか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

過去から未来へ伸びる残照。
  1. 2011/09/27(火) 03:46:43|
  2. 廃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【廃線】東京都水道局小河内線

奥多摩廃線奇行

東京都水道局小河内線

IMG_5930_R.jpg
奥多摩ロープウェイに行く途中通る道には鉄道のガーター橋がかかっている。しかし、この先に駅など無く、ましてや列車が走っているのを見たことがない。それもそのはずこの線路は廃線なのだ。そもそもこの廃線は何なのか?それは、ここ奥多摩の地の代名詞、奥多摩湖に深く関わっている。
結論から言うとこの線路はダム建設のためだけに作られた専用線なのだ。そのダムとは小河内ダムである。そして、ここに列車が走っていたのは1952年から1957年というごく短い期間だけ。つまりダム建設中だけなのだ。ダム建設に必要な資材や人を輸送しダム建設に尽力、ダム竣工後は路客営業の話もあったが何時しか無くなり、現在は近くの奥多摩工業へ譲渡され、名称も「水根貨物線」となっている。ちなみに完全に廃止ではなく休止中で、貨物線として復活する可能性は無くはない。だが今のところは無い。
いずれにしても現在は、鉄橋や隧道など見所を多数残した鉄道遺産として奥多摩の地で眠りについている。
今回はこの旧称小河内線を紹介したい。


IMG_6005_R.jpg
これは奥多摩駅の近くにある奥多摩工業の巨大な石灰を扱う工場。これが廃墟だったらさぞかしとんでもないだろう。ここが小河内線の始発であり、最初の写真の先に水根駅という終点が当時あった。


IMG_6003_R.jpg
山間部の開けた場所からは鉄橋を見ることができる。


IMG_6004_R.jpg
草むして、見るからに危険そうだ。


IMG_6001_R.jpg
これは奥多摩湖わきの道路から撮ったもの。けっこう高い場所に線路がある。


IMG_5935_R.jpg
ダムの関連施設。コンクリートの壮大な建築が見て取れる。


IMG_5933_R.jpg
線路にはこの辺から上がってみたいと思う。


IMG_5936_R.jpg
だいぶ年月がたってはいるがしっかりとしてりる。


IMG_5937_R.jpg
線路上には植物が生い茂っている。


IMG_5938_R.jpg
そして軌道が現れた。
周りは木や草に覆われているが、紛れもなく二本のレールが見える。


IMG_5939_R.jpg
そして一つ目の隧道。この隧道は本来は終点に一番近い最後の隧道になるが、今回はここから初めていきたい。


IMG_5943_R.jpg
それでは軌道上を歩いて行こう。


IMG_5951_R.jpg
真っ暗でかなり長い隧道。隧道内部にはしっかりと軌道が残っている。


IMG_5953_R.jpg
出口近く。外の光がまぶしく感じられる。


IMG_5959_R.jpg
外に出てすぐに二つ目の隧道が現れる。


IMG_5961_R.jpg
隧道の先に光は見えない。


IMG_5962_R.jpg
数少ない小物の遺構。用途不明。


IMG_5966_R.jpg
隧道内部。この辺には今まで見られなかった枕木が見て取れた。


IMG_5965_R.jpg
当時はここを資材を満載した列車が走っていたのだ。


IMG_5968_R.jpg
出口付近はなぜか封鎖されている。


IMG_5972_R.jpg
だが難なく突破する。


IMG_5971_R.jpg
鬱蒼とした森の中に二筋のレール。


IMG_5973_R.jpg
忘れ去られた時間と空間だった。


IMG_5975_R.jpg
先にあった隧道。ここはなぜか山肌がむき出しになっている。


IMG_5978_R.jpg
まだまだ線路は続く。


IMG_5980_R.jpg
隧道を出たレールはさらに森の奥へ。


IMG_5981_R.jpg
周りは植物だらけの自然の中に不自然に人口物が存在している。


IMG_5983_R.jpg
本当に不思議な空間に入ってしまったようだ。


IMG_5984_R.jpg
そしてまた隧道。


IMG_5991_R.jpg
出口の先で衝撃の事実に出くわす。


IMG_5992_R.jpg
線路が無くなっていた。というか何もない。谷になっている。きっと鉄橋か何かがあって自然と壊されて無くなったのだろう。
空を見ると雨が降りそうになっていた。仕方ないのでもと来た道を引き返すことにする。


IMG_5993_R.jpg
また森の中に現れる不思議な線路。


IMG_5994_R.jpg
レールとレールのつなぎ目には、錆びているが未だに力強いネジがある。


IMG_5996_R.jpg
線路の上にごろんと鉄の杭が転がっていた。枕木のためのものだろうか。


IMG_5995_R.jpg
最後になるが特に印象深かった光景。線路の間から木が生えている。列車が走っていた当時なら考えられないような光景だが、使われなくなりいつしかこんなにも時間が経ってしまったのだ。そう長くない時間でこの線路は自然に帰ってしまうだろう。だが、東京都23区民ののどを潤すダムの建設に尽力したという記録だけは、いつまでも消えることはないだろう。


おまけ
隧道内で滝のように水が落ちる場所がありました。残暑が厳しい中ですので納涼にどうぞ。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

記憶の中を走り続ける

  1. 2011/09/15(木) 19:05:35|
  2. 廃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【廃線】奥多摩ロープウェイ 川野駅

奥多摩幻想ロープウェイ 2

奥多摩ロープウェイ 川野駅

これは【奥多摩ロープウェイ 三頭山口駅】からの続きです。
IMG_5787_R.jpg
照りつける初夏の太陽の下、急な上り坂を登った先にその廃墟はあった。
手前にはテニスやゲートボールが出来る公園のような広場あるが、もはやそこも廃の空気に包まれている。人気はない。その人気のない空間の奥にひときわ異彩を放つ廃墟が存在している。見た目にも只者ではない雰囲気を持った廃墟。廃墟の神の存在を匂わせる独特の空気。
奥多摩ロープウェイ、川野駅である。


IMG_5790_R.jpg
奥多摩ロープウェイというのは両岸の二つの廃墟からなっている。前回は三頭山口駅を紹介したが、今回はその双子廃墟の片割れである。もはや伝説的ともいえるこの廃墟だが、対岸の川野駅はどんな顔を見せてくれるのであろうか。


IMG_5794_R.jpg
ではさっそく内部にお邪魔していこう。


IMG_5818_R.jpg
どの廃墟もある程度は皆同じであるが、この奥多摩ロープウェイは際立って落ち着いている。奥多摩という場所は、東京とはいうものの秩父の山奥と大差ない。そして、この場所はさらに何もない。自動車の音もほとんど聞こえない。聞こえるのはただただ自然の音ばかりなのだ。


IMG_5801_R.jpg
まぁ一服というところか。ちなみに自分は煙草は吸わない。


IMG_5802_R.jpg
窓の外には自然と戯れる専用の野外席が設置してある。


IMG_5813_R.jpg
さて、休憩所から出たらホームへ向かおう。


IMG_5814_R.jpg
三頭山口駅と同様に階段を下りて行く。


IMG_5815_R.jpg
階段から先ほどの休憩室が見えた。


IMG_5820_R.jpg
ガラスは長い年月で失われたようだ。今は窓枠だけの窓。


IMG_5824_R.jpg
窓からは「くもとり」と書かれたゴンドラが見えた。


IMG_5826_R.jpg
さっそくくもとり号に会いにホームへ下りよう。


IMG_5828_R.jpg
さきほど同じ景色を対岸で見た。ホームは三頭山口駅と同じ作りだった。だが、ホームに降りて行く位置が逆である。


IMG_5829_R.jpg
そのホームに、これまた三頭山口駅と同じ位置にくもとり号が停まっていた。これも三頭山口駅から見ると逆だ。


IMG_5831_R.jpg
本来なら雄大な奥多摩湖が見えたであろうプラットホームの先は竹林になっていた。


IMG_5832_R.jpg
ではくもとり号へ乗車してみよう。


IMG_5848_R.jpg
内部はガランとしている。当時使っていたのかは分からないが、骨組みだけの椅子が置いてあった。


IMG_5844_R.jpg
窓からの風景だけを見ると、竹林を走る電車の車内のような気がする。


IMG_5846_R.jpg
そういえば窓枠だけでガラスなどはない。


IMG_5849_R.jpg
しばし当時に思いをはせたあと降車する。


IMG_5855_R.jpg
三頭山口駅でもそうであったが、この駅の内部も非常に魅力がある。では、機械室に入っていこう。


IMG_5857_R.jpg
入ってすぐ階段がある。機械室は昼だというのに薄暗い。


IMG_5862_R.jpg
当時は唸りをあげていた機会達もその役目を終え、今はひっそりと静まり返る。


中村_1578_R
何時廃墟へ行っても思う。廃墟はこんなにも美しく幻想的である、と。


IMG_5876_R.jpg
静寂と幻想が包む廃墟にいると、自分が知られざる世界に来てしまった感覚に陥る。この感覚を求めて廃墟に来ているのだろうか。


IMG_5879_R.jpg
ここはロープウェイの制御盤などがある運転室である。


IMG_5882_R.jpg
息をのむほどに美しい空間。幻想の世界というものを肌で感じる。


IMG_5885_R.jpg
だいぶ埃をかぶっている制御盤。


IMG_5889_R.jpg
傍らには謎のハンドル。


IMG_5891_R.jpg
暗闇にぽっかりと窓だけが浮かぶ景色。漆黒の闇の中を切り取られた景色だけが浮遊しているかのようだ。


IMG_5901_R.jpg
三頭山口駅でもそうだったが、梯子を使って上に登ってきた。


IMG_5897_R.jpg
巨大な滑車が闇に浮かぶ。この滑車で太いワイヤーを支えている。


IMG_5902_R.jpg
この電球に光が灯っていたころも見てみたい。きっと夜の機械室は何とも言えない美の空間になっていたことだろう。


IMG_5903_R.jpg
今回も上からホームとゴンドラを見てみよう。


IMG_5906_R.jpg
この奥多摩ロープウェイが廃止された後もずっと吊り下げられているくもとり号。


IMG_5907_R.jpg
本来ならこちらのホームに対岸から来たみとう号が入ったのだろう。だがその光景は二度と見られない。


IMG_5923_R.jpg
上から下りてきた。そろそろ奥多摩ロープウェイともお別れの時間だ。


IMG_5925_R.jpg
駅舎の外に出た。そこからはロープウェイの空中線を支える錆びた鉄塔が見えた。驚いたのは鉄塔に据え付けられていた風速計の風車が勢いよく回っていたことだ。当時からのものだろうか?


IMG_5929_R.jpg
広場の脇からホームとくもとり号が見えた。
廃墟というものはいつかは朽ちて崩壊していくものである。だが、この奥多摩ロープウェイという廃墟は永遠に幻想の中でその形を保ってほしい、そう思った。そう思えるほどに最高の廃墟美を見せてくれる。奥多摩ロープウェイとはそんな廃墟なのである。


おまけ
奥多摩ロープウェイにいたこうもりさんの画像です。
IMG_5874_R.jpg
密集してぶらぶらとぶら下がっている。小刻みに動いていた。


IMG_5878_R.jpg
よく見ると足を大きく広げて爪を引っ掛けているようだ。


IMG_5894_R.jpg
すごくもふもふしている。これは、かわいい(^u^)


次回予告
IMG_5981_R.jpg
次回は【東京都水道局小河内線】を紹介します。怒涛の廃線ラッシュです!

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

幻想に浮かぶゴンドラ



  1. 2011/09/04(日) 07:16:41|
  2. 廃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村