廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【戦争遺跡・地下壕】夏島地下壕 再探訪

夏島の衝撃再び

夏島地下壕 再探訪

natuzima.jpg
以前【夏島地下壕】を紹介した。この夏島地下壕とは横須賀に掘削された海軍の巨大壕であり、大東亜戦争末期に作られた本土決戦用の遺跡である。この壕は海軍航空技術廠(空技廠)のために作られ、主に三階層よりなっている。一階は「倉庫壕」「航空機掩蔽豪」「クレーン壕」「多目的壕」(筆者が勝手につけた名称)からなり、二階には網目状の壕があり、三階目は完全に封鎖されている。さらに、頂上には明治に構築された東京湾要塞の遺構も存在し、とても魅力的な戦争遺跡なのだ。
今回は、以前では紹介できなかった場所や、暗くて詳細でなかった場所などをもう一度紹介していきたい。
それと、今回はマイミクのかっぱさんと残留農薬さんと御一緒に回った。人物との対比で、よりこの壕の大きさがはっきりしてくるだろう。

では、今再びの夏島へ。


IMG_8199_R.jpg
いきなり現れたのはクレーン壕の入り口である。見ていただくと、壁に窪みとそれから伸びる細い窪みがわかるだろう。これは、かまどとそのための排煙装置の跡と思われるものである。これは以前紹介できなかったものだ。このように、地下壕には当時の生活を思わせる遺構も残っているのである。


IMG_8203_R.jpg
通路非常に綺麗に掘削されている。人との対比でどれほどの大きさかわかるだろう。


IMG_8215_R.jpg
通路を進んだ先にある巨大な空間。崩落と水没がある。壁際にある金属の遺物と台座は、おそらくこの場所にクレーンのようなものがあったのではないかと推測できる遺構である。


IMG_8212_R.jpg
再び通路。これも非常に綺麗だ。天井には碍子が残る。この通路はどうやらコンクリートで舗装されているようだった。


IMG_8222_R.jpg
通路の先には、またもや広い空間が現れる。


IMG_8228_R.jpg
組まれた木材の瓦礫。これがクレーンの残骸と言われているものだ。


IMG_8229_R.jpg
木で出来た扉の枠。金属の蝶つがいは今でも動く。戦後60数年たった現在でも、このような姿をとどめているとは驚きである。


IMG_8232_R.jpgIMG_3813_R.jpg
箱の残骸と思われる。これとほぼ同じものを、いずれ紹介する【貝山地下壕 上部壕】で見た。サムネはその時の物である。作り方が簡単であり、本土決戦が迫る中では、このようなものまで簡素化する必要があったのだろうか。


IMG_8236_R.jpg
綺麗に削られた木の遺物。用途不明。


IMG_8233_R.jpg
クレーンの歯車であったと思われる物。錆ついている。


IMG_8235_R.jpg
暗闇の中で当時の記憶を鮮やかに残している。


IMG_8242_R.jpg
いきなり飛ぶがここは多目的壕である。複雑に入り組んだ通路からできており、その掘削は非常に綺麗。


IMG_8243_R.jpg
ここは地下迷宮と呼ぶにふさわしい場所だ。


IMG_8251_R.jpg
壁に作られた棚。こうした棚の作りは各所の地下壕で見ることができ、沖縄の海軍司令部壕でも同じであった。


IMG_8253_R.jpg
錨のマークの海軍食器。ホーロー製。


IMG_8256_R.jpg
以前も紹介した三田土ゴム製造株式會社の箱。地下壕にはいろいろなものが落ちている。


IMG_8194_R.jpg
こちらは航空機掩蔽豪の壕口。コンクリートで封鎖されている。


IMG_8264_R.jpg
完全に封されているわけではないので内部に侵入。上の写真は内部の様子。


IMG_8269_R.jpg
派手に水没している区画があるので、壁伝いに進んでいく。


IMG_8273_R.jpg
内部は埋め戻しにあっているのだが、それでもなおこの巨大な空間がある。


IMG_8275_R.jpg
水は何だが濁っている。


IMG_8277_R.jpg
これはさっき歩いていたのとは反対側の壁に出来ている通路。これを進む。


IMG_8278_R.jpg
地下壕にはいろいろなものが落ちているものだが、なぜか下着が放置されていた。これは心霊とかとは別に気味が悪い。


IMG_8280_R.jpg
壁には穴が開いていた。そこへ入ってみると狭い通路が伸びていた。


IMG_8281_R.jpg
やかんが放置されていた。当時の物かは不明。


IMG_8282_R.jpg
それほど広くないが部屋のようなものがあった。しかし、下は油のようなものを含んだ黒い水で水没しており進めなかった。


IMG_8283_R.jpg
下に見えるでこぼこは、おそらくトロッコの軌条が敷設してあった跡だろう。


IMG_8285_R.jpg
狭い通路からでる。奥に見える穴は、この壕と隣の壕をつないでいる結束通路の出口。


IMG_8287_R.jpg
この航空機掩蔽豪は巨大な十字路がある。その十字路を先ほどの通路の壕から見て左に行ってみる。すると、広い空間があり、キャタピラ痕があった。この壕を埋め戻す際に出来た跡だろう。


IMG_8292_R.jpg
封鎖された壕口の右に通路がある。ここは埋め戻しのため高い壁のようになっているのだ。そこを下りて行く。
それにしても、お二人ともタフである。かっぱさんはウェダー着用のため、水没区画も物ともせず前進する。


IMG_8294_R.jpg
なんだかよくわからなくなっているが、これは車の残骸だ。いつからここにあるか分からないが、戦後放置されたのだろう。米軍のものだろうか。


IMG_8295_R.jpg
その先の空間。水没しているため前進できず。本当に綺麗な掘削で感動する。


IMG_8299_R.jpg
再び崩落のような箇所を登り元の巨大空間へ戻る。


IMG_8300_R.jpg
人との対比で本当に巨大な空間であることがわかるだろう。これなら、かなりの数の航空機を収納することが出来るはずだ。こんな空間が人知れず存在するのが夏島なのだ。


IMG_8301_R.jpg
コンクリートで封鎖されている壕口までここから相当の距離がある。


IMG_8304_R.jpg
最後に、倉庫壕の壕口にある鉄格子を内部よりみる。

以上である。
以前には紹介しきれなかった夏島地下壕の巨大さを実感してもらえただろうか。実は横須賀でこのような巨大地下壕が掘削されたのは夏島だけではない。周辺に「貝山地下壕」と「野島地下壕」という、これまた巨大な地下壕が存在するのだ。それだけは無く、横須賀をはじめとして三浦半島や房総半島には無数の地下軍需工場、抵抗拠点、倉庫壕が存在し、砲撃のための陣地や対空砲座もそこかしこにある。これだけを見ると、いかに本気で軍部が本土決戦を考えていたか推測できる。その裏で着々と終戦工作は進んでいる。思えば大東亜戦争が始まる前にも、海軍と陸軍の間で、南進と北進が同時進行し、大量動員をかけた結果政府も軍も戦争以外の道が無くなった。その反面、アメリカとは和平を模索した日米交渉が続けられている。大日本帝国という国家は、戦争が敗北以外無くなった末期ですら、その体質を変えることが出来ず、軍部と政府、陸軍と海軍という最重要な組織の意思疎通と統一が出来ずに崩壊したのである。
あとに残された大量の戦争遺跡は、そうした過ちにたいして考えなければならないと、問いかけているのかもしれない。これは、現在の政治や国防、一般社会に対しても言えることである。強い決断力と意思決定、そして断固たる行動の出来る日本になってほしいと願うばかりである。


natuzima r
夏島地下壕の壕内図です。縮尺はいい加減です。多目的壕は複雑すぎて無理でした。


今日の出来事

今日は1902年(明治35年)に八甲田山雪中行軍遭難事件のあった日です。(正確には遭難一日目)この時遭難したのは日本陸軍第八師団歩兵第五連隊であり、210名中199名が凍死などで殉職するという最悪の事件になってしまいました。これは雪山での冬季訓練中に起きた事故であり、部隊は地図とコンパスのみで八甲田山を踏破しようとしました。しかし、天候不順からルートも分からなくなり、最後はバタバタと凍死していったらしいです。いくら最新の軍隊といえど、過酷な自然環境には勝てなかったのです。
上は「雪の進軍」という軍歌です。八甲田山とは直接関係ない日清戦争のころの歌ですが、寒々とした情景と兵の生活が感じられます。
そういえば東京にも雪が降るくらいこのごろ寒いですね。朝などは雪が積もって、雪の進軍になってしまわないか心配です。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

冬はこたつで丸くなるのが一番かも


スポンサーサイト
  1. 2012/01/23(月) 10:39:39|
  2. 戦争遺跡・地下壕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

【不思議系廃墟】小傘のお寺

万年置き傘にご注意を

小傘のお寺

IMG_7526_R.jpg
ここは幻想郷である。そうに違いない。いつの間にか迷い込んでしまったようだ。
しばらく山道を歩くと傍らになにやら仏塔のようなものが現れた。どうやら妖怪の住処が近くにあるようだ。


IMG_7527_R.jpg
これが噂の白玉楼階段か?それにしては短すぎるので違うだろう。
どんどん上に登っていく。


IMG_7529_R.jpg
上にあった物。お地蔵様や手洗い場がある。ここはお寺のようだ。


IMG_7530_R.jpg
突如現れる廃寺。まさかあの命蓮寺か?それにしては寂れてるな。


IMG_7533_R.jpg
管理されなくなって長いようだ。敷地には雑草が生え、お堂は荒れている。


IMG_7535_R.jpg
神仏を祭る施設を放置しちゃっていいのだろうか。それこそ魑魅魍魎の巣窟になっちゃうぞ。


IMG_7537_R.jpg
すぐそばにある廃墟。どうやらお寺の住職かなにかの家のようだ。


IMG_7539_R.jpg
屋根こそ立派だが、内部は風通しが良くスカスカに見える。


IMG_7541_R.jpg
外の世界で見られる博霊神社もこんな感じか。
いつ妖怪に襲われても良いように気を引き締めて入ってみる。


IMG_7542_R.jpg
内部はやはりガランとしている。


IMG_7544_R.jpg
わずかな残留物だけが残る。状況からも長い年月放置されているようだ。
幻想入りした廃墟は廃墟のままらしい。


IMG_7545_R.jpg
電球と蛍光灯の組み合わせ。


IMG_7546_R.jpg
手紙のようなものが散乱する。


IMG_7547_R.jpg
どうやらお経関係のものらしい。


IMG_7548_R.jpg
開放的な空間。雨ざらしである。


IMG_7552_R.jpg
障子も破れかぶれ。いかにも古風な肝試しにうってつけの廃墟ではないか。


IMG_7554_R.jpg
仏の教えを記した本だろうか。


IMG_7555_R.jpg
有害と書かれた箱。なにが入っているのだろう。


IMG_7557_R.jpg
不意に現れた傘。傘と言えば、人間を驚かす程度の能力の妖怪がいたな。
もしかして小傘ちゃんの住処なのだろうか。


IMG_7562_R.jpg
でも小傘ちゃんはいない。留守だろうか。大変に悔しい。


IMG_7564_R.jpg
雨戸の隙間から光が漏れだす。


IMG_7567_R.jpg
ミサイルP。


IMG_7568_R.jpg
帰る間際に外に置かれた傘を発見した。子傘ちゃんがどこかで見ていて用意してくれたのだろう。そうに違いない。だが、傘は受け取らずに普通に帰ることにした。ふと気づくと幻想郷らしき場所に迷い込む以前の道にいた。もう一度お寺に行きたくなって山道を歩いて行ったが、もうお寺に巡り逢うことは無かった。


今日のどうぶつIMG_7571_R.jpg
カタツムリが壁に張り付いていた。どうやら雨が降るようだ。


次回予告IMG_8215_R.jpg
次回は、以前紹介した【夏島地下壕】を再訪した際の記録を紹介する。以前よりも鮮明になった写真と、以前は紹介できなかった場所も公開します。こうご期待!


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

愉快な忘れ傘
  1. 2012/01/20(金) 05:22:33|
  2. 不思議系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

【宿泊系廃墟】ラ・レインボー

天空へ伸びる追憶の塔

ラ・レインボー

IMG_7687_R.jpg
バブル崩壊という日本経済神話の破局の際、膨大な量の廃墟が生まれることになった。誰もが財布のひもを固くした状況になっては、バブリーな経営方針は通用しなくなっていったのだ。そんな星の数ほどの廃墟の一つが今回紹介する物件である。

その名も「ラ・レインボー」。


IMG_7686_R.jpg
異様な鉄塔が一本突き刺さっている。これがこの廃墟のメインであり、この物件を有名にしている物だ。高さは150メートルもあり、回転式の昇降展望塔である。なんと世界でもトップレベルの高さなのだ。


IMG_7690_R.jpg
なんとも異様なたたずまいになっている。ワイヤーは風を切って鳴り、赤さびた塔はただ黙って立っている。


IMG_7688_R.jpg
この場所から見渡せる景色の中に大きな橋が見える。あれは瀬戸大橋だ。瀬戸大橋とこのラ・レインボーは密接な関係をしている。瀬戸大橋が開通する前には、開通でたくさんの観光客が押し寄せるという推測があったのだ。なので、ラ・レインボーもその観光客で大盛り上がりし、収益も見込める目算であった。しかし、現実とは厳しいもので、開通後の観光客数は見越していた数に届かず、その後のバブル崩壊が決定打となって1997年に廃業することとなった。

以来、この地には廃墟となった塔だけが残された。


IMG_7692_R.jpg
ラ・レインボーの入り口付近。見てわかると思うが、かなり破壊されている。


IMG_7693_R.jpg
地元の暴走族や不良といった輩が来て破壊し、放火騒ぎまで起きたようだ。必要とされなくなった建物は悲惨な末路をたどることが多い。


IMG_7719_R.jpg
外観は至って普通のホテル廃墟だ。


IMG_7698_R.jpg
破壊と落書きしかない。


IMG_7699_R.jpg
と思ったが、わずかに当時の残留物もあるようだ。


IMG_7716_R.jpg
威容を誇る怪物。


IMG_7701_R.jpg
在りし日の恵心病院を思い出した。


IMG_7700_R.jpg
階段を登って上の階へ。


IMG_7702_R.jpg
二階の通路。


IMG_7703_R.jpg
この廃墟大きく湾曲していることが分かる。形は非常に面白い。


IMG_7709_R.jpg
では問題の塔の部分へ。


IMG_7696_R.jpg
150メートルもある塔の根元部分。落書きで覆われている。


IMG_7697_R.jpg
ある南アフリカの風景。


ラ・レインボー_R
回転式展望台を支える支柱部分。これがそのまま上に向かって上がっていくのだろう。なんだか宇宙船のようだ。


IMG_7715_R.jpg
塔の周りは円形の通路となっている。展望台内部へ入れるようだ。


IMG_7710_R.jpg
ドアが開いている。さっそく入ってみよう。


IMG_7706_R.jpg
内部の様子。埃をかぶってしまっている。肝心の窓ガラスも曇って外が見えない。グラグラ揺れる。


IMG_7713_R.jpg
外に落ちていたガラス。上からスプレーをかけたのだろう。緑が綺麗だ。


IMG_7721_R.jpg
少しホテルの方も見ておこう。


IMG_7718_R.jpg
ホテルの一室から瀬戸大橋が見て取れた。このホテル、「人間の夢の跡だな」


IMG_7722_R.jpg
実はこの奥に遊園地があり、このラ・レインボーと全く同じような仕組みの塔が現役で存在していたのだ。向こうは現役、こっちは廃墟。なんとも悲しくなる。


IMG_7725_R.jpg
何かを訴えかけるようにそびえ立つ塔。遠く四国からでも見渡せる塔。人間は変な観測や憶測だけを持って行動を起こすものではないという、戒めだろうか。


IMG_7712_R.jpg
綺麗な瀬戸内海の島々を見ながら、ふとそんなことを思うのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

ハンマーソングと痛みの塔
  1. 2012/01/17(火) 05:02:08|
  2. 宿泊系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【廃線】中央本線廃線区間

錆びた鉄橋が見せる幻想 廃線奇行

中央本線廃線区間

IMG_8028_R.jpg
のどかな畑の中に突如赤さびた鉄橋が現れる。これは旧立場川橋梁といい、中央本線廃線区間に存在するこの廃線のメインのような存在だ。今回の廃線は全区間が廃線というわけではない。中央本線という、東京から長野を経て名古屋に至る鉄道の廃線区間なのだ。それは、中央本線の信濃境駅から富士見駅の区間であり、現在は廃線区間の隣に新線区間が出来ている。この廃線区間には鉄橋と三つのトンネルがあり、さらに、信濃境駅近くには保存されている電車の車両もあるという、見どころ満載の廃線なのだ。

では、さっそく見て行こう。


IMG_8040_R.jpg
はやる気持ちを抑え、一気に急な坂を登り線路があった堤の上まで来た。空中線のための柱だけが存在する。


IMG_8033_R.jpg
そして、旧立場川橋梁に近づいた。


IMG_8032_R.jpg
この鉄橋は見ての通り凄くユニークな形をしている。このような形式の鉄橋を「上路ボルチモア・トラス構造鉄橋」というのだ。どんなもんかというと、まずトラスというのは、橋に多く見られる代表的な形であり、三角形を組み合わせて作られている橋の構造を言う。この立場川橋梁を見ても、三角形の構造が見て取れるだろう。そして、ボルチモア・トラスとは、軽量化と強度をあげるために、トラス構造の三角の中に複材を入れる構造のことである。特に、平行弦トラスのものをボルチモア・トラスといい、曲弦トラスのものをペンシルバニア・トラスという。このタイプでは、線路はトラス構造の上にあるために、上路というわけである。


IMG_8105_R.jpg
ボックス型の構造がよくわかるところまで来た。この立場川橋梁はボルチモア・トラス構造の鉄橋と、両端にガーダー橋で成り立っている。この橋が出来たのはなんと明治37年のことであり、その年に日露戦争がはじまった。頑丈というのは長い年月が証明している。そして、1980年に新線が出来たことにより旧線は使われなくなり、立場川橋梁も廃鉄橋となった。


IMG_8037_R.jpg
旧立場川橋梁からは隣の新立場川橋梁の立派なコンクリート橋を見ることが出来る。


IMG_8041_R.jpg
とまぁ、ここまで鉄橋の話をしてきたが、まずはじめに見るのは富士見駅方面にある廃トンネルである。これは、三つのトンネルの中の一つ、「瀬沢トンネル」だ。


IMG_8042_R.jpg
ここでは赤さびた空中線のための設備と碍子を見ることができた。


IMG_8043_R.jpg
長く放置されたためだろう、支柱が折れまがっている。


IMG_8044_R.jpg
相当な歴史を感じるトンネル内部へ入ってみよう。


IMG_8045_R.jpg
当然ながら内部は真っ暗だ。


IMG_8047_R.jpg
下を見てみると、砂利がたくさんあり、線路も枕木も何もない。ここはどうやら水路として再利用されているようだ。砂利は水で運ばれてきたのだろうか。


IMG_8052_R.jpg
退避区画の壁に「安全は目と耳と己の心から」と書いてあった。


IMG_8053_R.jpg
おぉ、無いと思っていた枕木が現れた。水の浸食で砂利が取り除かれて出てきたのだ。


IMG_8055_R.jpg
小川が流れている。今は小川だが、壁の側面の白い染みを見ると、増水時はかなりの水量になることが分かる。


IMG_8057_R.jpg
コンクリートの向こう側にレンガが覗いていた。


IMG_8058_R.jpg
やっと出口についたようだ。


IMG_8060_R.jpg
出たところにあった構造物。どうやら水路のようだ。水路の支柱はレールでできている。このまま行くとすぐに中央本線の富士見駅に着く。


IMG_8062_R.jpg
再びトンネルを通って最初の場所に戻る。トンネルの壁面がかなり崩れていることがわかるだろう。


IMG_8063_R.jpg
入口についた。下の部分が水路になっている。


IMG_8065_R.jpg
では、今度こそ立場川橋梁を見てみよう。


IMG_8068_R.jpg
うおー!思わずテンションの上がる赤さびた鉄橋。どうやらレールや枕木は撤去されているようだ。


IMG_8069_R.jpg
金網が張ってある。だいぶ高い。左に足場があるがかなりもろくなっているので、右の鉄骨を歩くことにする。


IMG_8070_R.jpg
いい景色でだなぁ。下に見える川は立場川である。


IMG_8071_R.jpg
最初のガーダー橋の部分を渡り終え、いよいよトラス構造の部分へ。


IMG_8074_R.jpg
謎の木造の足場。飛び込み台に見える。飛び込んだら死ぬ。


IMG_8076_R.jpg
錆びだらけの鉄。錆びてしまっても力強さは変わらない。


IMG_8075_R.jpg
かなりしっかりとしている。簡単に崩落などはしないだろう。


IMG_8078_R.jpg
金網から下をのぞく。鉄橋の構造が見て取れる。


IMG_8079_R.jpg
うわー何も無い。下が見えるよ。落ちたら頭蓋骨が粉々になるだろう。


IMG_8081_R.jpg
もうすぐ渡り終える。端のガーダー橋にたどりついた。


IMG_8084_R.jpg
渡り終えた先の地面を見ると、苔むした枕木があるのに気付く。みんな無くなった訳ではなかったのか。


IMG_8085_R.jpg
木々の間からまたもやトンネルが現れた。こちらは信濃境駅側のトンネルで、「姥沢トンネル」という。


IMG_8087_R.jpg
こちらも歴史を感じるたたずまいである。では突入。


IMG_8088_R.jpg
こちらは、レールは残っていないが、枕木は残っていた。


IMG_8092_R.jpg
途中天井が崩れ大きく崩落している。無理をすれば通れるが、引き返すことにした。


IMG_8094_R.jpg
入口に戻った。


IMG_8083_R.jpg
自然と一体になったかのような立場川橋梁。非常に良い景色であった。


IMG_8100_R.jpg
ふと見ると取り残された枕木の一部があった。まるで白骨の一部のようだ。


IMG_8102_R.jpg
立場川橋梁は廃墟マニア、廃線マニア、鉄橋マニア、とさまざまな人間に愛される鉄橋と言っていいだろう。そしてこれからも訪れた人の心を魅了していくことだろう。


IMG_8106_R.jpg
さて、ここはさっきの場所とは少し離れた信濃境駅近い場所である。ここにはご覧の通り一両の客車が保存してある。というか放置してある。


IMG_8108_R.jpg
ここだけレールも敷かれており、車内にも入れるようになっているようだ。
この車両、調べてみると富士山麓電気鉄道3100形電車ということがわかった。この鉄道会社が30周年記念に製作した車両らしい。


IMG_8107_R.jpg
車両の先に進むと三つ目のトンネルがあった。しかし、時間の関係で今回は入ることはしなかった。


IMG_8113_R.jpg
再び車両へ。こんなところで列車に会えるとは思ってもみなかった。


IMG_8114_R.jpg
側面にある数字。「3102」とは車両番号であり、さきほどの富士山麓電気鉄道3100形電車の2車両目ということだろう。


IMG_8121_R.jpg
屋根の上に登ってみた。パンタグラフの構造を見て取れた。


IMG_8125_R.jpg
車両のつなぎ目のホロの部分。落ち葉をかぶっていた。


IMG_8126_R.jpg
森の中の駅に停車しているようだが、この先二度と動くことは無いだろう。


IMG_8129_R.jpg
ほとんど閉まっているドアだが、一か所だけ開いていた。ここから車両の中へ入ってみる。


IMG_8132_R.jpg
車内はレトロな雰囲気が漂う。いつも動いている列車に乗っているだけに、この車両はひどく静かだ。


IMG_8138_R.jpg
トンネル側の前方車両まで来た。どうやら運転席があるようだ。


IMG_8140_R.jpg
運転手が座る椅子。ブレーキなどを見ることが出来る。感動的な光景だ。


IMG_8148_R.jpg
車両の様々な場所の制御レバーが並んでいた。このようなものは現在は電子機器で自動制御になっているのだろう。


IMG_8143_R.jpg
これは電車の速度を制御するためのものだろうか。


IMG_8149_R.jpg
いまどきは見かけなくなった制御盤の形だと思う。このようなものはローカル線ではまだまだ現役だといいのだが。


IMG_8142_R.jpg
運転手の見ていた風景。すっかり窓ガラスは曇ってしまった。


IMG_8158_R.jpg
整然と静かに並んだ客席に座る人の影は無い。


IMG_8155_R.jpg
静かな山間部に趣のある鉄橋とレトロな車両。今回も良い廃線旅だった。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

鉄橋の魅力に取りつかれました(^u^)
  1. 2012/01/08(日) 03:18:58|
  2. 廃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年!


あけましておめでとうございます!!!

今年もついに始まってしまいましたね。いったいどんな一年になるんでしょうか。

一説によると、2012年は人類滅亡の年になるようです。非常に危険ですので注意が必要ですね。

それでは、病気などせず、元気にまいりましょう!



中央本線旧線_R
新年一発目は【中央本線旧線】です。お楽しみに!
  1. 2012/01/03(火) 21:48:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。