廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

真白き山の幻想

暑中お見舞い申し上げます

真白き山の幻想

IMG_0598_R.jpg
冬という季節はどこもかしこも色を無くし、生気を無くす季節である。夏はその正反対で、どこもかしこも色が濃くなる季節だ。こと雪山に関しては、ただ静寂だけが支配し、来るものを拒む世界と化す。
今回の廃墟は静寂に包まれた雪山で見た、幻想だったのかも知れない。

それではご覧いただこう。


IMG_0599_R.jpg
一面の雪と霧に覆われた白い世界の中からその廃墟は浮かび上がった。


IMG_0600_R.jpg
知る人ぞ知るこの廃墟は、かつて温泉旅館だったらしい。なぜ廃墟になったかはわからい。


IMG_0602_R.jpg
そばには透き通った清水が小さな川を作っていた。


IMG_0603_R.jpg
さっそく中に入ってみよう。錆びついた螺旋階段を上って行く。


IMG_0609_R.jpg
廃墟内部に色は無い。ただただ静寂だけがそこにある。


IMG_0611_R.jpg
廊下を進む。


IMG_0613_R.jpg
ある部屋。外の光が淡く内部を照らす。


IMG_0614_R.jpg
後で紹介するが、この廃墟激しい土砂崩れに会っているようだ。このように土砂が押し寄せている場所が散見される。


IMG_0618_R.jpg
先ほどの入り口まで戻ってきた。


IMG_0608_R.jpg
階段があった。さっそく登ってみる。


IMG_0630_R.jpg
上の階の廊下。寒々とした空気に包まれている。


IMG_0635_R.jpg
比較的残留物がある部屋。何故かは知らないが砂が床にある。


IMG_0632_R.jpg
独特の空気を醸し出す椅子。廃墟美とはこのような小物一つ一つから醸成されるものである。


IMG_0633_R.jpg
非日常。この言葉が一番しっくりと来る光景だった。


IMG_0636_R.jpg
厨房。荒れている。


IMG_0638_R.jpg
ここにも砂。


IMG_0640_R.jpg
中央階段のある場所。砂と言うより土砂で埋まっている。これが先ほど言った土砂崩れの跡だ。


IMG_0646_R.jpg
階段の先にあった廊下。土砂でかなり埋まっている。


IMG_0643_R.jpg
ドアも半分以上埋まっている。幻想的な光景だ。


IMG_0645_R.jpg
先ほどの階段を登って上に行く。


IMG_0655_R.jpg
この階段も螺旋条になっている。なんともいい感じの階段だ。


IMG_0651_R.jpg
白黒の世界。


IMG_0653_R.jpg
上の階に来た。


IMG_0652_R.jpg
この階も窓も無く、痛みが激しい。


IMG_0656_R.jpg
清潔感すら漂う廊下。病院の廊下のようだ。


IMG_0657_R.jpg
だがよく見ると残骸が散乱している。


IMG_0659_R.jpg
この廃墟の見どころの一つについた。


IMG_0660_R.jpg
浴場だ。


IMG_0665_R.jpg
浴場には中からは行けず、いったん外に出る。


IMG_0661_R.jpg
円形の風呂。当時は温かいお湯で満たされていた湯船に今は冷気が満たされている。


IMG_0668_R.jpg
浴場から出て別の階段で下の階へ。


IMG_0666_R.jpg
と思ったがダメだ。土砂で完全に埋まっている。
仕方が無いので上からもう一度螺旋階段で外に出ることにする。


IMG_0672_R.jpg
この廃墟にもあった「食器の墓場」


IMG_0678_R.jpg
白と白の世界。


IMG_0680_R.jpg
では、そろそろ本当に外に出よう。


IMG_0681_R.jpg
外に出た。やはり一面の白い世界。


IMG_0682_R.jpg
廃墟は様々な季節で見せる顔が全く違う。この廃墟も夏に来て見れば強い日差しと緑の中で輝いていたことだろう。だが今は白い世界で沈黙している。


IMG_0687_R.jpg
それはまるで廃墟が自然とともに生きているかのようだ。
今度は真夏に会いに来よう。そう思うのであった。


おまけIMG_0523_R.jpg
あゝ風の神よ神湖の地に御神渡りスペシャル
平成24年度、何年かぶりに長野県諏訪湖に『御神渡り』が現れたという情報があり、いてもたってもいられなくなったので行ってみた。御神渡りとは、諏訪湖が冬に全面凍結した際、氷が気温の寒暖差によって膨張と収縮をすることによって直線状に氷が割れる現象のことである。
この御神渡り、こう言われる背景にはある言い伝えがあるからなのだ。この諏訪湖と言えば近くにある諏訪大社と切っても切り離せないものなのである。諏訪大社は下社と上社に分かれており、上社におわす男神が、下社におわす女神に会いに諏訪湖を渡ってくる。というものだ。そして、その跡が御神渡りと言うわけだ。


IMG_0524_R.jpg
一面の白い原。凍結した諏訪湖。


IMG_0531_R.jpg
御神渡り?らしきものあり。溶けていた。
でも、ありがたや~


IMG_0537_R.jpg
雪に覆われた神湖の地。この次は諏訪大社に行ってみた。


IMG_0538_R.jpg
諏訪大社
この神社は全国の諏訪神社の総本山であり、日本で最も古い神社の一つとされている。この社は諏訪大社下社秋宮。


IMG_0540_R.jpg
雪の境内


IMG_0546_R.jpg
神社大好きな自分は、中でも諏訪大社が好きで、一年に数回はこの地に来ている。だが、このように雪を被った姿は初めて見た。感動である。


IMG_0549_R.jpg
とりあえず拝殿でお祈りをする。


IMG_0552_R.jpg
灯篭のオレンジの光、白い雪、鳥居。なんていい風景だろう。


IMG_0553_R.jpg
ありがたいことに手水舎の水はお湯だった。


IMG_0554_R.jpg
こちらは諏訪湖の反対側にある上社本宮。


IMG_0556_R.jpg
左に見える太い柱がかの有名な「御柱」エクスパンデッド・オンバシラ!


IMG_0569_R.jpg
さらにおまけ
以前紹介した【中央本線廃線区間】の旧立場川橋梁を見てきた。


IMG_0595_R.jpg
以前見たときとは違った趣がある。


IMG_0593_R.jpg
下から見た光景。


IMG_0597_R.jpg
雪の斜面を登る。このさい滑って死にかける


IMG_0575_R.jpg
橋梁の上。白い道が出来ていた。


IMG_0583_R.jpg
やはり高い。落ちたら死んじゃう!


IMG_0590_R.jpg
雪で白くなった場所が印象的に浮かび上がっている。


IMG_0574_R.jpg
上路ボルチモア・トラスの鉄橋。いつ来ても良いもんですね

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)


【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。
  1. 2012/08/19(日) 00:40:26|
  2. 宿泊系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村