廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【一軒家系廃墟】ステンドグラスと木漏れ日と

こんな廃墟が身近にあるんだね

ステンドグラスと木漏れ日と
haiya1.jpg
どんな小さな廃墟にもそれぞれの記憶を持っている。廃墟に入ってみて初めて、それが持つ魅力というものに気づくことができるのだ。
今回紹介するのは、そんな小さな名もなき廃墟の記憶である。


haiya2.jpg
ある国道沿いにある廃墟。見た目は一軒家のように見えるのだが。


haiya3.jpg
入ってみるとやっぱり一軒家だった。


haiya4.jpg
入ってすぐに高い天井。シャンデリアのような照明がある。


haiya5.jpg
特に何かがあるわけだは無いようだ。


haiya6.jpg
洋風なつくりのようで、ところどころの作りにそれが表れている。


haiya8.jpg
一階には何もないので二階に上がる。


haiya10.jpg
すると二階はすぐに用途不明の開けた空間になっている。


haiya12.jpg
丸窓。


haiya14.jpg
絵になる照明と窓ガラス。


haiya15.jpg
隣の部屋に入ってみた。


haiya16.jpg
実はこの廃墟。最初モデルルームかと思っていたのだが、生活感がしっかりあるので、どうやら人が住んでいたらしい。


haiay17.jpg
もうだいぶ昔に誰もいなくなったのだろう。


haiya18.jpg
部屋から出るときに前を見ると、ステンドグラスのようなものがあることに気付いた。


haiya19.jpg
洋風の廃墟らしいものだが、物珍しいステンドグラスが独特の雰囲気を醸し出している。


haiya20.jpg
奥の部屋に行ってみる。


haiya22.jpg
すると、大きく開いた窓から外が見えた。


haiya23.jpg
窓ガラスなどがなく開放的な部屋。ベットの骨組みが転がっていた。


haiya24.jpg
一見すると非常に美しい光景だ。


haiya25.jpg
さらに階段があり、ロフトになっていた。


haiya26.jpg
一見何もないように見えても、記憶はちゃんと存在している。


haiya27.jpg
淡い木洩れ日が差し込む廃墟は今も、誰かの帰りを待つようにそこにあり続けている。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2015/06/07(日) 16:56:32|
  2. 一軒家系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村