廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【廃車館】草むらのヒーロー達へ

いつからそこにいて、いつまでそこにいるのか

草むらのヒーロー達へ
haisya001.jpg
田舎の道路を車で走っていると、道の傍らにふっと飛び込んでくるものがある。それが何なのか確認すると、それは車。しかし、どう見てももう動く気配がない。廃車だ。
田んぼのあぜ道を歩いていると、物置の様に使われているものがある。それが何なのか確認すると、それは車。しかし、どう見てももう動く気配がない。そう、廃車だ。
みなさんもこんな経験をしたことがあることだろう。気にしなければ本当に気にもならないそれらは、よく見てみると実はとんでもなく面白いことに気づく。一台一台に廃の趣があり、廃墟とは一味違った廃の形が存在する。
ある雑誌に廃車の特集があった。そこには廃車のことがこう書かれていた。

「草むらのヒーロー」

草むらに存在する廃棄美の塊達。廃車の魅力を紹介しようと思う。

ちなみに、自分の中での廃車の定義というものがある。何でもかんででも捨てられている車が廃車ということではないと考えるのだ。まず、ナンバープレートが無いこと。あったとしてもボロボロで完全に廃車と分かること。車の修理工場などの裏に集積されていないこと。それは部品取りかスクラップ待ちであり、廃とは言えないからだ。
他にもいくつかあるが大きく分けてこんなところだろう。

ちなみに自分は車に詳しくない。なので、どこで見つけたのか、思い出話のように紹介する。


haisya002.jpg
これを見つけたのは九州に廃墟旅に出かけたときだった。


haisya003.jpg
なんとも異彩を放つこの廃車に惹きつけられて、廃墟から帰ろうとしていた自分をこいつは止めた。


haisya004.jpg
近づいてみればもう一台青い廃車もある。


haisya005.jpg
いい表情をしている。


haisya006.jpg
もう放置されて長いのだろう。草にだいぶ侵食されて朽ちようとしている。


haisya007.jpg
エンジンルームも、もう動く気配はない。


haisya008.jpg
廃車と塔。あの塔は「針尾無線通信所」だ。いずれ紹介しようと思う。


haisya010.jpg
内装は使えそうなものは取ったらしい。


haisya011.jpg
畑の一角に異彩を放ちながら存在していた。


haisya014.jpg
茨城のある廃病院へ向かう道すがら、薄暗い峠道を走っているとそいつはいた。
この廃車は三菱「ミニキャブ」という車種らしい。


haisya016.jpg
最後に走ったのはいつだったのか。なぜそこにいなければならなくなったのか。


haisya020.jpg
ロゴ。


haisya021.jpg
現役の車が道を通るのを見守っているかのように、もの悲しく存在していた。


haisya022.jpg
埼玉県のある峠の廃墟へ行った帰り道、その廃車達に出会った。


haisya024.jpg
「クラウン」と書いてある。でもクラウンなんて車種がいっぱいあるのでどの時代のものか分からない。


haisya025.jpg
エンブレム


haisya028.jpg
まさに草ヒロ。


haisya030.jpg
草むらの中に沈み込むように存在する。


haisya031.jpg
そのクラウンの近くには違う廃車が二台。


haisya032.jpg
赤さびてしまっている。


haisya033.jpg
窓が割れていて中に雨が入り込んだのだろう。内部も埃がたまっている。


haisya034.jpg
近くに車屋も無いし、なんで放置されているのだろう。


haisya035.jpg
夏草があたりを包みこむ。


haisya039.jpg
ホンダのロゴ。


haisya040.jpg
廃車は見る角度を変えてみると表情が変わる。


haisya041.jpg
いろいろな角度から見てみるのが良いだろう。


haisya042.jpg
動かない時間の中に今もなお。


haisya045.jpg
ある夏の記憶。


haisya046.jpg
白いフレームだけを残して動かない者がいた。


haisya047.jpg
これがあるのは栃木県の足尾銅山、「新梨子湯力発電所」だ。


haisya048.jpg
冬のある日のことであり、周りの木々同様寒々しい姿だった。


haisya052.jpg
だが、冬の斜陽を受けて白いフレームが輝いているように見えた。


haisya057.jpg
強い存在感を放つ廃車だった。


haisya059.jpg
そしてその近くには落葉に埋もれたバイク。


haisya060.jpg
ずいぶん古い形だ。


haisya061.jpg
セピアな廃車。


haisya062.jpg
これは別の場所。足尾銅山の鉱山住宅廃墟群がある場所に存在しているバイク達。


haisya063.jpg
銃撃を浴びたようになっている廃車を発見した。
ここは東京都八丈島の廃墟である。地下壕探索の際の出来事だ。


haisya064.jpg
丸く赤さびた場所が特徴的な模様のようになっている。


haisya066.jpg
ホワイトハウスのような廃墟に廃車が一台。


haisya068.jpg
この世の終末のような風景だ。


haisya069.jpg
傍らにはスズキのキャリーが死んでいる。


haisya070.jpg
まるで事故を起こしたようだ。


haisya071.jpg
八丈島は風が強く、自分が行ったときも嵐のようだった。風に飛ばされた何かがフロントガラスを割ったのだろうか。


haisya073.jpg
長野県は諏訪湖の近くの道でこいつを発見した。


haisya074.jpg
いい雰囲気を放つそいつは、雨の雫でさらにいい感じになっている。


haisya075.jpg
ただ放置されているようなものではなく、事故車両のようにへこんでいる。


haisya077.jpg
内装もボロボロだ。


haisya078.jpg
長い間放置されたのか、タイヤが半分土に埋まっている。


haisya079.jpg
ロゴ。


haisya080.jpg
諏訪湖に行ったら会いにいってほしい。


haisya081.jpg
その草ヒロは、あなたの来ることを待っていることだろう。


haisya082.jpg
かっこいい白い草ヒロがあった。
これは埼玉県のある田舎で発見した。


haisya083.jpg
こんな形の車は好きだ。スーパーカーというわけではないが、流線型のフレームでスピード感がある。


haisya084.jpg
以前は力強く道路を走っていたのだろう。今は田んぼを見つめ続けている。


haisya085.jpg
これも埼玉で見つけた。
畑の傍らにちょこんと鎮座している。


haisya086.jpg
白い車体に赤錆が全体に回ろうとしている。


haisya087.jpg
こんな感じの廃車はこのごろ少なくなったと感じる。


haisya088.jpg
先ほど諏訪湖を近くにある廃車を紹介したが、こちらは諏訪湖から50メートルほどしか離れていない。


haisya089.jpg
バスというのはそれほど珍しくない。日本各地に廃バスが存在する。


haisya091.jpg
レトロな車両だと感じる。


haisya092.jpg
乗ってみることにしよう。


haisya093.jpg
運転席は草に侵食されている。


haisya094.jpg
座席取り払われて、今は物置のように使われている。
乗客を乗せて走り回っていた当時の記憶をたどることは出来ない。


haisya095.jpg
北海道の広大な台地を車で走っていると、そいつはいた。


haisya096.jpg
一目見ると、それは朽ちたトラックだとわかった。


haisya097.jpg
車というより、もうくず鉄のようになってしまっている。


haisya098.jpg
だいぶ古い型のトラックだと気づく。


haisya099.jpg
こんな形のトラックそうそう走っていないだろう。


haisya100.jpg
計器も見たことも無い形式だ。


haisya101.jpg
よく見ると荷台にもう一台の廃車を乗せている。


haisya102.jpg
E2300とロゴがある。調べてみると、結構珍しい車種らしい。


haisya103.jpg
朽ちたドアが開きっぱなしになっている。


haisya104.jpg
だいぶ長い年月が過ぎたことだろう。


haisya105.jpg
車が潰されている。


haisya106.jpg
Nと入ったロゴ。


haisya107.jpg
エンジンルームも露出している。


haisya108.jpg
冬には雪に完全に覆われてしまう北の大地。


haisya110.jpg
そこにも廃車は存在した。


haisya113.jpg
この形の廃車は日本各地で見る。


haisya114.jpg
これもそのひとつ。


haisya115.jpg
北海道のある海岸で海をにらんで動かない者。


haisya117.jpg
窓ガラスも無い。


haisya118.jpg
草ヒロならぬ海岸のヒーロー。


haisya119.jpg
日産の車両らしい。


haisya120.jpg
車内はごみだらけだ。


haisya121.jpg
廃車とは思えないような存在感を放っていた。


haisya122.jpg
朽ち果ててフレームも崩れ落ちようとしている廃車。


haisya124.jpg
崩壊が激しい。


haisya125.jpg
マイクロバスのような廃車だ。


haisya126.jpg
広い寒々しい草原の中にただ一人。


haisya127.jpg
乗せるものも絶えたドア。


haisya128.jpg
誰も注目するものもいないのだろう。


haisya130.jpg
今はただ静かに眠る。


haisya131.jpg
遠くのほうに一台の廃車。


haisya133.jpg
もう自然の一部のようになっている。


haisya135.jpg
ここは「朝鮮トンネル」というバケトンの近くだ。こんなところまでどうやって持ってきたのか不思議に思ったものだ。


haisya136.jpg
某宗教施設廃墟の敷地内。そこにこいつは存在していた。


haisya137.jpg
まったく人の来ない場所である。


haisya138.jpg
決して動くことの無いその草ヒロは、永遠の時を過ごすことだろう。


haisya139.jpg
ある廃墟の内部に存在している廃車。


haisya140.jpg
ルパンが乗ってそうな廃車もあった。


haisya141.jpg
群馬県の廃スキー場に存在する軽トラック。


haisya143.jpg
これも自然に溶け込むように存在するバス。


haisya144.jpg
すすき野の中に草ヒロがいた。


haisya145.jpg
ジープのような車両だ。


haisya146.jpg
道路維持作業車と書いてあった。


haisya149.jpg
茨城県の某所に存在する廃車。今にも動きそうな感じがした。

いかがだっただろうか。
ここに紹介したのは日本全国に存在する廃車のほんの一部である。みなさんも少し目を凝らしてみてほしい。草むらのヒーロー達は以外に近くに存在しているものである。

草ヒロたちは今も、悠久の時の中を走り続けているのだろう。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2015/08/30(日) 10:38:12|
  2. 廃車館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【戦争遺跡】川棚魚雷発射試験場

平和な時代に語りかける者達

川棚魚雷発射試験場
kawadana1.jpg
まだ夜も明けやらぬ薄暗い海。長崎県は大村湾内にその廃墟はある。
今回紹介するのは、大日本帝国海軍が使用した魚雷の、発射試験場跡でる。

それは、終戦から70年以上たった今でも、何かを語りかけるように存在していた。


kawadana2.jpg
見晴らしの良い高台から海を見下ろすと、特徴的な構造物が見て取れた。どうやらあれが目標のものらしい。


kawadana3.jpg
海の上に突き出すように存在している。


kawadana4.jpg
近づいてみると、ちょうど日が昇ってきた。朝日を受けて無機質な塔は明るく輝き始める。


kawadana5.jpg
塔に続く道を歩いていると、隣に神殿のような建物が現れた。これも遺構の一つで、魚雷を発射する前に調整するための施設だったようだ。


kawadana6.jpg
L字に折れ曲がった道が海の上に伸びている。

ここでこの施設の紹介を軽くしておこう。
この長崎という場所には海軍にとって非常に重要な施設が存在していた。それが佐世保鎮守府である。この佐世保鎮守府の近くには、佐世保海軍工廠という海軍の巨大工場が存在し、ここで多くの兵器が製造された。そのなかには魚雷も含まれていた。魚雷とは、魚型水雷の略称で、水中を走行し、艦船の水面下に衝突し、爆発して破孔を開けるための兵器である。その特性上、水中をうまく走行するかどうか試験する必要があった。その結果、佐世保海軍工廠で製造された魚雷の発射試験場が、大正7年(1918年)にこの地に建設されたのだ。
この場所は片島という元々は島だった場所なのだが、大東亜戦争勃発後の昭和17年(1942年)、この川棚に佐世保海軍工廠の分廠が設置されたことに伴い、試験場の施設が拡張され、片島は海峡が埋め立てられ、地続きの半島になったそうだ。


kawadana7.jpg
コンクリートの台上には、レールが設置されていたであろう跡が残っていた。


kawadana8.jpg
ふとみると、会場に箱のような遺構が見て取れた。あれは魚雷を監視するための施設の跡だ。


kawadana9.jpg
朝の陽光が雲間から海へと落ちる。


kawadana10.jpg
L字の台上を渡って行くと穴の空いた四角いものがあった。おそらくは海上に魚雷を着水させるためのクレーンの跡だと思われる。


kawadana11.jpg
横には海上に降りるための階段がある。ここに短艇などが横付けされたのだろう。


kawadana12.jpg
塔まで来た。
島影から朝日が顔を覗かせる。非常に眩しい。


kawadana13.jpg
70年という時の長さを思わせる光景。大崩落している。


kawadana14.jpg
塔を見る。本来は左右に建っていたのだというが、右の塔は崩落してしまったのだろう。一部しか現在は残っていない。
この場所は良い釣り場になっている。


kawadana15.jpg
先ほどの監視場もここから見える。


kawadana16.jpg
異様な光景にも見えるが、ごく自然にも見える。


kawadana17.jpg
魚雷調整場に目をやる。やはり神殿のような作りに圧倒される。


kawadana18.jpg
再び塔へ。大正の建築によくある、簡素だが機能的な建造物だ。


kawadana19.jpg
内部を観察してみよう。


kawadana20.jpg
と、その前に特徴的な遺構。おそらくここに魚雷を着水させ発射していたのだろう。溝は開閉式の扉と思われる。


kawadana21.jpg
内部の様子。二回部分はなくなり、ぶち抜きの空間になっていた。


kawadana22.jpg
レンガで壁を作り、その上からコンクリートで塗り固めたようだ。


kawadana23.jpg
島々が観察できる。


kawadana25.jpg
丸い空間からは大村湾の凪いだ海が雄大に広がる。


kawadana26.jpg
そしてあの四角い遺構も。


kawadana27.jpg
そろそろ別の場所を見に行こう。


kawadana28.jpg
正面から調整場を見る。


kawadana29.jpg
奥の道を進み、監視場へ近づく。


kawadana30.jpg
途中侵食されて道が崩落していた。


kawadana31.jpg
近くまで来た。監視場まで行く道は、存在しなかった。


kawadana32.jpg
海面に降り注ぐ光の柱。
日本の様々な場所に旅してきたが、自然の見せる表情は一度として同じことは無かった。一期一会の出会いは常に感動をもたらしてくれる。ここでも、そんな自然の一面が、ごく当たり前に存在した。


kawadana33.jpg
そしてその自然の中に、不自然な遺構は何故か神々しくも映った。


kawadana34.jpg
監視場を後にし、調整場へ。先ほどの台上の見事なアーチが見える。


kawadana35.jpg
この施設は軍事的な遺構とは思えないような構造をしている。


kawadana36.jpg
隣に小さめの建物。


kawadana37.jpg
教会か何かの遺構と言っても信じるだろう。


kawadana38.jpg
この見事なレンガと石積みの構造。手を入れて保存されてしかるべきだと思うが
そういえば軍艦島が世界遺産になるようだ。複雑な気持ちである。


kawadana39.jpg
さっそく内部へ入ってみよう。


kawadana40.jpg
内部の様子。白いタイルが異空間に色をつける。天井はすでに無い。


kawadana41.jpg
天井のない空には鳶と思う鳥が飛んでいた。


kawadana42.jpg
当時を思わせるようなものは何もない。ただ、静寂に包まれた空間があるだけだ。


kawadana43.jpg
当時の最先端だった魚雷を調整する施設は、現在は自然と一体化しつつある。


kawadana44.jpg
時間の無常さを確かめながら更に奥へ。


kawadana45.jpg
やはりここにも何もない。


kawadana46.jpg
一本の木の成長は、忘れられた場所を象徴するかのようだ。


kawadana47.jpg
この窓枠も実に芸術的だ。


kawadana48.jpg
室内には、今では何に使うのか分からない物が幾つか。


kawadana49.jpg
壁には碍子が残る。


kawadana50.jpg
戦場遺跡にはありがちな光景だが、あの時代をこんなふうに放置してしまって良いものだろうかと考えてしまう。


kawadana51.jpg
長い年月が「戦後」と言われて流れ過ぎた。その年月の中に戦争遺跡は取り残されている。


kawadana52.jpg
今戦争遺跡の痛みは激しく、崩落の危機にある。


kawadana53.jpg
戦後70年を迎えた現在。


kawadana54.jpg
もう一度これらの遺跡の声なき声に耳を傾けてみよう。


kawadana55.jpg
そうすれば、この国がかつて大戦争の渦中にあったことを再認識出来るはずだ。
そうすれば、この平和な時代がいかにして成り立ち、そのために散っていった多くの英霊の声を聞くことが出来るだろう。


kawadana58.jpg
そんなことを思いつつこの地を後にする。


kawadana59.jpg
悠遠の神世より降り注ぐ光の柱は、静かに朝の大村湾を照らしだしていた。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。

さぁ行こう!自分の目で時代を確かめに!
  1. 2015/08/10(月) 22:06:27|
  2. 戦争遺跡・地下壕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村