廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【廃病院】生き残りの医院

こんな廃病院は日本にいくつもあるんだろうな

生き残りの医院
Siin164_R.jpg
さて、日本にこのような廃病院はいくつ残されているだろうか?いかにも戦前からあるような木造の診療所。中身は見ないでもわかるような、待合室や古めかしい薬瓶置き場、素晴らしい手術室など、廃墟探索者を飽きさせない内容だろう。
しかしながら、昨今の廃墟に対する風当たりは非常に厳しい。戦前から今まで取り壊しの対象になっていなかったのに、今になって更地へと変わってしまう、そのような廃墟が多い。それも、最高級と思えるような廃墟ばかりだ。かつて最高と言われた廃墟、【小曲園】や【蛤診療所】も今は伝説となり、また、現在進行形で伝説になろうとしている廃墟が多いのだ。
こと廃病院は取り壊しの対象になりやすい。たいして歴史的な建造物でもないし、今まで取り壊しの対象になっていなかったのが不思議なくらいだ。だが、廃墟探索者としては、寂しい限りなのだ。

この廃墟もそんな廃病院の一つだ。



Siin166_R.jpg
今や絶滅危惧種に指定されたこの種の廃墟は、実は建造物的に見てもかなり重要なもののように思える。今まで見てきた廃墟と今ある歴史的価値のある保存建造物の差は、そんなに無い。あるとすれば、その場所が歴史を左右したかどうかだろう。
著名人が住んでいたわけでもなく、重要な会談があったわでもない廃墟など、多くの人の目からはボロボロの心霊スポットくらいにしか映らないのだろう。



Siin005_R.jpg
だが、歴史はどんな建物にも存在する。この廃墟にだって様々なドラマがあったはずだ。
今となってはわからないが。


Siin006_R.jpg
早速中に入ってみよう。


Siin008_R.jpg
控室と書かれた部屋


Siin009_R.jpg



Siin012_R.jpg



Siin017_R.jpg



Siin016_R.jpg
診療券。これを手に診察を待つ誰かがいたのだろう。


Siin013_R.jpg
この廃墟で一番の美しい部屋へ。


Siin018_R.jpg
さぁ、廃の美術館へご招待します。


Siin019_R.jpg



Siin020_R.jpg



Siin022_R.jpg



Siin023_R.jpg



Siin024_R.jpg



Siin028_R.jpg



Siin031_R.jpg
この椅子が先生の椅子だったのだろうということは容易に想像できる。しかし、その先生が現在どうなってしまったのか、どうしてこの診療所を残していなくなってしまったのかは、想像してもわからないことだ。


Siin033_R.jpg
透明な瓶には当時の蒸留水が残る。いつまでもここにあり続けてほしい。


Siin035_R.jpg



Siin037_R.jpg
奥の部屋に魅惑の空間がある。


Siin043_R.jpg
心霊を信じる人にとっては恐怖の現場だろう。これほど人の生き死にに関わる部屋もない。


Siin041_R.jpg
だがこれほど神秘的かつ科学的な空間もない。人がこの空間を見るときに感じる感情は、まさに千差万別だ。


Siin050_R.jpg



Siin053_R.jpg
奥に続く廊下。


Siin054_R.jpg
煙草盆がある。


Siin056_R.jpg
闇と光の空間。


Siin059_R.jpg
自然光とはかくも明るく周りを照らすものなのだ。


Siin060_R.jpg



Siin064_R.jpg



Siin067_R.jpg



Siin069_R.jpg
物が乱雑にまき散らされている部屋


Siin070_R.jpg



Siin072_R.jpg
古いカレンダーだが、これがあるおかげで、この廃墟がいつまで現役だったかを知ることが出来るのだ。


Siin073_R.jpg
薬を受け渡すための小窓。趣がある。


Siin075_R.jpg



Siin078_R.jpg



Siin081_R.jpg
薬棚。


Siin086_R.jpg



Siin088_R.jpg



Siin098_R.jpg



Siin102_R.jpg
何も映さない四角いボックス。


Siin105_R.jpg



Siin109_R.jpg
古い診療所ではこの手の光景をよく見る。いい感じだ。


Siin111_R.jpg



Siin114_R.jpg
時計の針が無い。この世界が、実はすべて幻想と我々の想像でしかないことを教えてくれているのだろうか?


Siin117_R.jpg



Siin120_R.jpg



Siin129_R.jpg



Siin133_R.jpg



Siin135_R.jpg
ガラスの割れたその先に。


Siin136_R.jpg
また割れたガラスがあるよ。その先は。


Siin137_R.jpg
記憶を残す機械も、いつかは記憶になっていく。


Siin146_R.jpg



Siin149_R.jpg
診療券の裏側は遠い昔の言葉で溢れている。


Siin153_R.jpg



Siin144_R.jpg
必要なものがこの世に残り続けることは必然。なら必然的に不必要なものは消えていくことになる。廃墟は一見すると不必要なものだ。


Siin145_R.jpg
奇跡的に現在まで残る各地の廃墟は、過酷な現実を乗り越えた『生き残り』たちだ。


Siin163_R.jpg
生き残っている者たちがいつまでもそこにいると思ってはいけない。次の瞬間にはいなくなっていても不思議ではないのだ。
いなくなってしまってからでは全てが遅すぎる。それは、人も廃墟も同じことだ。

この目で見て、この身で感じて、彼らの最後を記憶に焼き付ける旅を続けていこう。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!あと、自分のうちは幽霊が出る等でも構いません。

また、廃墟や心霊スポットに行きたいけど行けない!そんな方もご連絡ください。もしよろしければ、ご一緒しませんか?要望に応えられる範囲で、日本全国どこにでも行きますよ。


@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/05(金) 22:32:21|
  2. 廃病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。