廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【廃村】岳集落

思い出は遠くの日々

岳集落
sairenn1.jpg
とある夏の記憶
埼玉県の秩父の奥地は廃村がひしめいている。過疎化が進む昨今ではさほど珍しくないのかも知れないが、誰もいない集落には、人をひきつける何かがある。そんな魅力に引き付けられて、山の奥へ通じる小道をひたすら進んでいた。


sairenn3.jpg
夏の太陽に照らされて濃い緑色に染まった森の中、異様な空間が現れた。


sairenn4.jpg
今にも崩落しそうな建物。どうやら到着したようだ。


sairenn5.jpg
建物の造りや細工の施し方は、これが近代に建てられたのではないことを物語る。


sairenn6.jpg
この場所でずっと昔から人は暮らしていた。


sairenn7.jpg
そして居なくなった。


sairennn8.jpg
人が居なくなるとあっという間に思い出の建物は廃墟に変わる。


sairenn9.jpg
そして朽ち果てていく。


sairenn10.jpg
廃村はそんな朽ち果てるものたちの集合体だ。


sairenn11.jpg
強い残留思念が残っている。そんなものがここへ人を引き付けるのだろう。


sairenn12.jpg
そういえば、この廃村は「SIREN」というゲームのモデルなのだそうだ。
このゲームはあまりやったことがないが、廃墟のような建物が出てきたことは記憶にある


sairenn13.jpg
確かに夜きたら不気味な雰囲気はよりいっそう増すだろうな


sairenn14.jpg
何件かある木造の廃屋。


sairenn15.jpg
古民家として復活できるんじゃないか?


sairenn16.jpg
いや、無理そうだ。


sairenn17.jpg
内部へ入ってみよう。


sairenn18.jpg
当時の生活用品が散乱している


sairenn19.jpg
どうしてこんなに物が残っているのだろうか。この家の主は忽然と消えてしまったのか


sairenn20.jpg
真相はわからない。調べたくもない


sairenn22.jpg
ただ今は誰も居ない


sairenn23.jpg
この残留物たちもいつか消えてなくのだろう。


sairenn24.jpg
思い出とともに消えてなくなる


sairenn25.jpg
でも、こうして自分が写真に納めておけば、いつか消えてなくなっても誰かの記憶にはとどまり続けるかな


sairenn26.jpg
すでに解体済みの建物もあるようだ


sairenn27.jpg
リヤカーだろうか


sairenn28.jpg
人が暮らし、そして居なくなる


sairenn29.jpg
いつか世界中に訪れる終焉の風景


sairenn30.jpg
日常の風景の裏側には、ひっそりとした終わりの風景が広がっているようだ

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。

今年も夏がやってくる
  1. 2015/03/08(日) 16:59:27|
  2. 廃村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<【廃病院】東洋診療所 | ホーム | 【心霊スポット】矢板トンネル>>

コメント

更新お疲れ様でした!
埼玉は地元ですがこのような場所があるとは、知りませんでした…
サイレンのモデルと言われれば確かに納得できる場所ですね
  1. 2015/03/11(水) 17:05:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/14(木) 22:15:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/15(金) 22:09:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

放置車とか廃車はありませんでしたか?
ある程度答えられるけど・・・
  1. 2015/05/24(日) 11:20:42 |
  2. URL |
  3. FUGA #43mdhuVM
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/29(金) 20:12:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/01/08(金) 23:17:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/122-d30e5737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。