廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【宿泊系廃墟】洗心寮

謎の巨大金庫に迫る

洗心寮
sennsinn1.jpg
富士山の周辺には当然ながら富士五湖といわれる湖が存在している。その富士五湖のいたるところに廃墟があるのだ。湖はレジャー関係で人が集まる。人が集まる場所はホテルや娯楽系の建築物が作られる。それらの中には、廃墟になってしまうものもある。今は無き伝説の廃墟である【小曲園】もこの地にあった。
今回紹介するのは、富士五湖の一つである山中湖の畔に建っている廃墟だ。かつて三洋証券という証券会社があった。しかし、バブル崩壊後に多くの会社がそうであったように多額の負債を抱えて倒産し、現在はなくなっている。その三洋証券の保養所として使われていたのが、この廃墟だ。もうずいぶん前から有名であった廃墟である。

今回初めてこの場所に来たのだが、その全貌を紹介したい。


sennsinn2.jpg
この場所に建ち続けていた廃墟だが、その間にたくさんのことがあったようだ。みためから二階の崩壊が激しい。放火かなにかあったようだ。


sennsinn3.jpg
ドアが開いている。ちょっと入ってみよう。


sennsinn4.jpg
だが、入った場所は行き止まりだった。


sennsinn5.jpg
違う扉から侵入する。


sennsinn6.jpg
するとそこは厨房の裏扉だったようだ。


sennsinn7.jpg
もう使われることのないであろう食器が暇を持て余す。


sennsinn8.jpg
開放的な場所に出た。


sennsinn9.jpg
暖炉もある。


sennsinn10.jpg
当時はこの場所でパーティーでも開いていたのだろうか。


sennsinn11.jpg
今は椅子が寂しく置いてあるだけだ。


sennsinn12.jpg
出たな!この落書きに書かれた「KUKUL」という人はたくさんの廃墟にこの痕跡を残している。しかし、存在は謎である。誰か情報をお持ちの方いませんかね?


sennsinn13.jpg
薄暗い廊下。


sennsinn14.jpg
2014年に書かれた落書きだ。


sennsinn15.jpg
一階に通じている階段。ここが本来の入り口らしい。


sennsinn16.jpg
この場所から見える景色。かなりのいい景色だ。


sennsinn17.jpg
おっと、女神さま的同人誌発見。


sennsinn18.jpg
細い階段を上り二階に行く。


sennsinn19.jpg
二階はかなり荒れているようだ。


sennsinn20.jpg
ぽろぽろと崩れてしまう床。


sennsinn21.jpg
壁が煤で黒くなっている。割れた窓から光が差し込む。


sennsinn22.jpg
一瞬身じろぎしてしまった。ちょっと怖い廊下。


sennsinn23.jpg
雰囲気たっぷりな廊下の先の部屋に入る。


sennsinn24.jpg
部屋はご覧の有様だ。


sennsinn25.jpg
室内は全焼している。そこから湖が見える。


sennsinn26.jpg
鉄製の扉は、まるで自分を閉じ込めるかのような存在感を出している。


sennsinn27.jpg
扉の先。なにか妖怪でも出てきそうな雰囲気だ。


sennsinn28.jpg
保養所というだけあって部屋がいくつもある。


sennsinn29.jpg
いい感じの部屋だ。会社の保養所というのはこんな感じなのか。当時財力を持っていた会社の名残りを感じられる。


sennsinn30.jpg
再び廊下に出る。


sennsinn31.jpg
先ほどとは違う白い壁だ。


sennsinn32.jpg
割れた窓から螺旋階段が見える。


sennsinn33.jpg
この部屋は二段ベットが並べられている。


sennsinn34.jpg
静か時間が流れていた。


sennsinn35.jpg
ふと二階から下を見ると一軒家のようなものがある。直感で、離れだな。と思った。


sennsinn36.jpg
ぼろぼろの木製の廊下が先に伸びている。


sennsinn37.jpg
たぶん会社のお偉いさんのためのものだったのではないだろうか。


sennsinn38.jpg
以上で室内の探索を終了して外に出る。


sennsinn39.jpg
実はこの廃墟には別に有名なものが存在している。ものすごく頑丈に作られた金庫があるのだ。正確には金庫のようなものなのだが、核シェルターにも見える。


sennsinn40.jpg
そして、コンクリートに囲まれた一角に四角い入り口が表れた。


sennsinn41.jpg
コンクリート打ちっぱなしの細い廊下が続いていた。


sennsinn42.jpg
ものすごく異様な空間だ。これはいったい何のために築かれたのか。


sennsinn43.jpg
そして一番奥にそれはあった。


sennsinn44.jpg
フラッシュを焚いているので明るいが実際は真っ暗だ。一瞬フラッシュの先に浮かび上がった分厚い鉄製の扉はなんとも不気味だ。扉の内部の壁には謎の模様がある。会社のマークを貼ってあるだけらしいのだが、宗教施設のような雰囲気を醸し出している。
こんな状況で内部に入って扉が閉じてしまったらと思うと、どうしてもこの扉の中に入ることは出来なかった。


sennsinn45.jpg
これが本当は何であったのかはわからない。
全てのことは、バブル崩壊と共に失われた記憶となって漂っている。



おまけsennsinn46.jpg
廃墟ウォーカーのステッカー。手が込んでいるな。これと同じようなものを栃木の足尾銅山でも見たぞ。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2015/05/31(日) 15:15:20|
  2. 宿泊系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<【一軒家系廃墟】ステンドグラスと木漏れ日と | ホーム | 【不思議系廃墟】草原の中の幻想>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/05/31(日) 19:49:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

この気味の悪さが相変わらず面白いです。
  1. 2015/06/02(火) 07:21:03 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/07/10(金) 19:54:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/07/23(木) 18:21:54 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

最近、廃墟walker kukulさんと思われる方のTwitterを発見しました
  1. 2016/10/22(土) 02:51:50 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/132-d7cfbdad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村