廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【産業遺産】羽幌炭鉱廃墟群・築別炭鉱住宅

ただただ自然が歴史を包み込む

羽幌炭鉱廃墟群・築別炭鉱住宅tikubetu012.jpg
羽幌本坑から少し離れた場所に築別炭坑区がある。発電所跡の煙突がシンボルになっているが、ここに来る前にもこれから紹介する【太陽小学校】や【築別炭坑鉄道】の遺構が目に入ってくる。すれらをいったんスルーして、一番奥に存在するこの場所までたどり着いたのだ。


tikubetu013.jpg
 この場所にはかつて大勢の人の営みがあったのだのだろう。


tikubetu014.jpg
 だが現在は大自然の中に埋没しようとしている。


tikubetu015.jpg
 数ある炭坑の遺構は、かつての人々の息遣いを今に伝える貴重な証言者達なのだ。


tikubetu016.jpg
 これは消防署の後だそうだ。これも以前に写真で見たことがあるのだが、ここまでボロボロではなかった。かなり劣化が進んでいる。


tikubetu018.jpg
 そして、いきなり近代的な集合住宅が眼前に現れた。
 この場所は築別炭坑に働く人たちとその家族のための住居として建築されたものだ。だが、建築されたはいいがほとんど使用されることはなく、無人のまま現在に至るらしい。新しそうに見えるが、建築されらのは昭和30年代のようで、もうだいぶ歳をとっている。当時の夢のあとは今も訪れる人に幻想という夢を見させているようだ。


tikubetu019.jpg
 ふとみると壁に弾痕。日本ではないような光景にびっくりする。


tikubetu020.jpg
 そういえばどことなく放棄されたプリピャチ地区に雰囲気が似ている。人類の居なくなった地は同じような光景になるようだ。


tikubetu021.jpg
 地面は冬の間深い雪に覆われていたのでいたので低い草木は倒され平らになっている。雪解け水で湿地帯のようだ。


tikubetu022.jpg
 煙突と消防署。


tikubetu023.jpg
 人の姿が全くないこの廃墟は、いつしか心霊スポットとなっていた。確かに夜来たら相当不気味に見えるだろう。しかし、同時に神秘的にも見えるだろう。ようは、それをどのように見て感じるかによって、廃墟は美しくもなり不気味にもなるのだ。物の見方を別の方向から見てみたら、意外な光景に出会うこともあるだろう。


tikubetu024.jpg
 廃墟だからなんでも不気味で心霊スポットだというのは待ってほしい。今まで500件くらい廃墟に行ってきたし心霊スポットにも100件くらいいったが幽霊など一回も見たことはない。ようは、幽霊なんて廃墟にはいないんだ。


tikubetu025.jpg
 ただ、おかしなことや不気味なことはいくらでもあったので、完全に心霊現象がないということはできないのでが・・・
 機会があればお話ししたい。


tikubetu026.jpg
 錆びた梯子が屋上に伸びている。


tikubetu027.jpg
 建物の裏手に回ってきた。


tikubetu028.jpg
 それでは、一棟に入ってみよう。


tikubetu029.jpg
 鉄筋コンクリートの建物は普通のアパートに見えるが、建てられた年代を考えると当時の最新住居だったことがうかがえる。軍艦島(端島)や松尾鉱山アパートもそうだが、当時の炭坑は本当に成長産業で儲かっていたのだろう。今からは感じることのできない、夢の跡なのだ。


tikubetu030.jpg
 外見が新目に見える反面、内部はかなりの惨状だ。


tikubetu031.jpg
 窓ガラスもほとんど割れている。


tikubetu032.jpg
 あまり使われていないという話は本当のようで、人が暮らした痕跡は僅かしか見つけることはできなかった。


tikubetu033.jpg
 別の部屋に行ってみよう。


tikubetu034.jpg
 螺旋階段のようになっている。


tikubetu035.jpg
 外されているドア。


tikubetu036.jpg
 そういえば【峰之沢鉱山アパート】もこんなドアだった。


tikubetu037.jpg
 最上階の部屋。比較的綺麗だ。


tikubetu038.jpg
 まだ肌寒い日だったが、差し込む日の光は暖かい。


tikubetu039.jpg
 向かいの棟が見える。ここから見ると確かに不気味な光景だ。


tikubetu041.jpg
 だがいずれ世界のどこもかしこもこのような光景になっていくのだから、この光景こそが未来の風景であるともいえる。


tikubetu043.jpg
 過去の産業遺産は未来を映す鏡でもある。我々が進むべき道の先には莫大な数の廃墟が存在している。このエネルギー大量消費社会を考えないさないのなら、遠くない未来には週末が訪れるだろう。


tikubetu047.jpg
 莫大な廃墟がどうなるかもわかっている。ただ雄大な自然がそれを飲み込んでいくのだろう。
 人類の歴史を儚い幻想に変えていく。

 近未来の光景に別れを告げて、次の廃墟へ向かうことにしよう。



おまけ

tikubetu044.jpg
 気になったのでさっきの弾痕を確認してみる。すると、弾丸が残っているようだ。


tikubetu045.jpg
 取り出してみるとマッシュルームのように潰れていた。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2015/11/07(土) 17:08:48|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【廃病院】羽幌炭鉱廃墟群・築別炭鉱病院 | ホーム | 【産業遺産】羽幌炭鉱廃墟群・羽幌炭鉱本坑>>

コメント

弾痕

東雲みょん様、更新ありがとうございます。
7枚目の画像、確かに弾痕ですね。数発撃ち込まれてます。
先端がつぶれてるという事は拳銃弾だと思いますが一体どういう事なんでしょうか?。ヤクザが試し撃ちしたとか。
  1. 2015/11/19(木) 00:17:43 |
  2. URL |
  3. 結城有無之助 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/138-8b021b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村