廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【産業遺産】旧豊後森機関庫

白銀のターンテーブル

旧豊後森機関庫
bunngo001.jpg
 昨夜から降り続いていた雪は早朝にはやんでいた。車中泊をしていたので、駐車場で目を覚ますとあたりはすっかり白銀の世界に変わっていたのだ。
そして、昔から一度は訪れたいと思っていた廃墟、「旧豊後森機関庫」も朝の冷気に包まれていた。


bunngo003.jpg
ここは九州の大分県である。
ちょうど朝もやの中を引き裂くように朝日が差し込み始めたこの場所は、日本でも屈指の有名廃墟であり、産業遺産のある場所だ。


bunngo005.jpg
遠くの山々は雪を被り、幻想的な情景を作り出す。


bunngo006.jpg
今回の廃墟を紹介したい。
この廃墟を見ても一見では何なのかわからない人もいるかもしれない。これは、鉄道遺産だ。


bunngo007.jpg
昔の鉄道といえば蒸気機関車が主流であった。この蒸気機関車というのは現在の電気機関車と違い明確に前後の区分がある。車両を格納庫へ格納しようとしたとき、前を向いて入れると、当然出すときはバックで出なくてはならなくなる。しかし、それを毎回全車やっていたのでは面倒だし、どこかで前に向けなくてはならないので効率が悪い。さらに、車両を並列に横に並べるような格納庫を作ると場所や分岐等の装置をたくさん作らないとならない。

そこで・・・


bunngo009.jpg
この装置である。これは「転車台」あるいはターンテーブルというものだ。
円形の装置はこれ自体360度回転する。つまり、この上に車両を載せて回してしまえば、戦車で言うところの超信地旋回をしているのと同じことになる。そして、線路と連接させておけばどこにでも車両を向けることが出来るようになるのだ。
さらに後方に見える格納庫にもひと工夫がある。このような格納庫は「扇形庫」という。転車台と組み合わせると場所をとらないで車両を効率よく格納できる。
このような転車台と扇形庫は国鉄時代に蒸気機関車が活躍していた時には多くの機関区で見ることが出来た。しかし、蒸気機関車が次第に電気機関車に代わって行くにつれて、転車台も扇形庫も姿を消していった。


bunngo010.jpg
現在九州にある転車台と扇形庫の組み合わせはこの豊後森機関庫だけになった。


bunngo013.jpg
第二次大戦中もこの機関庫は重要な交通の要点だった。


bunngo014.jpg
なので米軍機の空襲にあい、機銃掃射で三名の職員殉職者を出している。今もどこかに機銃掃射の跡があるようだが、自分は確認出来なかった。


bunngo015.jpg
現在この廃墟は近代産業遺産のみならず、国指定の登録有形文化財にも指定されており、その保存活動が進められている。


bunngo016.jpg
線路は撤去されてしまったが、この転車台だけでも残ってよかった。


bunngo017.jpg
降り積もった雪が特徴的な転車台の形状を際立たせている。


bunngo019.jpg
こちらは扇形庫。ライトアップされるようだ。


bunngo021.jpg
このような転車台は現存数は少ないが、中には実際に車両を載せて稼働する場所もあるので、興味があれば稼働しているものを見るのもよいだろう。


bunngo022.jpg
こちらは横壁。戦前の建物らしく窓枠が特徴的だ。


bunngo025.jpg
円形の柱が立ち並ぶ。


bunngo026.jpg
新雪を朝日が照らす。


bunngo027.jpg
錆びついたボックス。


bunngo028.jpg
廃墟というより神殿のような雰囲気だ。


bunngo029.jpg
天井は真っ黒だ。排煙のためだろうか。そして排煙のための装置がぶら下がる。


bunngo030.jpg
さぁ、本格的に日の光が差し込んできたぞ。


bunngo032.jpg
冬は太陽の光は弱くなるが、それでも力強い光の柱が出来る。何か光っているな。


bunngo033.jpg
この窓は言い表せないような風景を作ってくれる。


bunngo034.jpg
町は急速に目覚めの時を迎える。


bunngo035.jpg
良い廃墟には良い窓がある。


bunngo036.jpg
全国廃墟窓遺産でも作ろうか。


bunngo038.jpg
倉庫。


bunngo039.jpg
仕切りの向うに行ってみよう。


bunngo040.jpg
そこはさらに広い空間だ。


bunngo041.jpg
窓もずらりと円形に並んでいる。


bunngo042.jpg
ガラスがない場所には植物が巻き付いている。


bunngo044.jpg
白と黒の世界。


bunngo045.jpg
放射状に延びる光の柱。


bunngo046.jpg
朝のほんの少しの時間しか出会うことのできない瞬間。


bunngo047.jpg
まさに奇跡の瞬間に出会いた。


bunngo048.jpg
かつてはこの場所にたくさんの蒸気機関車が格納されていた。


bunngo049.jpg
現在はわずかな名残りしか残っていない。


bunngo051.jpg
だが、全てが無くなったわけではない。


bunngo052.jpg
こうして機関庫が残っていることが奇跡なのだ。


bunngo054.jpg
この風景を後世に残していく。


bunngo055.jpg
それは素晴らしいことだ。


bunngo056.jpg
熱を帯びた光で雪は少しづつ溶けてきたようだ。


bunngo059.jpg
シンメトリーで美しい光景。


bunngo060.jpg
明るさが増す。


bunngo062.jpg
強さを増す光の柱。


bunngo063.jpg
『旧和賀川水力発電所』でも感じた窓枠のマジックがここでも見られそうだ。


bunngo064.jpg
明け放たれたドア。


bunngo065.jpg
一部窓枠が外れている。


bunngo066.jpg
柱には様々な機器が残されている。


bunngo068.jpg
かつての働きが感じられる。


bunngo069.jpg
鉄道遺産らしいものも転がっている。


bunngo070.jpg
少しあったかくなってきたかな。


bunngo071.jpg
この場所にいればいるほど姿を変えていく風景。


bunngo072.jpg
一部では明暗が色濃くなる。


bunngo073.jpg
車輪。


bunngo074.jpg
眩しい。


bunngo075.jpg
この時間を大切にしたい。


bunngo076.jpg
シャッターを切り続けよう。


bunngo078.jpg
円形が広角レンズのような光景を作り出す。


bunngo082.jpg
奥に転車台が見える。


bunngo084.jpg
窓枠を余すところなく見てみよう。


bunngo085.jpg
産業は安全第一。


bunngo086.jpg
『新梨子油力発電所』で同じような光景を見たな。


bunngo087.jpg
無機質な廃墟に光が降り注ぐ。


bunngo088.jpg
床。どうやら木材ブロックのようだ。


bunngo089.jpg
自分を大切に。


bunngo090.jpg
あ、なんて神々しいのだろう・・・


bunngo093.jpg
九州にいるのに、もうすでに次の旅に意識が向いていく。旅愁は尽きることがない。


bunngo094.jpg
今はあまり見ることが出来ないモダンなライトカバー。


bunngo096.jpg
田野も山岳も町も雪化粧している。


bunngo097.jpg
ずいぶんと明るくなってきた。


bunngo099.jpg
別の倉庫があった。ここは鉄道関係の物が散乱している。


bunngo100.jpg
ここも近代遺産としての整備が進めば消えていくのだろうか。


bunngo101.jpg
少し悲しい気持ちになる。


bunngo102.jpg
光の世界へ。


bunngo103.jpg
強い光の柱が伸びている。


bunngo104.jpg
窓の外もさらに白くなっている。


bunngo105.jpg
梯子があるので上に登ってみよう。


bunngo106.jpg
わずかな足場にも雪が積もっている。


bunngo108.jpg
上からは全体が見渡せる。太い鉄骨が伸びている。


bunngo109.jpg
ここからは雪も放射状に吹き込んでいる様子がよくわかる。


bunngo110.jpg
均整のとれたものは美しい。


bunngo111.jpg
それがこの廃墟ではよくわかる。


bunngo112.jpg
そして、その人口の美しさに自然が一味を加える。


bunngo113.jpg
まさに奇跡的な巡り合わせがこの光景を作っている。


bunngo114.jpg
ひとまず下に降りよう。ゆっくりと・・・


bunngo115.jpg
この場所に登る人もそう多くはないだろう。


bunngo116.jpg
しかし、この場所に登らないとみられない光景もある。


bunngo118.jpg
空が青くなってきた。


bunngo120.jpg
すっかり朝に変わっている。


bunngo121.jpg
錆びついた転車台も眩しく照らされようとしている。


bunngo122.jpg
白と黒の世界も少しづつ顔色を変えていく。


bunngo123.jpg
一日が始まろうとしている。


bunngo124.jpg
また何気ない一日が始まる。


bunngo125.jpg
転車台を見ていこう。


bunngo126.jpg
ここで転車台を制御するみたいだ。


bunngo127.jpg
細長く赤さびた制御室。


bunngo128.jpg
白く塗装された鉄骨が奥へと伸びている。


bunngo131.jpg
この転車台がふたたび動き出すこともあるのだろうか。


bunngo132.jpg
辺り一面は白銀の世界である。


bunngo136.jpg
その色が少しづつ濃くなる。ある冬の一日。


bunngo138.jpg
転車台の説明版があった。


bunngo140.jpg
機関庫の裏側に回り込んでみた。


bunngo141.jpg
ここからでも丸みを帯びているのがよくわかる。


bunngo142.jpg
窓ガラスはところどころ割れてしまっているが、廃墟的にはそのほうが良い。


bunngo143.jpg
このごろ産業遺産たる廃墟が次々にこの世から消えてなくなっている。


bunngo144.jpg
 この世の流れ、世間の潮流がそのように廃墟をこの世から消していくのなら、それも自然の流れだ。絶対にあらがうことは出来ないだろう。しかし・・・


bunngo145.jpg
 そのように全てが消えてなくなってしまうことは寂しい限りだ。ことに、このような産業遺産まで、日本の現在の礎を築いてきた遺産まで無くなっていくことは耐え難いものがある。


bunngo146.jpg
 でもこのように後世に残る廃墟もある。そして一握りのこのような廃墟は人々の記憶にとどまり続ける。


bunngo148.jpg
 朝日に照らされた機関庫は、かつての栄光を人々に伝え続けることだろう。

 白銀の世界で産業遺産はより一層輝いているように思えたのだ。


おまけ

旧豊後森機関庫のある大分県玖珠町の観光協会のサイトに詳しい紹介がされています。そちらもご覧ください。
【http://kusumachi.jp/index.html】

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!

@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2016/09/10(土) 15:58:34|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【産業遺産】美唄バイオセンター | ホーム | 【心霊スポット】お化けペンション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/151-2e89adb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村