廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【不思議系廃墟】『華麗なる一族』への追憶

その廃墟は伝説で、幻で、記憶の中に存在する。

『華麗なる一族』への追憶
karei106_R.jpg
 『華麗なる一族』がどうやら解体され、更地になったらしい。そのような情報が先日入った。情報は本当だった。この強烈な印象を与えてくれた廃墟は、私の追憶の中に今も存在している。

 その廃墟が一部の人間の間で爆発的な勢いで噂になり、そして廃墟界最大のミステリーとして語られるようになったのは、もう5年以上も前のことになるだろう。それは一つの廃墟サイトから始まった。謎めいた洋館が森の中にある。どうやらその廃墟に住んでいた住人は、とてつもなく位の高い、皇室にも繋がるのではないかというほどの人物らしいという情報。そして、この廃墟に当時皆が魅せられた最大の理由、場所が全く解らなかったのだ。

 いつしかこの廃墟に魅せられた人たちは、この廃墟をこう呼ぶようになった。

 『華麗なる一族』と。
 当時この廃墟に関する情報はほとんど無かった。森の中、別荘地、関東の何処か・・・。このような断片的な情報を頼りに関東中の別荘地を周り、週末になると軽井沢、箱根、伊豆、手当たり次第に探し回ったものだ。しかし、一年探しても見つからなかった。
 だが、事はある日突然回り始める。なんとこの廃墟を偶然見つけたという情報が入ってきたのだ。その場所は、箱根。過去何度となく通り探索した場所。見つかってしまえばあっけないものだ。すぐにその場所へ向かった。


 そして狭い道の先、森の小道の奥に、その廃墟を見つけたのだ。


karei027_R.jpg
 鬱蒼と茂る木々が外界とこの場所を遮断する。ジメッとした森の中に木漏れ日が差し込んでいた。
 あぁ、紛れもないこれはあの廃墟だ。と感動したものである。



karei003_R.jpg
 それは一見場違いな雰囲気の瀟洒な洋館である。


karei004_R.jpg
 建造されたのは以前の【赤別荘】ほどではないが、だいぶ昔のように思えた。


karei006_R.jpg
 

karei007_R.jpg
 しかも、なんちゃって洋館ではなく、しっかりと造りこまれた家に思えた。



karei011_R.jpg
 

karei010_R.jpg



karei012_R.jpg
 実を言うとこの写真は最初に行ったときに撮った写真ではない。それから数年経って再訪した時の写真なのだ。なので再び訪れた際は驚いた。かなり崩壊が進行していたのだ。



karei013_R.jpg
 これは先ほどの反対側。壁が二階まで崩落し、内部の物が散乱している。



karei014_R.jpg



karei018_R.jpg
 先は長くないな。その時はこんな感想を抱いたが、それは自然崩壊を考えてのものだった。人為的に更地へ戻されることなど、この時はまだ欠片も考えてはいなかったのだ。


karei019_R.jpg



karei020_R.jpg



karei023_R.jpg
 一度こうなると崩壊は早い。完全崩壊も時間の問題だったことだろう。


karei026_R.jpg
 入り口の三角屋根がムーミンハウスのようで素敵だ。


karei025_R.jpg



karei028_R.jpg
 入り口はこじんまりとしているが、しっかりとした石造りだ。


karei029_R.jpg
 そして、簡易なチェアーが2つ。


karei033_R.jpg
 柔らかな木漏れ日の下で本を読む。そんな当時の映像が脳裏をよぎる。


karei030_R.jpg
 内部への扉は開いたままになっていた。


karei035_R.jpg
 いったんその反対の外側から見ていく。


karei036_R.jpg
 いい味を出しているテラスが現れる。


karei037_R.jpg
 これまた今風でない窓と扉。


karei039_R.jpg



karei041_R.jpg
 開け放たれた窓から内部を見る。床が落ち、めちゃくちゃになっているが、どうやら洋室のようだ。


karei042_R.jpg
 暖炉がついてる家なんてそうそうないだろう。


karei043_R.jpg
 真っ赤なソファーは変色し、黒くなっていた。


karei046_R.jpg
 天井もイカそーめんのようになってしまっている。


karei047_R.jpg
 再び玄関。読みかけのような本が哀愁を誘う。


karei048_R.jpg
 では、内部へ。


karei050_R.jpg
 当然だが、光があまり入ってこないので薄暗い。


karei051_R.jpg
  正直崩落が激しすぎて探索出来る部屋は限られている。


karei052_R.jpg
 一階はほとんど見られるものは無い。二階へ。


karei054_R.jpg
 百人一首の札。住人の生活レベルが伺える。


karei056_R.jpg
 上から見ると、各部屋は床が抜けていて、入れる状況でないのがよくわかる。


karei058_R.jpg
 二階へ到着した。


karei059_R.jpg
 外から見えた窓だ。


karei062_R.jpg
 今朝明けましたよ。そう言われているような気がする。


karei063_R.jpg
 さて、なぜこの廃墟が華麗なる一族といわれるようになったのか。それはこの部屋が原因なのだ。この部屋にあったあるものに、なんと皇室の御紋章である菊花紋章が着けれれており、内部からも繋がりを思わせるような品や情報が発見されたからなのだ。
 だが、本気になって調べた方々によれば、皇室との繋がりはないと結論が出されている。しかし、ここに住んでいた人達が、それなりの経済力を持っていたらしいということも判明している。
 ここでは詳しくは書かないが、気になる方は調べてみるといいだろう。


karei064_R.jpg
 大きな窓があるが、部屋は一層薄暗い。不気味な雰囲気を出している。


karei065_R.jpg
 物が散乱する部屋。最初に来た時よりも散らかっている。


karei066_R.jpg



karei068_R.jpg
 窓にはどうゆう関係なのか不明な外国人の写真。


karei069_R.jpg
 そして、肖像画。


karei070_R.jpg
 この人物が誰なのかなど、この廃墟をミステリアスにしていった理由がお分かりになってきただろうか?


karei071_R.jpg
 仏壇がある。


karei072_R.jpg
 仏壇にはポッポちゃんの遺影が一つだけ残されていた。


karei073_R.jpg
 この部屋からすべては始まり、そして終わろうとしていた。


karei082_R.jpg
 別の部屋へ。


karei083_R.jpg
 これは危険過ぎる。床も壁も無いも同然だ。


karei084_R.jpg
 外から見えた角ばった場所だ。なんの部屋だったんだろうか。


karei088_R.jpg
 二階から降りるとき、またあの窓が気になった。


karei096_R.jpg
 開け放たれた窓。


karei090_R.jpg
 この窓も永遠に開いたままではいられなかった。


karei100_R.jpg
 この風景は、もう世界の何処にも存在しない。


karei101_R.jpg
 かつて一台旋風を巻き起こし、多くの人の記憶に鮮明に刻まれた廃墟は、もう何処を探しても見つからない。


karei103_R.jpg
 伝説と言われた華麗なる一族も、追憶の彼方へ行ってしまった。


karei105_R.jpg
 その廃墟は今も、鬱蒼とした森の、木漏れ日の下で、皆の追憶の中に、存在している。

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます

Twitter始めました!
これからTwitterでブログアップ情報や廃墟情報などを発信します。また、廃墟情報や心霊スポット情報など、お持ちの方はどんどん遊びに来てください!あと、自分のうちは幽霊が出る等でも構いません。

また、廃墟や心霊スポットに行きたいけど行けない!そんな方もご連絡ください。もしよろしければ、ご一緒しませんか?要望に応えられる範囲で、日本全国どこにでも行きますよ。


@tisyakiで検索するか、横のタイムラインからフォローしてください。
  1. 2017/10/14(土) 18:19:16|
  2. 不思議系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
| ホーム | 【廃病院】生き残りの医院>>

コメント

おひさしぶりです。更新を楽しみにしていました。
こちらの廃墟、他ブログでかなり詳細に調べてますね。
今はすでに更地ですか。崩壊が進んで事故の恐れがあれば解体もやむを得ないかも知れません。
  1. 2017/10/17(火) 05:50:54 |
  2. URL |
  3. 結城有無之助 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/157-a0f60909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。