廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【戦争遺跡・地下壕】第三十二軍司令部地下壕跡

沖縄県民斯ク戦エリ

第三十二軍司令部地下壕跡

今から66年前の今日。追い詰められた大日本帝国の命運をかけた日本本土決戦、その前哨戦たる決戦、沖縄戦が開始されてすでに5日たった。
米軍は4月1日の上陸からここまで、さしたる損害もなく、「ジャップはすでにみんな死んでいる」と思ったほどだ。だが、日本軍の遅滞戦闘が終了し、米軍が日本軍の主防衛陣地に突撃した時、その考えが甘すぎたことを、その命を持って痛感する兵士が続出した。
日米最後の大激戦、沖縄戦が始まろうとしていた。

okinawa.jpg
1945年、開戦からここまでで、大東亜戦争はすでに4年目に入ろうとしていた。初戦こそ華々しい連戦連勝を重ねた大日本帝国だったが、42年の5月の珊瑚海海戦、それに続く6月のミッドウェー海戦、さらに8月の米海兵隊ガダルカナル上陸と、半年を過ぎて初戦の痛みと混乱から立ち直った米軍の反攻により、その連勝はストップし、43年にはガダルカナルから撤退、その年の11月には米軍はギルバート諸島に進攻、翌年にはマーシャル諸島、ニューギニアと歩を進め、44年には、日本が絶対国防圏と定め、要塞化されたマリアナ諸島に進攻、サイパン島を7月に占領、さらに、反撃にでた日本海軍空母機動部隊を撃滅、同年の暮れには、フィリピンに対し進攻し、果敢に決戦を挑んできた日本海軍を撃退、そして、日本本土への爆撃を行いながら、45年の3月には激戦の末硫黄島を占領、日本本土への進攻の機会をうかがっていた。
米軍が日本本土への進攻に際して、その膨大な物量の集積場と、艦隊の泊地、航空機の発進拠点を求めた。そして選ばれた次なる戦場が沖縄だった。
米軍は第五艦隊司令長官レイモンド・スプルーアンス大将を総司令官に任命し、正規空母19、戦艦10など艦艇1457隻、艦載機1200機、総兵力45万2千名を要し、沖縄に進攻した。
対する日本軍の沖縄守備部隊は、牛島満陸軍中将を司令官とした陸軍第三十二軍11万人だった。これには防衛招集された沖縄県民2万5千人と、中学生などで結成された鉄血僅皇隊2千名、さらに、学徒女学生で結成されたひめゆり部隊などが充てられている。守備部隊は徹底した地下陣地の構築を行ない、米軍の莫大な物量に対抗しようとした。そして、水際迎撃を捨て、内陸に入ってきた敵を陣地戦で迎え撃とうと考えた。その結果、米軍は4月1日の上陸の際には、ほとんど抵抗を受けなかった。だが、本土からの救援はもとより、制海・制空権ともに無く、残されていたのは、玉砕するまで絶望的な戦闘を続けることしかなかった。これには、計画されていた本土決戦を有利に行うため、本土の陣地築城をより多く行えるようにとの、時間稼ぎ的な考えがあった。沖縄は、言い方は悪いが、軍民問わず、本土の捨て石にされたのだ。
上の図では、米軍がどこに進攻してきたかがわかる。まず、米軍は艦隊泊地となる慶良間列島に上陸し、同島を占領、4月1日、沖縄本島嘉手納に上陸し、沖縄北部と、南部に進攻を開始した。


okinawa3.jpg
米軍主力軍は、サイモン・B・バックナー陸軍中将率いる第10軍4個師団であり、海兵隊2個師団は本島北部へ、陸軍2個師団が日本軍の主要抵抗陣地があり、第三十二軍司令部のある南部へ進攻した。
第三十二軍司令部は首里の首里城地下に構築してあり、砲爆撃に耐えられるようになっていた。


okiwana4.jpg
日本軍主要陣地帯では、主に「反斜面陣地戦法」というものが使われていた。これは、敵進攻正面ではなく、敵の砲爆撃中は陣地斜面の反対側で待機し、敵が進攻を開始したら出てきて、高地の稜線から射撃を行い敵を倒す方法であり、さらに、各陣地は相互支援可能なようにできており、一種ソ連軍のパックフロントのような状態にあり、どのように攻めてきても火網にとらえることができた。これにより米軍の進攻は大損害を出し、米軍をして、「日本軍の戦闘は、歩兵戦闘の極み」と言わしめたほどだ。中でも、「嘉数高地対戦車戦」は、圧倒的な戦車戦力を誇る米軍機甲部隊に対し、歩兵主体の日本軍が巧みな陣地戦を展開し、理想的な歩戦分離を行なって、米軍機甲部隊に大損害を出させた。第一線主要陣地は、嘉数高地、西原高地、棚原高地、そしてウシクンダ原を結ぶ線で構成されていたといえよう。
だが、日本軍の巧みな陣地戦闘も、徐々に消耗をしていき、首里全面の攻防戦に入る。5月中旬には、戦史に名高い安里52高地(米軍名・シュガーローフ)戦が発生し、首里を巡る激戦が起こる。だが、これらの陣地が陥落すると、第三十二軍は島のさらに南部、喜屋武方面への撤退を決定。さらに戦闘は継続することになる。


IMG_2707_R.jpg
では、前置きはここまでとして、第三十二軍司令部地下壕跡を見ていこう。写真は首里城の守礼門である。

IMG_2806_R.jpg
首里城は沖縄戦の際に、米軍の砲爆撃を受け壊滅。戦後修復されたものだ。ちょっと壁に目をやると銃撃で空いた穴等が見られる。実は沖縄の各地にはこのような戦争の跡が数限りなくあるのだ。ここが本土の戦争遺跡と決定的に違うのは、実戦を行なったということである。空襲はあったが、弾雨飛び交う激戦はついに起こらなかった。


IMG_2809_R.jpg
世界遺産である首里城は平日でも人が沢山いる。だが、この第三十二軍司令部地下壕跡には、めったに人は来ない。目立たない場所にあることもそうだが、これ自体知っている人があまりいないのだろう。


IMG_2812_R.jpg
爆撃に耐えられるようにコンクリートで頑丈に作られている。


IMG_2814_R.jpg
残念なことに中には入ることが出来ない。中は崩落が激しいらしい。米軍の爆破によるものだという。この司令部壕では、沢山の戦死体が収容されている。


IMG_2817_R.jpg
鉄柵の隙間より内部を撮る。


IMG_2819_R.jpg
木の根が張っている。こうやって浸食されいき、最後には破壊されてしまうのだろう。


IMG_2821_R.jpg
別の壕入口。


IMG_2823_R.jpg
米軍に爆破された跡が見て取れる。


IMG_2825_R.jpg
三つ目の入り口。


IMG_2826_R.jpg
無線所跡と書いてある。中がどうなっているのか見てみたいが。


IMG_2830_R.jpg
ひっそりと忘れ去られた戦争がここにあった。


おまけ
沖縄戦の写真です。


IMG_2843_R.jpg
敵情をうかがう米兵と破壊された神社。


IMG_2844_R.jpg
日本軍の無線通信所。


IMG_2845_R.jpg
廃墟と化した街。


IMG_2849_R.jpg
米軍のM4戦車。左上の狛犬は現存する。


IMG_2850_R.jpg
日本海軍の12.7センチ高角砲と思われる。


IMG_2851_R.jpg
日本兵の遺体が転がる。


IMG_2842_R.jpg
破壊された物資集積所。


IMG_2853_R.jpg
教会も破壊された。


IMG_2855_R.jpg
日本軍の破壊された特火点。このように堅牢な陣地が構築されていた。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
失われた戦争の記憶
  1. 2011/04/05(火) 19:26:58|
  2. 戦争遺跡・地下壕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【戦争遺跡・地下壕】伊原第一外科壕 | ホーム | 【廃アル風景】名もなき廃 ~1~>>

コメント

わかりやすい!

内容がわかりやすく、まとめてあったので見やすかったです!
  1. 2012/05/26(土) 19:32:56 |
  2. URL |
  3. ( ´ ▽ ` )ノ #-
  4. [ 編集 ]

首里城地下道

 親戚に沖縄出身の叔父がいます。叔父のは90歳になります。叔父の話では首里城地下道は浦添え迄続いているそうです。
  1. 2016/12/04(日) 21:20:03 |
  2. URL |
  3. まり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/49-d9907de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。