廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【廃線】日本セメント東松山専用線

関越自動車道にかかる不思議な橋 廃線奇行

日本セメント東松山専用線

haisen.jpg
埼玉の東松山あたりの関越自動車道を通っているときにふと気付いた。鉄道に見られる架線のための支柱がある橋があることに。ということは、そこに電車が走っているのか?だとしたら東上線か?否、それは廃線だった。

もう数十年前に廃線となってしまった、知る人ぞ知る鉄道があった。その名も「日本セメント東松山専用線」。
この鉄道は近くにある採掘場から石灰石を運ぶための専用鉄道であり、現在は一部の架橋と線路があった土手しか残っていない。


IMG_5245_R.jpg
関越のすぐ脇の林道を抜ける。


IMG_5247_R.jpg
そこに廃線となった橋がかかっていた。


IMG_5248_R.jpg
線路跡に昇ってみた。


IMG_5252_R.jpg
これは感動した。誰にも知られることもなく、関越を通っている人には見慣れた橋が、実は廃線跡だったのだ。


IMG_5253_R.jpg
橋には「葛袋3号橋」のプレートがはめられていた。


IMG_5250_R.jpg
何かの制御盤だろうか。数少ない遺構の一つ。


IMG_5256_R.jpg
下は確かに関越。不思議な橋の謎は解けた。


IMG_5257_R.jpg
傍らにあった境界石。この奥扇にSのマークは日本セメント東松山専用線を示すものだそうだ。つまり、この遺構が、ここが日本セメント東松山専用線だと確証づけるものなのだ。


IMG_5258_R.jpg
少し離れたところに鉄橋を発見した。これは心が躍る!


IMG_5259_R.jpg
脇から元線路へ昇ってみる。だがそこには線路は無かった。すべて撤去されてしまったようだ。念入りに架線のための支柱まで一本もない。散歩道のようになっている。


IMG_5260_R.jpg
鉄橋はリベット打ちであった。ここにも線路はない。


IMG_5264_R.jpg
線路跡。


IMG_5265_R.jpg
鉄橋から少し離れたところにコンクリート製の橋があった。


IMG_5266_R.jpg
残っている遺構はこれだけだった。


IMG_5269_R.jpg
今回の探索でも改めて気付かされた。日常のすぐ隣には、廃が何時でも顔をのぞかせているということを。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^u^)

廃線探索超楽しい!
  1. 2011/05/11(水) 03:45:49|
  2. 廃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【廃村】日窒鉱山廃墟群 上 | ホーム | 【廃アル風景】名もなき廃 ~2~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/55-e29f25fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村