廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【廃村】日窒鉱山廃墟群 中

廃墟に春が訪れる

日窒鉱山廃墟群 中 

前回の
【日窒鉱山廃墟群 上】の続きです。

IMG_5023_R.jpg
孤立したアパートから見えた下の廃墟まで下りてきた。ここは日窒鉱山廃墟群の中でも比較的新しい建物が多く、ごく最近まで誰かが暮していたような部屋もある。


IMG_4957_R.jpg
では、一番は端の大きな建物から見ていこう。


IMG_4959_R.jpg
比較的新しいといってもやはりかなり傷んでいる。


IMG_4960_R.jpg
廃墟ではよく見かける麻雀牌。昔は娯楽がそれほど細分化されていなかったし、このような山奥では、娯楽などそもそもなかったのだろう。


IMG_4969_R.jpg
二階に昇ってきた。


IMG_4979_R.jpg
一階は大きな宴会場のようになっていたが、二階は居住区のようだ。


IMG_4973_R.jpg
今ではほとんど見かけない足踏み式ミシンが平然と置いてある。廃墟ではよくあることなのである。


IMG_4978_R.jpg
来た方とは反対側の階段。階段は非常に丁寧な作りだ。


IMG_4970_R.jpg
もと来た方向の階段。よく見ると引き戸がある。


IMG_4968_R.jpg
引き戸の向こうは隣の建物へ渡る木造の廊下になっていた。この雰囲気、なんだかトトロを思い出す。


IMG_4984_R.jpg
渡り廊下を渡った先から振り向いて、もと来た方向を向く。


IMG_4988_R.jpg
この辺りは建物が複雑に建っている。


IMG_4991_R.jpg
木を見ると、遅ればせながら春が到来したことを告げていた。


IMG_4994_R.jpg
ふと気付くと、何者かの骨が縁側に乗っていた。廃墟に春は訪れたが、この春を見ずして何物かは死んで骨になった。だが、何物かは土に還り、春という自然そのものになったのだろう。自然とはそういうものだ。


IMG_4996_R.jpg
廃墟と言えば古い空き瓶、というくらい古いビンが落ちている。このスプライトもいつのものやら。


IMG_4997_R.jpg
ということで先ほどの渡り廊下の先にある建物に入った。


IMG_5001_R.jpg
やはりだいぶ崩壊が進んでいる。自分が最初に来た時より明らかに荒れているのだ。


IMG_5002_R.jpg
二階に行く。


IMG_5004_R.jpg
一階同様に二階も部屋がある。どうやら居住棟のようだ。


IMG_5009_R.jpg
多少ぶっ飛ぶが別の建物。まだ住めそうな感じ。


IMG_5011_R.jpg
二階へあがる。


IMG_5012_R.jpg
共用の電話。前にも書いたが、自分の実家では当たり前のように黒電話が現役に働いている。何の不自由もない。


IMG_5017_R.jpg
不意に現れたのは、この日窒鉱山廃墟群最大のオカルトである通称「オタク部屋」。足の踏み場もないほどエロゲーの雑誌やら本やらが散乱している。何故片づけていかなかったのか?持っていかなかったのか?
ちなみに本は古めのものが多い。後で片付けたい。


IMG_5018_R.jpg
この部屋も不気味さを感じる。誰が寝かしたのかベットに人形が寝ている。なにやらわからない薬が散乱していたりする。ちなみにオタク部屋の隣である。


IMG_5019_R.jpg
二階の窓から見える景色。ここから見える建物はすべて廃墟である。

IMG_5022_R.jpg
下まで降りてきた。今度は一軒家の廃墟が立ち並ぶエリアを抜けて、さらに下に降りていくことにする。


IMG_5033_R.jpg
戦後下町の風景のようだ。この日窒鉱山廃墟群は実に多彩な顔を持った廃墟なのだ。

今回はここまで。次回は廃公民館へと降りていく。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
縁側でお茶を飲む。
  1. 2011/05/18(水) 23:19:06|
  2. 廃村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【廃村】日窒鉱山廃墟群 下 | ホーム | 【廃村】日窒鉱山廃墟群 上>>

コメント

今日初めて当サイトに来ました。
廃墟が好きで1度行ってみたいと思っています。
エロゲーなどが散らかってる部屋はもしかして誰かまだ、住んでいたりするのでは(*゚▽゚*)
  1. 2013/02/02(土) 20:25:15 |
  2. URL |
  3. あゆもどき #-
  4. [ 編集 ]

あゆもどきさん

廃墟は写真で見るだけだとわからない魅力がありますね。一度行ってみるのもいいと思います。

オタクの部屋は掘り出し物のお宝がありそうですよ('ω')
  1. 2013/02/28(木) 22:17:14 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

サイト楽しく拝見しました。
さまざまな廃墟、いつか自分も行ってみたいです。

4枚目の…麻雀牌…というお写真、坑道のような画像になっていますが?
  1. 2014/05/13(火) 16:56:27 |
  2. URL |
  3. はね #-
  4. [ 編集 ]

はねさん

ご指摘ありがとうございます!

写真が混同してるようなんです。そのうち改善しようと思ってます(^_^;)
  1. 2014/05/18(日) 14:27:46 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/57-16828c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村