廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【産業遺産】松尾鉱山アパート廃墟群

場所は岩手県八幡平市、ここに「雲上の楽園」が存在する。

松尾鉱山アパート廃墟群

中村_7821_R
かつて松尾鉱山という硫黄鉱山が存在した。
この松尾鉱山の歴史は古く、すでに江戸時代にはその存在が文書に記されているほどだ。
明治に入ると本格的な硫黄鉱石の採掘が開始され、山は大規模に開発され、ここに大勢の炭鉱夫とその家族が移住し、大きな炭鉱町が山の中に出来上がった。生産量の多さから東洋一の硫黄鉱山と言われ、戦後に建設された従業員や家族のための鉄筋コンクリートアパート群は、水洗トイレ付のセントラルヒーティング完備であり、町には小・中学校、病院などの施設があり、当時の最先端都市を人は「雲上の楽園」と称した。


中村_7825_R
だが、そんな雲上の楽園にも限りが見え始める。
高度経済成長に伴う硫黄需要の減少と輸入の増大に採算は悪化し、石油精製時の脱硫作業における副産物としての硫黄の生成により、硫黄鉱石の需要にとどめをさし、1972年には閉山するしかなかった。


中村_7827_R
雲上の楽園に残されたのは、鉄筋コンクリートのアパート群だけ。それらは現在廃墟となっている。


中村_7838_R
アパートは、いろは~順に番号のようなものが付いており、ぬの番号まで完成しているようだ。


中村_7837_R
建物の中には当時の残留物はほとんど見られない。しかし、このような遺物が当時の記憶をとどめている。


中村_7846_R
この廃墟はどこもかしこも幻想的な雰囲気がある。


中村_7863_R
非日常な世界というのはこのような世界のことかもしれない。


中村_7849_R
二つのアパートを結ぶ中央の階段。


中村_7852_R
当時はこの階段を上り、共同の大浴場に居住者は向かったのだろう。


中村_7873_R
いい雰囲気の棚


中村_7883_R
松尾鉱山に行ったのは8月の初め。この時は夕暮が迫ってくる時間帯だった。


中村_7907_R
アパート群を出ると二つの煙突が見えた。


中村_7890_R
当時はここで暖房に使う熱を発生させていたのだろう。今はただの廃墟になっている。


中村_7894_R
煙突を見上げる。


中村_7939_R
アパート群を横から見てみる。なんだか一つの壁のように見える。


中村_7948_R
壁をよく見てみればところどころかけて落ちている。よく長い間建っていたものだと思う。


中村_7949_R
山と廃墟。


中村_7952_R
この窓から見る風景も当時と変わらない。


中村_7955_R
誰かが暮していたであろう部屋。もう誰もいない。


中村_7959_R
アパートの屋上に上がってみる。


中村_7960_R
屋上は非常に危険な状態になっている。遠くに見える山は岩手山だ。


中村_7984_R
巨大なアパートの全景が見て取れる。


中村_7970_R
この光景は美しい。


中村_7990_R
自分は廃墟をそれなりに沢山巡っているが、この屋上には少しでも長くいたい。そんな気分にさせる何かがあった。


中村_8005_R
しかしそうも言ってはいられない。日没はすぐそこまで来ている。


中村_8008_R
完全に夜になるとかなり危険だろう。もう帰る時間だ。


中村_8010_R
この松尾鉱山の別名は「陸の軍艦島」だ。廃墟巡りをする人にとっては軍艦島は聖地となっている。この松尾鉱山はその聖地の名を冠するに値する最高の廃墟のひとつだった。


中村_8003_R
松尾鉱山の空はいつ見ても綺麗だ。雲上の楽園は今でも生きているのだろう。


中村_8020_R
ここで暮した人がいたのだという確かな証拠がここにあった。


中村_8025_R
機会があればまた来たい、そんな廃墟だった。



おまけ
動画作りました。よかったらどうぞ。

















テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/26(火) 23:48:14|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<【廃校】生活学園 | ホーム | 【戦争遺跡】伏龍洞窟陣地>>

コメント

初めまして。

今日、朝から色々な作品を見せていただきました。とても不思議な気分になったので、投稿させていただきました。このアパートの廃墟群の何とも言えない雰囲気がいいですね。日本にこんな空間があるんですね。驚きました。これからも楽しみにしています。
  1. 2011/12/04(日) 09:20:02 |
  2. URL |
  3. はち #-
  4. [ 編集 ]

はちさん
初めまして。みょんです(^u^)
日常の裏側は不思議なことだらけなんですよ。このアパート廃墟群のような不思議な時間と空間のある場所は、日本全国にあります。
これからもそんな場所に旅に出ますよ。
  1. 2011/12/04(日) 22:04:46 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/10/25(木) 13:18:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

とあるサイトにて在りし日の松尾鉱山の風景が掲載されています。
こんな標高の高いところにもかつて駅があったゆうです。
  1. 2015/04/15(水) 16:38:35 |
  2. URL |
  3. フーガ #43mdhuVM
  4. [ 編集 ]

フーガさん
こんなところに駅があったんですね…
雲上の楽園と言われた頃を考えると、非常にもの悲しくなりますね
  1. 2015/04/21(火) 23:11:35 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/7-ffeb2e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (9)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村