廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【宿泊系廃墟】ヴァンガード竜串

ヴァンガードファイトしようぜ!!

ヴァンガード竜串

IMG_9129_R.jpg
四国は高知県の足摺岬である。前面に雄大な太平洋が一望できるこの場所に、『ヴァンガード竜串』は建っている。
このヴァンガード竜串、昭和48年に竜串ハイランドホテルという名でオープンしたようだが、その後廃業。平成に入って再び、現在のヴァンガード竜串としてリニューアルオープンするも、どうゆうわけか2年で廃業し、今は完全に廃墟になっている。

ところで、「ヴァンガード」というのをテレビCMでよく見ることがある。そう、何を隠そうコマーシャルでやっているヴァンガードとは、このヴァンガード竜串の事に他ならないのである!
もうヴァンガードっていったらこれ以外無い!

というわけで、「ヴァンガードファイトしようぜ!」という、そのヴァンガードファイトとはどういうものか、一緒に見てみよう。


IMG_9131_R.jpg
ヴァンガードファイト会場入り口についた。夕暮に見えるが実は早朝。


IMG_9132_R.jpg
朝日を受けて全体がオレンジ色に染まる。


IMG_9133_R.jpg
ではお待ちかね、会場の内部に入ってみよう。


IMG_9134_R.jpg
会場はガラスがいたるところ割られ、残留物が破壊され、床にBB弾が落ちている。ヴァンガードファイトとは命をかけた弾幕勝負なのだ。


IMG_9138_R.jpg
ここでヴァンガードファイトのルールを紹介しよう。
1、生きて屋上まで行き朝日を拝む。
以上。

至極シンプルで簡単そうに見えるが、数多のヴァンガラー(ヴァンガードファイトをする人たちの総称)がその命を散らした恐ろしい試練なのだ。


IMG_9140_R.jpg
古代遺跡のような光景。


IMG_9143_R.jpg
あまりの試練の複雑怪奇さと理不尽さから、いたるところ壁パンした後が見受けられる。


IMG_9141_R.jpg
危険に満ちた一部屋に入ってみよう。


IMG_9148_R.jpg
うん、良いね!
辛く苦しい戦いの小休止にはもってこいの廃墟美だ。


IMG_9151_R.jpg
このヴァンガードファイト、満腹度がゼロになると死ぬ。なので「保存の壺」に入れた「おにぎり」、もしくは、「ハラヘラズの腕輪」は必須アイテムなのだ。そして、モンスターを自力で狩り採ることにより、その肉を焼いて食べることも可能。(その場合、上手に焼けました~!と言う)
シレンジャーなら誰しもが知らなければならないことだ。


IMG_9155_R.jpg
さぁ、シレンはお腹がいっぱいになったところで次の部屋に進む。


IMG_9153_R.jpg
何も無い部屋。たまに「モンスターハウス」という凶悪な部屋がある。それに出くわしたときにヴァンガラーの腕が試される。(例のBGMが頭から離れない。)


IMG_9157_R.jpg
戦いの疲れを癒す風呂を完備する。このあたりヴァンガードに抜かりはない。
しかし、入ったら死ぬ。デロデロになる。


IMG_9150_R.jpg
物語は次の階へ。


IMG_9158_R.jpg
外の光が差し込む。


IMG_9160_R.jpg
このような四角い窓から狙撃されるので十分気をつけよう。


IMG_9162_R.jpg
見てくれよこのヴァンガードの佇まいを!これじゃまるで、ノルマンディーに建設された「大西洋の壁」じゃねぇか!完全に要塞だぜ!
このままじゃ俺達全員死んじまう、俺はこんなところで死にたくね・・・

(あるヴァンガラーの記憶)


IMG_9164_R.jpg
どっからどうみても要塞だ。ここ要塞だったのか・・・


IMG_9166_R.jpg
こんな厚いガラス対戦車ライフルじゃなきゃ破壊出来ないよ!


IMG_9167_R.jpg
よーしわかった。ここから上は特に危険だ。いつ死んでもおかしくない。
こういうときは分かってるな、敵と戦わないで進むんだ。

スネーキングミッション開始。
・・・・・
・・・

「スネーク!!どうしたんだ!?スネーク!!スネェェーーク!!!」


IMG_9190_R.jpg
階段は螺旋状になっている。


IMG_9171_R.jpg
ここは屋上、ではない。もう一段上があるようだ。


IMG_9173_R.jpg
さぁどんどん行こう。


IMG_9176_R.jpg
ほんとにガラスが一枚も無い。なんて激戦だ。


IMG_9175_R.jpg
ついにやってきたぜラストステージへの階段だ!
準備は良いか?やり残したことはないか?「せいいきの巻物」はもったか?「せえいきの巻物」とか間違えて無いか?

いざ、突撃!!


IMG_9177_R.jpg
何も無いと思ったら大間違いだ。油断するな。


IMG_9179_R.jpg
おぉ、最後にふさわしいビリヤード台だな。懐かしい。あのころを思い出す。


IMG_9180_R.jpg
確か9個のボールをクラッシュさせて相手を倒すゲームだったはず。非常に懐かしい。


IMG_9188_R.jpg
激闘も終わった。
この屋上にたどり着けたのは、どうやら俺一人のようだ。ここに来るまでに多くの仲間を失った。
ジャクソン、パーカー、メリッシュ、カパーゾ、そして、ミラー大尉・・・。みんな逝ってしまった。
やつらの分まで朝日を見よう。


IMG_9182_R.jpg
ヴァンガードファイト。
それは人間の終わることのない戦いの本能であった。


IMG_9183_R.jpg
今、勝利の朝日が登ろうとしていた。


おまけ 四国の原風景IMG_9189_R.jpg
まずヴァンガードから見える風景。
静かな山里を見降ろす。


IMG_9184_R.jpg
足摺岬から見る朝日。四国はどこに行っても絶景を見ることができる。


IMG_9185_R.jpg
朝の静けさに包まれる湾内。


IMG_9186_R.jpg
神々しい光景が見られた。


IMG_8808_R.jpg
あるお寺の、ある妖怪。


IMG_8820_R.jpg
四国と言えば四国霊場巡りである。あと、うどん。


IMG_8821_R.jpg
香川県、屋島から見る風景。


IMG_8855_R.jpg
兎に角、青い海と青い空、島。


IMG_8857_R.jpg
瀬戸内海には無数の島々が存在している。


IMG_9197_R.jpg
ごくごく普通の風景。


IMG_9250_R.jpg
どこへ行っても海が迎えてくれる。


IMG_8972_R.jpg
四国の原風景。


IMG_9354_R.jpg
室戸岬からの風景。夕暮。


IMG_9350_R.jpg
水平線に日が沈む。
四国良いとこ一度はおいで

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

四国廃墟巡り、まだまだ続くよ!
  1. 2012/02/17(金) 06:00:12|
  2. 宿泊系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【娯楽系廃墟】スカイレスト ニュー室戸 | ホーム | 【廃病院】F診療所>>

コメント

ネタが多くでましたねww
しかし四国はどこいっても絶景ばかりだな~!
  1. 2014/03/06(木) 09:53:55 |
  2. URL |
  3. フーガ #43mdhuVM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/91-2b7bff47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。