廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

【娯楽系廃墟】スカイレスト ニュー室戸

不思議な造形美の魅力

スカイレスト ニュー室戸

IMG_9332_R.jpg
四国は高知県の室戸岬。
四国にありがちな急こう配の坂道を上って行くと、突然視界の中に異様な造形の建造物が飛び込んできた。それはまさに異様。その場の雰囲気に溶け込めない、不自然な建物だった。四国に来たら必ず見ておきたい廃墟、『スカイレスト ニュー室戸』そのものである。
この特異な造形の建物が廃墟になってからすでに20年ほどが立っているようだ。自分が初めてこの廃墟を見たのは雑誌の中だった。その時は外装もまだしっかりしており、ガラスもあり、内部には残留物が残っていた。だが、年月とはやはり残酷なものであり、この数年でかなり破壊が進んだようで、ガラスもなく、遺跡のような外見になっていた。

今回は、時間とともに少しずつ容姿が変化した、現在のニュー室戸を紹介する。


IMG_9333_R.jpg
ニュー室戸と言えばこのロボットのような外見が有名だ。建物は三本の円柱の支柱からなり、その支柱の内部は螺旋階段になっている。
スカイレストと書いてあるが、なんのことはない、見晴らしが良しことを売りにしていた名残だ。実際この場所は室戸岬の先端に近く、見晴らしはかなり良い。だがアクセスが悪すぎる。廃墟になるのは当然過ぎたことだ。


IMG_9330_R.jpg
この造形を余すことなく見て見よう。正面からみると何かの生き物に見えてくる。


IMG_9329_R.jpg
上部。痛々しいほどに破壊が進行している。本来ならガラス張りになっていた上部構造は見る影もない。この場所の気象条件はかなり厳しいと思われる。人が手をかけないと簡単に建物は崩壊してしまうのだ。


IMG_9331_R.jpg
それにしても面白い。


IMG_9337_R.jpg
これはニュー室戸を後方から見たもの。得意な造形はここでも見ることができた。円柱部分に見える窓は、螺旋階段についているものである。


IMG_9258_R.jpg
ではさっそく内部に入ってみよう。


IMG_9327_R.jpg
内部もボロボロである。これが自然によるものなのか人為的なものなのかは不明。おそらくどちらも要因だろう。


IMG_9260_R.jpg
一階はさして見るべきものはない。以前はいろいろ残留物があったようだが、それもどこかに行ってしまったようだ。


IMG_9263_R.jpg
どの部屋も激しく破壊されている。


IMG_9264_R.jpg
天井は穴が開き、ガラスは一枚も無く、床には何かわからない残骸が散らばる。


IMG_9261_R.jpg
仕方がないので螺旋階段を登り二階に向かう。


IMG_9270_R.jpg
螺旋階段内部。先ほど外で見た窓枠があった。


IMG_9268_R.jpg
手すりも錆びている螺旋階段。螺旋階段には不思議な魅力がある。螺旋が永続的な空間を連想させてくれるからだろうか。


IMG_9272_R.jpg
この階も瓦礫しかない。何もない場所からは海と夕暮れの空が見られた。


IMG_9271_R.jpg
床には当時のものであろう木材が落ちている。バラバラで何だったのかわからない。


IMG_9278_R.jpg
殺風景という言葉が似合う。


IMG_9274_R.jpg
屋根に溜まった水が空の青を映している。空の青と、海の青と、廃墟の青。


IMG_9279_R.jpg
さぁどんどん登ろう。


IMG_9281_R.jpg
またも瓦礫だらけの上階についた。


IMG_9283_R.jpg
この階にはレストランらしいカウンターが残っていた。


IMG_9285_R.jpg
だが、やはり残留物はほとんど残っていない。


IMG_9284_R.jpg
瓦礫しか残っていない、テラスになっている場所に出る。


IMG_9287_R.jpg
自然の中に不自然な廃の風景。


IMG_9289_R.jpg
この廃墟に滞留しているのは破壊の美学だ。それも自然の経過による破壊。それはすべての物に必ず訪れる最期の輝きだ。いずれか人類文明はこの廃墟と同じ姿になることだろう。


IMG_9293_R.jpg
隣には現役の電波塔が建っている。まるで前時代の遺物と現在の最先端が対比されているかのようだ。


IMG_9294_R.jpg
そんな最先端もいつしか遺物になる時が来る。はたして人間は進化と開拓をし続け、すべて廃になる未来を回避することができるだろうか。


IMG_9295_R.jpg
この廃墟は人間の未来を暗示しているかのようだ。いや、この廃墟だけではない。それは廃墟のすべてに言えることだが。


IMG_9298_R.jpg
また螺旋階段を登って最上階に向かう。


IMG_9300_R.jpg
着いた。


IMG_9303_R.jpg
そして現れる三本のモニュメント。


IMG_9304_R.jpg
夕暮れの空にくっきりと映えるそれは、墓標のように見えた。


IMG_9307_R.jpg
これはなんらかのアート作品なのだろうか。だがもはや何であるかは解るよしも無い。
芸術家である岡本太郎はかつてこう言った。「グラスの底に顔があっても良いじゃないか」と。
廃墟の屋上に変なアートがあってもいいじゃないか。


IMG_9309_R.jpg
手すりが付いて登ることができる。さすがに登らないが。


IMG_9316_R.jpg
もう誰も登ることもないだろう。


IMG_9310_R.jpg
ニュー室戸版「太陽の塔」


IMG_9311_R.jpg
絶景が広がっている。空には急速に夕闇が近付いてきている。


IMG_9313_R.jpg
岬の先端が見える。こんな風景ジブリ映画で見たことある。


IMG_9317_R.jpg
名残惜しいが幻想の世界から現実へ帰る時間になった。戻るとしよう。


IMG_9318_R.jpg
再びの螺旋階段。螺旋階段と言ったらやっぱり上から見て見たくなる。


IMG_9325_R.jpg
いつか来たいと思っていた廃墟だったが、予想以上に良い廃墟美を見せてくれた。


IMG_9355_R.jpg
ニュー室戸がある場所から降りてきた。この場所から見上げると、あの三本の支柱だけが見て取れる。近代構築物が居並ぶ中で、自らをなお主張しているのか。


IMG_9351_R.jpg
残照が室戸岬の遺物を静かに照らしていた。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

芸術は爆発だね
  1. 2012/02/20(月) 07:19:55|
  2. 娯楽系廃墟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【産業遺産】べんがら工場 | ホーム | 【宿泊系廃墟】ヴァンガード竜串>>

コメント

足摺岬の次は室戸岬ですか・・・。お疲れ様です(;´∀`)
ヴァンガード竜串は解体されたと思ってましたがまだあったんですね。あまり写真ないのでかなり楽しめました。
ここはすごく有名だけど古い写真が多いし、貴重な情報になりました。
もしやこの室戸、竜串の後で行ったんでしょうか・・・。四国は移動だけで1日使いそうですね。
  1. 2012/02/21(火) 12:27:11 |
  2. URL |
  3. 嵐 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

嵐さん
足摺岬から室戸岬への移動でした。
有名な廃墟ほど古い写真がメインで、それをイメージしていると、現在とのギャップに驚くことになりますね。このニュー室戸もかなりのギャップが生じました。廃墟は日々刻々とその姿を変えていますから、タイムリーな情報を手に入れるためにも、廃墟に行こうと思います。
  1. 2012/02/21(火) 17:15:37 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

廃墟を旅する  管理人様

はじめまして。

サビれたブログ
管理人のjunk555です。

始めたばかりの未熟なブログですが
よろしければ相互リンクを希望いたします。


よろしくお願いします。
  1. 2012/02/26(日) 21:33:26 |
  2. URL |
  3. junk555 #-
  4. [ 編集 ]

junk555さん
どうもはじめまして(^u^)

リンクしておきました!よろしくお願いします。
  1. 2012/02/27(月) 16:42:40 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/92-2ee5524a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (8)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村