廃墟を旅する 

産業遺産や戦争遺跡、時を超えた郷愁への旅路へ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【産業遺産】べんがら工場

紅い世界の廃墟

べんがら工場

IMG_7579_R.jpg
岡山県で「べんがら」を製造していた廃墟があると聞き、行くことにした。
「べんがら」とは赤色の顔料のひとつであり、かつてはインドのベンガル地方で生産され、それが日本に輸入され、べんがらといて定着したようだ。色は赤というより褐色に近いかもしれない。


IMG_7585_R.jpg
都会的な町並みから外れ、自然の中にそれはあった。


IMG_7586_R.jpg
もう工場の外壁が赤い。
この廃墟に入る前には少し準備が必要だ。ビニールのカッパを着る。そうしないとべんがらが衣服について取れなくなるのだ。なんせ着色に使う物なので、着くと本当に落ちない。


IMG_7587_R.jpg
どんなもんかと思っていたが、意外と規模がある廃墟のようだ。


IMG_7589_R.jpg
そして現れる紅い世界。


IMG_7588_R.jpg
赤い!驚きの赤さ!
壁も機械も床も小物も全部赤い。


IMG_7594_R.jpg
この場所は沈殿槽などがある区画のようだ。


IMG_7595_R.jpg
この赤は長年工場を使用した結果、着色されてしまったのだろう。


IMG_7596_R.jpg
沈殿槽と思われるもの。中も赤い。


IMG_7597_R.jpg
一風変わった廃墟は多々あるが、この廃墟は一味違うようだ。


IMG_7598_R.jpg
廃墟にはそれぞれに魅力があるが、意外性の魅力がこの廃墟の一番の売りであろう。
もちろん、この廃墟の意外性とは「紅い世界」のことである。


IMG_7600_R.jpg
制御室のようだ部屋があった。


IMG_7602_R.jpg
様々な薬品も扱っていたのだろう。


IMG_7603_R.jpg
窓枠も、差し込む光も赤い。


IMG_7608_R.jpg
そろそろ別の場所を回ってみよう。


IMG_7609_R.jpg
山から水が流れている。綺麗な水が無いと、先進工業でさへ成り立たない。


IMG_7610_R.jpg
自然豊かなこの地だからこそ、鮮やかな顔料生産もできたのだろう。


IMG_7612_R.jpg
時代は変わっても物を作る生産の方法とその環境は大して変わらないものである。大きく変わるのは生産のシステムと人間の心だ。


IMG_7623_R.jpg
レンガ製のかまどのようなものがある。ツタが絡みついて良い感じになっている。


IMG_7616_R.jpg
徐行


IMG_7618_R.jpg
鮮やかに染色されたスコップ。こうまでなるものか。


IMG_7619_R.jpg
戦争遺跡のようになっている区画。水槽だろうか。


IMG_7621_R.jpg
ベルトコンベアー。やっぱり赤い。


IMG_7622_R.jpg
事務所のような場所があるので入ってみた。


IMG_7624_R.jpg
ここで従業員は食事などを摂ったのだろうか。


IMG_7625_R.jpg
この部屋の中も赤い。ここで働いていた人は着るものが全部赤く染まって大変だったことだろう。


IMG_7627_R.jpg
二階建ての少し高い建物がある。見てみよう。


IMG_7629_R.jpg
赤い階段を登り、二階に進む。


IMG_7631_R.jpg
赤く染まった道具達。この場所に放置されていた。


IMG_7632_R.jpg
雨が降れば顔料が流れ出す。結果地面も赤く染まったのだろう。


IMG_7634_R.jpg
なんだか元いた世界から、別の世界に来てしまったような気がした。


IMG_7636_R.jpg
この廃墟に立ち入った瞬間から別の世界に来てしまったのだろうか。


IMG_7643_R.jpg
この部屋も赤い。


IMG_7646_R.jpg
赤いリモコン。これで何を動かすのだろう。


IMG_7645_R.jpg
赤い世界を静寂だけが支配している。


IMG_7649_R.jpg
ふと体を見ると気づかないうちにところどころ赤く染まってしまっていた。このままでは全身赤くなってしまいそうである。
そうならないうちにそろそろ撤退しようと思う。


IMG_7590_R.jpg
さぁ、この紅い世界から、元いた世界へ帰ろう。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキング参加中。上のバナーを押していただくと大変うれしいです(^-^)

【掲載廃墟一覧】
今までに掲載した廃墟の一覧へ飛べます。

ほおずきみたいな紅い夜
  1. 2012/02/27(月) 17:09:12|
  2. 産業遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【廃線】屋島ケーブル | ホーム | 【娯楽系廃墟】スカイレスト ニュー室戸>>

コメント

これは面白いですね。
赤い部屋ってフラッシュもありましたっけ。
  1. 2012/03/06(火) 10:28:07 |
  2. URL |
  3. yopo #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

yopoさん
ありましたね赤い部屋。全部見終わって終わりかと思ってると、突然画面にあなたは好きですか?の広告が現れるんですよね。
怖いというより面白サイトって感じでした。
  1. 2012/03/06(火) 17:18:58 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

この廃墟、有名そうだけど余り写真を掲載している方いないですよね。サンドロのほうが有名なのかな。
靴の裏は大丈夫でしたか?ここを見て車に戻ったとき車に靴の裏の赤が付かないかがすごい心配です・・・w

あと当方のブログの名前を心機一転?で変更いたしました。お手数ですがリンクの名前を直していただけたら幸いです。新しい名前は「硝化の穹」でございますc⌒っ.д.)っ
  1. 2012/03/06(火) 20:37:47 |
  2. URL |
  3. 嵐 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

嵐さん
ここはちょっと調べれば分かる場所なのに不思議ですね。サンドロの方は無くなったという情報があり行きませんでした。
靴の裏は真っ赤になってしまいました^_^;
しかも、服の袖口とかもやられてしまいました\(^o^)/

ブログの方は書き変えておきますね!
  1. 2012/03/06(火) 23:29:04 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/tb.php/93-9774caac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東雲みょん

Author:東雲みょん
どうもこんにちは。東雲みょんといます。

このブログは日本の産業遺産や戦争遺跡といった廃墟を紹介しています。

日頃廃墟に旅に出ている自分です。

【掲載廃墟一覧】
今までに旅に出た廃墟の一覧です。

リンクフリーです!同じ趣味を持った人、そうじゃない人もどんどんリンクしちゃってください。

【Twitter始めました!】
廃墟の情報交換や意見交換などから、雑談まで、お話ししたいことがあったらどんどんお越しください!

検索 @tisyaki

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
掲載廃墟一覧 (1)
産業遺産 (25)
戦争遺跡・地下壕 (24)
廃線 (12)
廃校 (12)
廃村 (6)
宿泊系廃墟 (12)
娯楽系廃墟 (8)
不思議系廃墟 (9)
廃病院 (10)
心霊スポット (5)
廃アル風景 (2)
一軒家系廃墟 (2)
廃車館 (1)

最新コメント

twitterはじめました!

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア


バナーが出来ました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

謎のエリア

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。